グランディング

痛かったり、心配になってしまったり、
ドキドキすることが多いです。

そんな時は、
気が頭の方に上がり
ふわふわとしていて、
どっしりと下腹が落ち着いていないようです。

地球から離れて、
不安定になっている感じ。


お友達が貸してくれた
田房永子さんのコミックエッセイに
ああ!わかる!というところが沢山ありました。


e0303355_12325095.jpg



・・・・・

エイコさんは
色々な心の葛藤を抱えています。

痩せたいのに痩せられない、
母や家族との関係、
夫にキレてしまう等々。

克服しようと
色々な療法を試しています。


ヨガ教室では
鏡に映る自分の姿に自信がありません。
周りの目も気になります。

”たくさんの人の中にいるのが辛い。
さみしくてつらい。
何もされてないのに
何だか意地悪されているみたいな気分… ”
となっています。

そこへ、
ヨガの先生が
グランディングへと促します。

両手を伸ばして手を合わせ、
片足はももの内側に付ける
木のポーズを取り、

「足で大地を踏みしめるように
足から根が張って
しっかり立つことをイメージして~」

「高くの伸びた手は
宇宙と繋がって~、
しっかりグランディングできます~。」

「何も考え何で大地と宇宙だけを意識します。」

という言葉に従って
分からないながらも
ポーズをとってみると、


あれ?

エイコさんは一瞬無心になり、
ピタッととまりました。

・・・・・


宇宙と繋がっていることを意識して
ぐるぐる思考が止まり、
下腹に力が入り
静止できたのですね。



この経験は、私にとっては自然の中にいることです。

ドキドキそわそわして落ち着かないとき、
山の畑に行ってみました。


e0303355_13023383.jpg




腐葉土を混ぜて
土を耕して、
種を植えて、
水をまく。

e0303355_13032066.jpg




小さな畑で
この作業をすると
バタバタとしていた心が
とても落ち着きました。

手が荒れても素手が気持ちいい。

グランディングしているんだな。



e0303355_13021529.jpg




晴れている日には
駅に行くのに山道を通りますが、

あまり気の進まないところに
行かなければならない日など、
ああ、ここにいたい!
ここにいた方が元気になれそうって
思ったりします。


自然の中が大好きなんです(*^-^*)

e0303355_13022796.jpg



 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2017-06-15 13:19 | | Comments(0)

私から私へ・・・

治療師ユウさんは、学生のころに診て頂いていた治療師さんです。
ユウさんが大阪に引っ越されて、何年か連絡を取らなくなっても、
またこうして交流は続いています。

そして、いつも大切なことを教えてくれます。

雪絵ちゃんやかっこちゃんの事を教えてくれたのもユウさんです。


いつも、身体の事や魂の話をたくさんします。

ユウさんから頂いたメールだけど、
きっとね、
私から私へ 伝えてくれているみたい。

・・・・・☆・・・・・

メールありがとう。

あなたにメールし始めた時、
私達は自分に光を伝えるために
存在している、と言いました。

何故なら、
光のような人生を送っていたら
それはないわけです。

既に光の存在だからね。

今の自分を全部、ひっくるめて、
自分の全てに 光 ですよ、と
伝えるんです。

光は明るい喜びの自分が
伝えると思うかもしれないけど、

正確に言えば、
光を伝えるには、

苦しんでいる自分が
目の前にいなきゃならないんです。

そんな苦しんでいる自分が
目の前にいるから、
私は光 と伝えることが出来るんです。

当然、そんな状態の自分だから
言う自分も苦しんで、悩んで、
暗いはずです。

だから、チャンスなんです。

苦しい時こそチャンスで、
暗い自分は、
自分から光を伝えてくれるまで 
何時までも待っているんです。


何度も、何度も、
何度も、何度も伝えてください。

諦めないで、

不思議ですが、
そんな風に伝える
あなたを通して 光 が
伝わるんです。

その事を 一生かけてやれば良いんです。

その他のことは、
誰が何といおうと
ほっとけばいいと、
私は思います。

・・・・・☆・・・・・



何度も、何度も・・・

ありがとうございます(*´∀`*)
e0303355_1215143.jpg


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2016-01-15 12:18 | | Comments(2)

