イメージ療法で^^


左腰がずーっと痛くて、
お腹もガチガチと固くなっていて、

10分と座れなくて、

困っちゃって💦


温熱をしたり、
仙骨や仙腸関節に対するエクササイズを
試しています。



1月から美容院にも行けていなかったのですが、
行ってきました。



首を後ろに倒す洗髪台で首が辛くなるので、
いつものように髪は家で洗って行き、
スプレーか乾いたままで、

20分くらいでサッとお願いします!と伝えます。


クッションを借りて背中に当てて、

背骨をすっと伸ばして、

そして、イメージしてみました。


「私のお腹はもちもちのお餅のようで~す。」

「もちもちの柔らかいお餅で~す。」


e0303355_12560582.jpg



これを繰り返していたら

そんなにドキドキもせず、
なんとか大丈夫のようでした!


はなまる🌼\(^o^)/



 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
# by shugeibu45 | 2017-04-24 13:06 | 痛み対策 | Comments(0)

喫茶店に納品しました。


喫茶店 御殿山パペルブルグに作品を納めて来ました。

e0303355_10263592.jpg



喫茶店では、布の作品も人気があるようですので、
久しぶりにカードケースも作りました。

e0303355_10255895.jpg



e0303355_10263136.jpg





今までは、
デザートのセットメニューが
写真になっていました。

それをイラストにして
リニューアルするとの事で、
イラストのお仕事をいただきました。

送ってもらった写真や実物を見ながら
何度か試しながら描きました。

e0303355_18400830.jpg


私のいつもの癖で、
ついついリアルに描こうとしてしまうのですが、
少しデフォルメして、
いかに美味しく描くのかがポイントなのですね。


他のイラストも含めて、
どんな風に構成して仕上げてくださるのか
ドキドキしています。

マスターは、メニューの用紙を
一枚一枚コーヒーで染めるというこだわりです^^




e0303355_10270857.jpg



お茶はいつものお気に入りミントスキャット

e0303355_10264143.jpg





e0303355_10265078.jpg



e0303355_10265486.jpg


御殿山パペルブルグ
http://www.burg-kaffee.com/pappelburg/


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
# by shugeibu45 | 2017-04-20 18:46 | 陶器風ブローチ | Comments(0)


久しぶりにカードケースを作りました。

e0303355_13514140.jpg





布博で買い求めた材料を使いました。

atelierPDさんの貝ボタンと、
チャルカさんで買ったチェコの糸ボタン♪

e0303355_13551577.jpg




珍しく季節を先取りして、
「雨の日のカードケース」になりました♪
e0303355_13515055.jpg


Tender raindrops from the bluesky…✨





こちらは
「ハーブガーデン」のイメージで爽やかに。

e0303355_13522169.jpg





e0303355_13523126.jpg






お気に入りの「キャロライン」
大草原の小さな家の
ローラのお母さんをイメージしましたが、
ローラっぽいかも^^

e0303355_13525404.jpg



e0303355_13530289.jpg



喫茶店パペルブルグに並べてあります。

御殿山パペルブルグ
http://www.burg-kaffee.com/pappelburg/


よろしくお願いします。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by shugeibu45 | 2017-04-19 14:08 | 手芸 | Comments(0)

4月16日、豊橋にて野口くみさん主催の
山元加津子さん(かっこちゃん)のイベントでは
一緒にブローチを並べていただきました。

盛りだくさんの温かいイベントだったようです。

 かっこちゃんのメルマガに書かれていました。
 http://miyakatsu.ti-da.net/e9490776.html


豊橋の友達のかよこちゃんが販売をしてくれました。
長い時間で、慣れないことに緊張したと思いますが、
チャレンジしてくれました。

丁寧に商品の説明をしてくれたとのことで
とても感謝しています。


この日、かっこちゃんとの対談をされた
あかねちゃんが、写真を送ってくれました。

e0303355_13304602.jpg



友達の協力により
こうして遠くのイベントでも
たくさんの方に実際に見ていただけて嬉しいです。


関わってくださった豊橋のみなさん
どうもありがとうございました。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
# by shugeibu45 | 2017-04-18 13:46 | イベント | Comments(0)


4月16日に豊橋で行われる
山元加津子さん(かっこちゃん)講演会&
「銀河の雫」「僕の後ろに道はできる」上映会で
ブローチを並べさせてもらうことになりました。
http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga/blank-n2a2u

豊橋のお友達が販売をしてくださいます。

自分が出来ないことをしてくださる
友達やみなさんの
優しい気持ちがとても嬉しいです。


e0303355_09325210.jpg






e0303355_09050714.jpg







絵本「ひとつぶのなみだ」
http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga/blank-7
のために作った
「小鳥のネックレス」と
「ひとつぶの涙」の作品を
オーブン粘土でも作ってみました。




