痛みの記憶1

痛みの始まった朝を覚えている。

高校2年生の夏休みのこと。

朝、部活に出かけるために起きようとしたら
背中や首や頭、体のあちこちが恐ろしく重くて痛くて
やっとの思いで起き上がった。

平成が始まった頃のことだと思うので、28年前。
間もなく30年近く経つ。



・・・・・
繊細すぎる。過敏すぎる。
自分の身体と心の状態に疲れてしまう。

身体と脳に記憶された痛みや苦しみが
一瞬にして消えてくれたらいいのになと思う事がある。

けれど、そんなことにはならないので、
ひとつひとつを体験しながら歩いていくだけ。

耐えた、という訳でもない。
ただただ一日を、一時間を、一分を過ごした。

だけど、あの時体験したすさまじい痛みの数々が
その渦中では、一生続くのかと本気で思っていて、
恐怖と絶望の中にどっぷりとはまっていた。

しかしながら、30年近く経つ今では、
それが一生続くものではなかったと分かった。

これは私の場合であるけれど、痛みの度合いは弱くなった。

どのくらい弱くなりましたか?と聞かれて
ええと…500分1かな、などと答えることがある。

今だって、何かあると寝込むくらい痛い。
それはもう、、かなり痛い。

だけど、あのころ経験した痛みは、
例えようのない壮絶な痛みだったので、
そんな数字が出て来てしまう。

もしかしたら、痛みの発症から3,4か月の早目の治療で
もっともっと弱くなり、痛みはほとんど無くなった
という方もおられるだろう。
数年前に、実際にそういう薬剤師さんにお会いしたことがある。


時どき思い出すことを、自分の記録のために、
または、一生続かないと思うからきっと大丈夫という思いで
書いていきたいと思う。


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2016-08-26 14:15 | 痛みの記憶(体験記) | Comments(0)