イベントの後、冷えたので少し風邪気味でした。
よ~く温まったら大丈夫になりました。

それでも、つながりが嬉しくて有難くて
感謝の気持ちがあふれてくるのです(*´∀`*)


イベントに自分のお店を出店出来るようになって、
楽しめるようになんて、
少し前には思いもよらなかったことです。

足流をしているお友達のもよこちゃんとメッセージのやり取りをしました。

もよこちゃん『ようこちゃん、すっごく強くなったねえ(*^。^*)。
とっても嬉しかったよ。
(ぐるぐるつながりマーケットの主催者)うっちーのおかげで
ぐるぐるつながっていくね。
人見知りなのでこうやって、繋がっていくことに感謝だ。
かっこちゃんやそこから繋がった、
全部の方にありがとう~~って、思うのよ(*^。^*)。
ようこちゃんと初めて会った時のこと思い出した(笑)。
寒かったよね。』

丁度私も、今いただいている環境、お友達、
この始まりは。。。と思って、少し前の事を思い出していました。

ようこ『ありがとう♡ほんと、私もだよ(;▽;)
あの12月の体育館の。それがたったの3,4年前なんて本当に驚いているの。
もよこちゃんの笑顔も、あの時よりもさらに満開で、
もよこちゃんのなりたかった姿にちゃんとなっていて、素晴らしい!と感動していたの。 
今出逢えている素敵な仲間や環境の、元をたどってたどって思い出していたの。
雪絵ちゃんが病気を受け入れて発信してくれたことは、
何年経ってもこんなに素敵な繋がりを築いてくれていることを、
いつも喜んで見てくれているようだね♡ 
すべての方に本当にありがとう♡』



かっこちゃんとの繋がりのことは
以前もブログで書いたことがあります…*
http://shugeibu45.exblog.jp/19700288/

作家で、白雪姫プロジェクトを立ち上げた
かっこちゃんこと山本加津子さんは元特別支援学校の教諭。
雪絵ちゃんはかっこちゃんの教え子でお友達。
多発性硬化症という病になった自分を丸ごと受け入れて、
病気も全部に意味があると発信し続けた素敵な女の子です。

学校で出会ったの子供たちがどんなに素敵で大切かという事を
かっこちゃんは講演会などで伝え続けてくれています。

7年ほど前に、治療師の先生が痛みで絶望的に生きていた私に
雪絵ちゃんの事が書かれたかっこちゃんのHP『たんぽぽの仲間たち』を
教えてくださいました。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/eigoyukie/yukiechanswish2.html

HPを読むことは、今より頭痛がひどかった私にとってはかなり苦痛で、
あまり出来ませんでした。

丁度そのころ、毎日自動録音していたNHKラジオ深夜便に
かっこちゃんが2日間にわたって出演されていました。
2009年9月の事です。
(エムズの片割れさんのブログよりラジオ深夜便の音声が聴けます。)
http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-17bd.html

かっこちゃんのかもし出す優しい雰囲気が一度に大好きになって、
私の気持ちも少しずつ溶けていったように感じました。

そして、地元の講演会でお逢いするようになったのが
かっこちゃんとの繋がりの始まりです。


数年前に思い切って講演会に出かけられましたが、
まだ横になっていることが多くて、
痛みの方が気になり、楽しむという事には至っていませんでした。

そんな中で、ひとつひとつを積み重ねていって、今があります。


            かっこちゃんとのコラボ作品
e0303355_1375975.jpg


e0303355_1373575.jpg



だから、数年前から見ていてくれるスタッフのもよこちゃんや
うっちゃんやお友達は、私のやることや出来たこと、お出掛けを
一緒に喜んでくれているのです。

今もまだ不安や痛みはあるけれど、
大丈夫だよって一緒に歩いてくれる友達がいてくれるので、
大丈夫なことが少し増えました。

素敵なつながりをありがとうございます(*´∀`*)

 Cherry Creek・手芸部☆ようこ


☆ネットのお店Creemaにかっこちゃんとのコラボ作品を出しています。
 http://www.creema.jp/creator/16988


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2015-11-08 13:16 | | Comments(2)

