1年前の今日、
わたしはかっこちゃん(石川県の特別支援学校の教諭であり、
作家、クリエイターである山元加津子さん)に薦められて、
ブログをはじめました。



「ひまわりのたね」のあかねちゃんは
その事も全部覚えていてくれて、
いっしょに喜んでくれます (*´∀`)

いつも、
「嬉しいことは良い事だね。
ようこちゃんが喜んでいてよかった。
でも、痛いのに無理はしたら絶対にダメだよ!」と
優しく見守ってくれています。



こうしてたくさんのみんなに想ってもらえる事、
幸せだなぁ。。。とかみしめています。



もっともわたしの痛みがひどかった頃を
知っている長年の友達ともときどき話します。

まだまだ痛みはあっても、
こんな風に、日々のことが嬉しいな、
出逢えて嬉しいな、と
笑って言える日々がわたしに訪れるなんて、
想像しがたいほどの日々でした。


でも、
わたしはきっと知っていた。

嬉しい日が絶対に来ることを、
心のどこかで知っていた。

だから、あの時、
生きることを選んだんだと思う。




「宇宙で約束してきたみたいだよ」と
先日、ハートオブミラクルのアルバさんが言っておられました。

そうですね、
みんな、全てのことがきっとそうなのだと思います。

e0303355_1221450.jpg

                                ハートオブミラクルのストラップ♪ 

                             『ハートオブミラクル』のHP
              http://www.heartofmiracle.net/index.html





今年もうれしい幸せな1年でした (*´∀`)

PCに向かう事も、
体調をみながらしているので、
まいまいや、いったんや、同級生や、
先生や、治療師さん、
多くの友達への感謝の気持ちや色々なこと、

まだまだ追いつけなくて、
ブログに書けなかったこともたくさんあるけれど、

出逢ってくれたみなさん、
繋がってくれたみなさん、

どうもありがとうございます!!!

感謝の想いでいっぱいです。

これからもずーっとよろしくお願いします(*´∀`*)


  Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-12-31 00:00 | ブログ | Comments(4)

《かっこちゃんの2009年のラジオ深夜便出演の音声が聞けます》

わたしがかっこちゃんの事を知ったのは2009年ころ。

わたしは高校生の頃に強い痛みを発症しました。

もっとさかのぼってみると、小学校6年生の頃から
時どきお腹が痛くてうずくまっていました。
その時にはわからなかったけれど、
今思うと神経性胃炎の始まりだったと思うのです。

そして、高校2年生の夏のこと。
ある日、背中や腰、首と体中が痛くて重くてだるくて
起き上がれなくなりました。
教科書の入っている重い鞄を持つ事や、
教室で同じ姿勢でじっと座ってしていることも
苦痛となりました。

ドクターショッピングをして、
治療もありとあらゆることをして来て、

それでも痛みが軽減する事はなくて・・・。
良いと思ってした治療が、かえって何倍にも
痛みを強めてしまったり・・・。

あの頃は大きな病院でもわからなくて、
「来てもらっても困るから・・・。民間療法の鍼で
良くなった人もいるから試してみたら?」と言われて、
近所の自然療法・鍼の治療師さんにお世話になりました。

その後、まだしたことのなかった検査をしようと
大きな病院を受診した時には、
「え?鍼なんてしているの?信じているの?
○○○(宗教)と同じだ!」と怒られ、
帰ってから、わーんと大泣きしたこともあったなぁ。

そうそう、昔はお医者さんにはよく怒られたよなぁ・・・。
「怠けている」
「働きなさい」
「何であなたばかりが痛がっているの!」 ・・・。

分からなかったからね・・・。
きっと誰も悪くないんだよね・・・。

今なら、慢性疼痛と言われてきた多くの人たちのことも
「線維筋痛症」という症状を分かる医師が増えてきました。
発症して割と早くの1,2年内に受診して、
症状に合ったお薬を飲んで治ったよという人(薬剤師さん)に
会った事があります。


わたしはというと、もっともっと長い間痛みの人生です。
痛み痛み・・・絶え間なく起こる痛み。
もう、そのすさまじい痛みの日々に耐えきれずに
精神までおかしくなっていました。

そんな日々も経験し、生きることに疲れてしまっていた頃のこと。

大学生の頃に2,3年診て頂いていた治療師さんに
また会いたいと思って電話をしてみると
遠くに引っ越されていました。

それでもまた繋がることができて、
メールや電話で私の事を気にかけて下さっていました。
いろいろな大切な事を根気強く伝えて下さいました。

その中の一つが、かっこちゃんの存在。
そして、雪絵ちゃんの事。

初めに、かっこちゃんのHP「たんぽぽの仲間たち」
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/index.html から
「雪絵ちゃんの願い」 を読みました。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/eigoyukie/yukiechanswish2.html

雪絵ちゃんの考え方、自分を病気も丸ごと受け入れる姿勢に
なんてなんて自分に優しいのだろう。。。
とても衝撃を受けました。

わたしの諦めた、いじけた、投げやりになっていた心が
とけていくようでした。

北風と太陽。
そう、太陽そのものでした。

教えて下さった治療師さんも、かっこちゃんも、
雪絵ちゃんも、お話に出てくるみんなが太陽でした。


その頃も痛みは強くて、HPの文章は沢山あるので、
目を使うと痛みが増すので、特にパソコンのは一度には読めなくて、
なかなか読み進める事が出来ていませんでした。

そんな時、毎日MDに自動録音して聴いている
「NHKのラジオ深夜便・心の時代(今は「明日への言葉」)」に
かっこちゃんが出演されていました。

あれ?私、この方知っている。 
あっ!あのかっこちゃんだっ!
2009年の9月1日、2日と2夜続けてのお話でした。

このラジオのお話を聞いて、すーっと心に入ってきました。
うんうん、分かる、この感じ、
かっこちゃんの言っている事 わたし分かるよ!
とっても嬉しくなって(´∀`) 
そして、かっこちゃんの話し方、優しい声に
一度に大好きになりました!

大好きはうれしい
かっこちゃんのその言葉を
痛くて眠れない日、何度も何度も繰り返し聞きました。

その音声を「エムズの片割れ 」さんのブログの中で
今でも聴く事が出来ます。

「エムズの片割れ 」さんのブログ
http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-17bd.html


もう3年以上が経ちますが、まだ聴けるようにして下さっていて
とても感謝しています。
ありがとうございます。

・・・・・・

わたしは今幸せだと思えます。
やっぱり痛みが強くて疲れてしまう時もあるけれどね・・・。

でも、以前と違うのは、心は穏やかで、
どこか安心していられるようになってきました。

ひとりでもひとりではない。
みんなで一つの命を生きている、
そのことがわたしの生きる芯を強くしました。

いろいろな事があったから今の私がある。
痛みがなかったら、きっとかっこちゃんや
雪絵ちゃんのことも知らずにいたかもしれない。

直接会えなくても、かっこちゃんのメルマガの方や、
たくさんの方と繋がれて、友達になれている事、
今周りにいる人が大好き、今のわたしがいいな、と
わたしも雪絵ちゃんのように思います。

メルマガの中のおひとりおひとりの存在、
どんな言葉もわたしには太陽です。

そして今、こうしてコインケースをつくらせて頂ける幸せ。

やっぱり、どんなことも無駄ではないのですね。
e0303355_1095788.jpg


ありがとうございます(´∀`)




Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-01-29 12:09 | ブログ | Comments(2)