小鳥のネックレス

e0303355_16352608.jpg

↓↓

e0303355_09350734.jpg








ひとつぶの涙

e0303355_16353342.jpg

↓↓

e0303355_09352758.jpg








表紙にもなったことりを少しアレンジ

e0303355_16355962.jpg

↓↓

e0303355_09363198.jpg


これれらの新作も並びます(*^-^*)
よろしくお願いします。


 CherryCleek・手芸部ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
# by shugeibu45 | 2017-03-30 16:50 | 陶器風ブローチ | Comments(0)

昨年の12月に、かっこちゃんがメルマガで
私のブログの体験記「痛みの記憶」を紹介してくださいました。

そこには他人の痛みをまるで
自分が体験したかのように感じることを書きました。

http://miyakatsu.ti-da.net/d2016-12-17.html

痛みの記憶
http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/


そして、かっこちゃんが以下のコメントを書いてくれていました。

(コピーして貼りつけたら、字体と色がまぜこぜになって治せませんm(__)m)

~~~~~~~~~~~~
ようこちゃん、わたしも、ニュースを見ると痛くなるし、つらくなります。おんなじ
なのかな?

こんなわたしを脳外科医のひろじちゃんが、「かっこちゃんは共感能力が長けている」と褒めてくださいました。「それはとてもいいこと」って言ってくださったのです。

わたしも小さいときに、誰かが痛いと痛くなって、泣いてしまう自分がきらいでした。

そしてそんな自分を持て余してしまいました。今も誰かが注射をされるのを見ることもできません。

でも今は、ひろじちゃんも褒めてくださったし、それが自分。それでいいと思えるようになりました。

ようこちゃんはどうなのかな?今はどんなふうに感じておられるのでしょう。

わたしはようこちゃんの作る粘土の作品が好きです。鳥はまるで飛んでいるようにようこちゃんが感じて作ったのかなと感じるほど、楽しそうに見える。花もようこちゃ んが花になったように、作ったのかなと思うほど、うれしそうに見える。

きっとようこちゃんが持っておられる力なのだと思います。

きっと相模原の今日のイベントにはようこちゃんの作品が置かれているね。楽しみです。


かつこ

~~~~~~~~~~~~~~


どうもありがとうございます。

そうですね。
共感脳なのですね。

その仕組みが書かれている本があります。

前々回紹介した本の著者 苑田純子さんの新刊です。

https://highlysensitiveperson.jimdo.com/

e0303355_09324544.jpg



” 炭鉱のカナリア ”

本当に・・・。

そんなに反応しなくてもいいだろうに、、、と思うほどです。

HSP(Highly Sensive Person。敏感すぎる人)の人が
住める場所には、他の人も安全に住める、って

確かにそうですね(苦笑)



どうして過敏な人がいるの?

それは遺伝子なのだそうです。

大昔のこと、
大型動物に比べてとても弱い存在だった人間は
集団で助け合って生き延びきました。

集団行動をするうえで、相手の思いや考えを
いち早くくみ取る必要がありました。

そこで、相手の思いを受け取れる能力のある
並外れた過敏な人が必要だったのかもしれない、みたいです。

つまり生存戦略。



それから、

人にあるミラーニューロンという神経は
相手の行動を鏡のように映してしまう神経。

HSPの共感力の高さは、
ミラーニューロンシステムの働きが強いためらしいです。

心だけでなく相手の身体感覚まで同調すれば
より深く相手のことを理解できるのだと、、、。


え~、そうだったのか、、、
疲れるなぁ~(+o+)


この本には仕組みと対処法が書かれているので、
へ~!そうだったのか!とガッテンボタンを
何度も押してしまいます。



‟当人にとってとても煩わしく感じられるこの性質が、
どうして進化の過程で淘汰されずにHSPに残されたかと考えると、
人間に有害なものとして
HSPが人よりも早めに拒否反応を示すことに寄って、
社会に早期に警鐘を鳴らすという
一種のカナリア的役割を果たしているのかもしれません。”

”現在の環境汚染やストレス社会において、
高い感受性で自分たちを守らないと
生きていけない時代になりつつあることを
代表して示してくれてるのかもしれない。”

と、前に紹介した苑田純子さんの本
「過敏すぎて困っている自分の対処法」の中で
医師が推薦文を書かれていました。



私の担当だった先生も、
「洗剤に関しては(過剰な匂いをつけるなど)、
もうとってもおかしな事になっているんだよね、、、」
と言っていました。



かっこちゃんは自分のそういう過敏な部分の能力を
とても良い方向に引きだして生きておられると思います。

私は、身体は痛いし、心は苦しいし、
生き辛いことの方によりフォーカスされてしまっていました。


かっこちゃんの言うように、
みんなで理解し合いながら、
出来ないことを補いあいながらみんなで生きていく、
その事でより安心して生きていけますよね。



本の中には、
「何よりも大切なことは理解ある専門家と出会う事」とあります。

私は2年前からホメオパシー(同種療法)を受けていますが、
ホメオパスのうっちゃんは理解がありました。

どうして分かるの?とよく聞いてしまいます。

今はとっても元気に活き活きと活動的ですが、
幼い時には壮絶な痛みや不調を経験しているし、
電磁波やいろんなものに不快を感じるというので、
何らかの敏感さがあるので理解が出来るのでしょうか。
とてもナティラル大好きなうっちゃんです。