大丈夫の力☆

秋頃、白雪姫プロジェクトの友達“まゆりん”が
大阪の言葉で言ってくれました。

「ねえ、知ってる?
『大丈夫』ってすごいんだよ!
人が3つも入ってるんだよ!」


あ、ほんとだね。
人が3人かぁ・・・。あれ?6人だよ!(≧∇≦)


                 久しぶりにパステルを出して描いてみました。
e0303355_126458.jpg

     
今年、心身共に大きく疲弊してしまった私に
みんなが口をそろえて言ってくれたのは、
「大丈夫」という言葉。

大丈夫でなくなってしまった心が、
雪が解けていくようには早くはなかったけれど、
次第に大丈夫になれたのは
友達、仲間、先生達、家族のおかげ、
みんなの温かい気持ちのお陰様なんです。

大丈夫ってすごいんだ。

本当にありがとう。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2014-12-28 12:14 | | Comments(9)

8月はこんな感じだった。
フェイスブックより

・・・・・・・・・・・・

痛い、です・・・。
腕の痛み取れない、
左腰と足が20年前の状態のようです。
横になるのも、座る事も、立っていても、布団や床に当たるのも
靴下が左指先に当たるのも、
全部が全部 苦しくて、もぞもぞしています...

冷や汗が出ます。
動悸がします。
おぼれそうな感覚です。

腰をトントントントンずっと叩いてしまう。タッピングよりも少し強め。

寝ようとしても眠れないので、マッサージやストレッチや体操をはじめたり、
外を歩きに行く。
水素水を飲んで半身浴をする。


メインの薬を止めたり減らしたりしています。

そのせいでじゃないの??禁断症状の気がするけどなぁ・・・、
と訪問マッサージの先生が首をひねる。

台風も来てる。
月のリズムもある。

かっこちゃんが教えてくれました。
『学校の子どもたちもそうだったよ。
痛み、吐き気、
2週間くらいでピークが来るよ。
トントントン・・・としてあげると、眠ってしまうよ。
そこを乗り越えられたら楽になる子もいたよ。』

そうかもしれない。
薬で痛みが抑えられたり、家事や生活が出来るようになっていたのかもしれない。


うろうろしちゃう・・・。
トカトカします。
PCにも向かえない。でも向かってみました。
じっとしていられない。


庭にはマコちゃんがくれた石巻のひまわりが大きく成長して
どうぉ?わたし!と元気に咲いている。
e0303355_10172825.jpg


お散歩の山道には食べられたカブトムシ。
e0303355_10181250.jpg


成長しすぎて山道や畑の所に覆いかぶさった大きな樹を
市が切る事に決めた。キコリのおじさんが切っている。
e0303355_10203766.jpg


わたしはまた、うろうろして来ます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

(午後の投稿)

うろうろして来たら良い出逢いがありました!

わたし、すごーい!

やっぱり、いつだって守られていると思いました。
ちゃんと届いています。みんなの想いを受け取れるようになってきたかな。
ありがとうございます。

整形外科の帰り、家に帰っても痛い事を想像すると怖い。
その足で3つ先の駅に向かいました。

そこは2つの病院に通院していますが、
駅の側に漢方屋さんがあって、前から気になっていたのです。

店長さんは、まず『自分を知ること』と言って、
ゆっくり1時間半もかけてわたしの症状、背景を聞いてくれました。

人の輪の中に入ることが怖かったわたしが、
今、みなさんとの繋がっていること。

雪絵ちゃん、かっこちゃんのことから話し始めて、
手芸をしたり、みんなと繋がれている事などなどをお伝えしました。

「なんだ~!もう繋がっているじゃない(´∀`)」と店長さんもすてきな笑顔。

それから、
「今していることをもっと出来るようになれたら嬉しいんじゃないの?」と未来の希望も。

そ、そうかな・・・できるのかな。
痛みなくなるのかな・・・
まだ信じることができないわたしがいる。

健康な痛みのない状態の自分を忘れてしまっている。


でも、
店長さんと話しているうちに、
壇中(胸のツボ)がうわーー!と温まり、
冷えていた手がぽかぽかとしていました。

壇中に気が!!
そして、体と心が「はまり」ました。


そしてね、
わたし、座れていたのです。

「ほらね、そうなんですよ」って(´∀`)
「そうなったら、応援できますよ。
受け入れる工場(内臓)がうまく働かないと、漢方もただ流れちゃうことになるもんね。」って。


