痛みの記憶6

大学生活は、あちこちが痛いと言いながらも、
まだ何とか何とか無理してやっていた。

3年生になる頃には、
ツナギを着て、溶接や鍛金をしていたのだけれど、
どうにもこうにもやれなくなっていた。

先生達も親切で、
自分のペースで出来る範囲ですればよいと言ってくださった。

けれど、腰や背中や首や全身が痛くて、
そこにいることすら辛く、
通う事すらできないところまできてしまっていた。




休学とか退学を考え始めていた。

同級生や先輩や先生からは、
今まで頑張ってきたのにやめるなんてもったいない、
という意見がほとんどだった。

自分でも、今までお金も沢山かかってしまって、
親にも申し訳ないと思っていた。


そんな中でたった一人、「やめてよい」と言う人がいた。

その子とはクラスメイトだけど
ちゃんと会話をしたのは、あの時、帰りのスクールバスの中で。
それが最初で最後だったと思う。

私が身体の事で学校に通えなくなってきて、
やめるかどうか迷っていることを話すと、

「えー!?そんなになっているのに、無理することないじゃん!
やめなよ!やめていいよ!」とキッパリと言った。

実は私はその子の事が苦手だった。

言いたいことを言って、好きなことをして、
キラキラして、イケイケで楽しそうにして、
ちゃんと自分を生きている人。

羨ましくて、眩しかった。
エネルギーが強くて、
気後れするから苦手意識があったのだった。



その子が、やめなよ!と言った瞬間、ストンと納得した。

安心して泣きたい気持ちで、
そう!ありがとう!と思った。


自分の中ではもう決まっていたのだ。
ノートにも結論は書いていたのだ。

もう頑張らなくてもいい。やめてもいいのだよ、と
誰かに言って欲しかったのだと思った。

それが自分でさっさと出来ていたら
そんなに辛くなるまでがんばろうとしなくても
よかったのにね。




休学の手続きをして、
次にロッカーの荷物を取りに学校に行った時には
7月の夏の日差しがギラギラと眩しくて、
痛みと暑さでめまいがした。

もう10歩も歩けない状態だった。

身体と心は、
まるでネジ巻式のオルゴールが、
最後の最後に、力をどう振り絞っても音を鳴らせずに、
出し尽くしました…って言っているみたいに、
空っぽになってしまった。

ああ、終わっちゃった…とつぶやいて、

前にも後ろにも進めずに、
校内の坂道で呆然と立ち尽くしていた。




e0303355_15462462.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2017-02-17 16:05 | 痛みの記憶(体験記) | Comments(0)