理解と自然の力で自分の治癒力を引き出すこの療法は
自然でいいなと思います。



別の友達もとても過敏気質で、
10年前に痛みを発症して、寝たきりを経験したそうです。

そんな時に、気功の先生や理解してくださる方と出会い、
がむしゃらにただただ実践し続けたおかげで、
不調はほとんど治ったそうです。

今は私を励ましてくれて、応援し続けてくれています。



みなさん共通しているのは信念があり、
治したい気持ちが強い気がします。

それから、
自然の力により穏やかに回復しているようです。


私も自分の事を、かっこちゃんや回復したみんなのように
「~だからいいんだよ」と認められたり、
恐怖や不安を手放し、もっとリラックスして、
自分らしく生きていけるようになりたいです。



おそらく、過敏のために不調を抱えている多くの方は、
周りの方に理解されずに、人と逢いたいのに疲れやすいし、
とても孤立感を感じていると思います。

こういった本は、自分だけではなく、
家族や周りの方にも読んでいただき、理解してもらえる事で
安心して生きていけるようになるかもしれませんね。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
# by shugeibu45 | 2017-03-22 13:40 | 化学物質過敏症 | Comments(0)

ちょうど一年前のこと、
3月に担当医が退職されると同時に、
シックハウスアレルギー科が閉鎖されてしまいました。

やっと半年前にたどり着いたのに。

特に処置や治療法はなく、
苦しくなるような化学物質を避けるしかないので
何度も通う必要も無いかもしれないけれど。

どこのクリニックでも、クリーンルームの維持費がかかり
経営が大変との事らしいです。

先生は、「本当に信じられないんだけど、、、」と無念に思われていて、

「くれぐれも 気を付けてね、、、。」と丸で親のように
何度も言ってくださいました。



最後の受診日に診断書を書いていただきました。

先生は、多くの患者が葬祭などの時に
無理をして体調を崩してしまう事を心配下さっていて、

『タバコの臭いや柔軟剤、洗剤の臭いで苦しくなりますので、
このような状況の時離れるなどのご対応をお願いします。
線香や煙など避けてください。花のにおいに刺激を受けることもあります・・・。』と書いてありました。



・・・・・

痛みは整形外科や脳神経外科で脳脊髄液減少症、線維筋痛症、
過敏はアレルギー科で化学物質過敏症、
嘔吐や胃腸の不調は内科、
目から来る疲労は眼科、
鬱は精神科 などと、
みんな別々のクリニックにかかって
それぞれの病名を付けられます。

初めは分からないから、
それぞれ別の物としてとらえる場合が多いと思います。

私の場合は、それぞれの科で薬をもらっても
一時の気休めのようなもので…。

結果として出てきている症状だけを見るのではなく
全体として見ることが大切ですね。

身体と心を全体として診ているホリスティックの医師に
診て頂いた時にはとてもホッとしました。


それらを引き起こしている大元が
過感すぎることにあるかもしれない。

気が付いてはいたけれど、
本を読んでみたら、自分の事のように色々書かれていて
やっぱりそうなんだと思いました。

私の場合は、首や腰の痛みに関しては、
実際にスポーツなどで傷めた不具合もあるだろうから、
両方のケアが必要とは思いますけれど。


前に診て頂いていた鍼の先生が
過敏の同じ本を読んでいて、
「確かにそうかもしれないね。
治す事よりも、コントロールを学ぶことですね。」とメールをくれました。




”「小さいことにクヨクヨするな」と言われてもダメなのです。
そもそも小さいことを拾い、その意味を判断し、
安全か危険かを見極めるのがこうしたタイプの特徴なのですから、
自動反応で気になってしまい、そういう細かい自分を情けなく思ってしまう・・・”(本「敏感すぎて困っている自分の対処法」より)


コントロールが必要です。


1月2日に再放送をしていた
NHKスペシャル「キラーストレス」の中でも、
ストレスが身体と心に与えるメカニズムと対策法を
教えてくれています。

本もあります。

痛み(線維筋痛症)の主治医が
いつも適当なところを読み聞かせしてくれます^^


e0303355_12582399.jpg



 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
# by shugeibu45 | 2017-03-20 13:25 | 化学物質過敏症 | Comments(0)