店長さんも、穏やかで温厚で、なんだかワクワク星人みたいな不思議な方でした。
この店長さんと話が出来たことだけでもすごく嬉しかったです。

このポカポカ。
すごい!体は正直だ。

宇宙と上手に繋がれた時、
本当にうれしくて、
ああ、大丈夫なんだ・・・ってまた思えています。

友達でヒーラーのもよこちゃんやマコちゃんや、みなさんが言ってくれます、
こんなにみんなが応援しているのだから
悪くなっているはずがない、って。

はい!

ピンチはいつもチャンスだ。

自分を信じようと思います。

どうもありがとうございます。



Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2014-09-01 08:00 | | Comments(0)

頑張らない。

痛い。
腕が痛い。首が痛い。肩が痛い。

何かしながら、した後に、痛い、痛い、とつい言ってしまう。

前に、
「お風呂掃除を一生懸命しちゃったから、肩や首が痛くって~(>_<)」
と友達に言いました。

友達は、
「一生懸命しなければいいじゃん。 少しずつすればいいのに。」
と言いました。

なるほど、そうだよね。


ありがとう。という気持ちを忘れて、
もぉー、家族がしないから~、とぷんぷんしながら
お風呂掃除をしていた気がするな。


今日はこの部分ね、と毎日少しずつすれば、
痛くならないし、
むしろリハビリになるし、
お風呂掃除は涼しいし、
きれいになるし、

良い事づくしなんだね。

気付かせてくれて ありがとう。




大好きなあーやこと歌手の平原綾香ちゃんが、
ラジオなどで、
「顔晴る(がんばる)」という言葉を教えてくれました。

「頑張る」の「頑」を改めて辞書で引くと、
①かたくな。 かたいじ。 ゆうずうがきかない。
②がっしりして強い。

ああ、①はわたしだね。


うん。頑張らないで、顔晴るよ。

あーや、ありがとう。

e0303355_12415346.jpg

昨年のあーやの「ドキッ!」ツアーのパンフレット。
大好きなお友達(と書かせて下さい)のけい子先生とあんちゃんが
コンサートのお土産にとプレゼントしてくれました♪ 
どうもありがとうございます。

みなさんにいつも気にかけてもらって 幸せです(*´∀`*)


ありがとうございます。

  Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2013-08-31 12:52 | | Comments(0)

《ありがとうの力。
 かっこちゃんとのメール。ホ・オポノポノ》




以下は、わたしが以前かっこちゃんに送った
いくつかのメールの一部です。

・・・☆・・・

かっこちゃんへ

以前わたしが、かっこちゃんの本『1/4の奇跡(ムック)』を
プレゼントした方が本を読んでくださって、

「この本の中のお話は、何度か読んだり聞いたりして、
もう知っているはずなのに、毎回涙が出てくるのよね。。。」

と言っておられました。


そうなのですよね。。。

かっこちゃんの言われるように、
「こういう時に どうして人は涙が出てくるのでしょう。」

すてきですね (*´∀`)

ありがとうございます。

ようこ


・・・☆・・・


・・・☆・・・

かっこちゃんへ

わたしは、『さびしいときは心のかぜです』を書かれた
大ちゃんこと原田大助くん言っておられることも、
すごく分かるなぁ、という気がしています。

わたしは子供のころから、
何か、自分はおかしいのかな・・?
人と着眼点が違うのはどうしてかな・・?
どうしてみんなはそのことに(私が知りたい事・関心を持つ事)にこだわらないのだろう?
って、とても不思議でした。

それから、
ここ(学校)に居ることは、息苦しいなぁ・・・、
こういう勉強のほかに、何かもっと大事な事を知りたくて
わたしは今 この肉体を持っている気がするのだけれど・・・。
などと思って、ウツウツとしていました。

だから、初めてかっこちゃんのラジオ深夜便(2009年9月)でのお話を
聞いた時には、もう、ビックリして、嬉しくて嬉しくて。。
 (「エムズの片割れ」さんのブログより聞く事が出来ます。
  http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-17bd.html


ああ、この感覚を分かってくれる人が
世の中にいっぱいいるんだ!と思って、
すごく安心しました。


かっこちゃんの本の中や、言われている、
粒で出来ているというお話も、
感覚的にすごく分かる!と思いました。


かっこちゃんやかっこちゃんのお友達の本を、
分かる、そうそう!と思って
いつも読ませてもらっています。

みんなみんな繋がっている、と 
この頃ことに感じています。

胸が熱くなる、この幸せな感覚が、
私には何よりも薬で、大切なことです。。。

ありがとうございます。

ようこ 


・・・☆・・・


・・・☆・・・

かっこちゃんへ

本《カマイリ・ラファエロビッチ(KR)著 『ホ・オポノポノ ライフ』
(講談社)を読みました。

e0303355_10404244.jpg



その中に、KRさんと、作家のよしもとばななさん 
との対談も載っていました。

ばななさんも「自分はおかしいんじゃないか・・・」、って
ずーっと思っていたのだそうです。

でも、KRさんのホ・オポノポノライフを読んで、
ああ、そうか、私が特別に変なのではないんだ、って
思えたそうです。

わたしも同じように思いました。 

ようこ


・・・☆・・・



すると、かっこちゃんから以下の返信をもらいました。


《一度ばななちゃんからファックスをいただいたことを
思い出しました。
ばななちゃんは『本当のことだから』をよんでくださって、
私はおかしな子って思っていた、
そういう昔を抱きしめてくれるような本をありがとう、と
かいてくださっていました。
うれしかったです。   かつこ 》




そうなのですね。。。

わたしもそうです。

ばななさんの言っていることと「同じように思いました」と書いたのは、こんなことです。

ホ・オポノポノの本の中では、植物、動物の有機物だけでなく、鉱物、無機物、お家、土地、この世にある全てものにアイデンティティーがあると言います。


わたしの場合、

例えば、ハサミが2つあるとする。

今使いたい。で、どちらかを選ぶことになる。

今はこっちのハサミを使った方がいいかな、とわたしは思う。
誰だって、どちらかを選ぶのは一緒。

でも、ハサミが、こちらを使ってね、と主張してくる・・気がするのだ。
もう、どうしてもこっちのハサミ、となる。

それは、コップだったり、庭の草刈りで切ったり抜く草を選ぶとき、
庭のレンガの配置だったり、
色々な場面でそういうことがあります。

小さい頃から、そういう事が普通だったので、
時には、こだわりが強くなりすぎて、苦しかったりしました。

でも、わたしが苦しいと感じる時には、
きっとそれは、インスピレーションを大事に受け取れていないとき。

今は、その 「苦しい」をクリーニングする。
「分からない」をクリーニングする。



クリーニングする事。
それは、わたしが・・先祖が・・地球が・・宇宙が誕生してからの記憶をゼロにするために。

すると、本来の豊かな自分を生きられる。

本来の自分、ゼロの自分、って??

ニュートラルな・・自然体な状態なわたしのこと。
元の元の自分。

どこまでさかのぼる?

わたしは、ビッグバンの光によって宇宙が誕生した時の、光の自分まで。

その事を感じられる事、わたしの心は何よりも安心する。


いつもそういう風になれるように、上手に自分と付き合えるようになりたいと思う。

でも、その「上手になりたい」という思いさえも、クリーニングをする。

良くなるためにクリーニングをするのではなくて、
クリーニングされるべき事が、
目の前の出来事としてあらわれてくれる。


ホ・オポノポノの考えでは、全ては、「記憶の再生」だという。

何年も、何百年も、何億年もの間、積み重ねられてきた記憶。

だって、地球誕生、宇宙の誕生は一つのビッグバンから始まったと思ったら、やっぱり元は一つだものね。
みんなが共通の記憶を共有している、その事にわたしは妙に納得しました。

もとは一つだった。
それが知りたかったよ!!と思いました。



今目の前に起こっている事、わたしが聞く話、それは、記憶の再生なのだという。

クリーニングをするまたとない絶好のチャンスかもしれない。

だとしたら、今、目の前にチャンスを与えてくれてありがとう!


『ごめんね、ゆるしてね、愛しています、ありがとう。。。』
この4つの言葉でゼロになる。

全てを「自分の問題として」クリーニングをする。

わたし達は、するかしないか、いつも選択するチャンスを与えられている。

もし、何かに気が付いたら、ありがとう、って
思いを向けたらいいんだ・・・!


良いも悪いも、ダメなこともない、
楽に、楽に。。。


目の前に展開される全てのことが
「今」がチャンス、その時、と思ったら、
すっごくうれしくなっちゃったよ。。。 (´∀`)

線維筋痛症の体が痛いわたしではなくて、
本来の自分が、いつもいつもチャンスをくれているんだもの。


あかねちゃんの言葉を借りると、
ゆっくりのんのんね。。。って

そんなふうに毎日の一瞬一瞬の「今」を大切に、
インスピレーションにしたがって生きる。
それでいいんだね。


ありがとうございます(*´∀`*)


   Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-05-25 11:47 | | Comments(2)

《ありがとうの力。奇跡のりんごの木村秋則さん》

『奇跡のりんご』の木村秋則さんの
本『全ては宇宙の采配』(東邦出版)を読みました。
e0303355_13114056.jpg


・・・☆・・・

 わたしは「大事なことは、目に見えるものや、地上に出るものだけではないんだ」という事に気がつきました。

 地中には、表に出ている作物の 少なくとも2倍以上の長さの根が張っています。土の中には2倍以上の世界があるのです。

 目に見える地上部だけを見て右往左往し、必死になってりんご作りをしているとき、わたしにはそれが分かりませんでした。

 しかし、土の大切さの気づいて気を配るようになってから、りんごの栽培はぐんぐんと前に進み始めました。

 目に見えていることだけ見ていても、本当のこと、真実はわからないのです。

 それは無農薬・無肥糧の自然栽培に限ったことではありません。

 人間もそうです。

 大事なことは、目に見えない部分にあります。

 あなたの表に出ていない、自分自身の土壌と根はどうなっているのでしょうか?

                         (まえがきより)
・・・☆・・・



わたしは、かっこちゃんもよく言われているように
特定の神様を信じているわけではありません。
おそらく木村さんも。

宇宙の流れを感じ、受け入れ、実践する。

宇宙の流れそのままに生きる純粋な木村さんの姿勢が
美しいと思いました。


木村さんは、毎日、畑の全てのりんごの木に話しかけて
いるそうです。

話しかけなかった木は枯れてしまったという経験があるそうです。

りんごの木に限ったことではなく、すべてのものに
言葉の力は有効だと言っています。



うんうん、分かるなぁ。。

わたしも5年前に大阪の治療師さん(治療師ゆうさん)に、
そういったいろいろな大切な事を教えてもらってから、
話しかけるようになりました。


まずは、自分の体から、

「心臓さんありがとう。脳さんありがとう。目さんありがとう。耳さんありがとう。鼻さんありがとう。口さんありがとう。気管さんありがとう。胃さんありがとう。肝臓さんありがとう。腎臓さんありがとう。・・・・骨さんありがとう。爪さんありがとう。皮膚さんありがとう。手さんありがとう。足さんありがとう。・・・細胞さんありがとう。・・・etc・・・」

気がつくすべての体の部分に「ありがとう」を言う事から始めました。



そして、 
聞くこと、見ること、起こること、体験することのすべてに、
「ごめんね。。ありがとう。。」



4、5年前のある日のこと、
イライラ、ぷんぷんと怒りが止まらない日、
「一日中、すべての事に『ありがとう』って言って過ごしてごらん。」
治療師ゆうさんはアドバイスをしてくれました。


一日実践。  「わぁ。。。。。。!」

それがどんな風なのか、
是非、実践してみてください。。。(*´∀`*)



ありがとうございます。


    Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-05-05 13:27 | | Comments(0)