《白雪姫プロジェクトの「みんなの広場」。たけちゃんの世界》


白雪姫プロジェクトの「みんな広場」の中でブログをされている
たけちゃんという男の子がいます。

お母さんの彩ちゃんと友達になりました。

たけちゃんのブログ、(たけ)ちゃんといっしょ
http://takechank.blog.fc2.com/

6月15日にアップされた内容は「教頭先生のスペシャル授業」。
宇宙に興味のあるたけちゃんと、理科がご専門という教頭先生の授業風景です。

たけちゃんも教頭先生もとても素晴らしくて、嬉しくなりました!
わたしも彩ちゃんにメッセージを送りました。

「たけちゃん!たけちゃんの世界もすごいね!  
わたしも宇宙に興味あります!  
どうしてわたし達は生まれたのだろう?とか、
どうしてこの地球でこうして肉体を持っているのだろうか?とか、  
そういう事ですが、物心付いたときから、ずっとモンモンとしていたの・・・(^_^;)     
やっぱり、宇宙の壮大さの中で自分を見たときに、 
すごい!わたし達は生かされているんだ!って思うよね。      
たけちゃんの先生も皆さん素晴らしいね。  
彩ちゃんの書いてくれるブログを読んでいると、自分の事のようにいつも嬉しくなるよ(*´∀`*)  ありがとうね。   
手芸部☆ようこ 」

彩ちゃんから
「ようこちゃん、たけちゃんが今興味あることって、まさにそういうことなんだと思います。
宇宙を知ることで、今の自分の役割をしっかり果たそうとしているのかな…
うわぁ、すごい、すごい。
ようこちゃん、私もとっても嬉しいです(*^^*) 」



宇宙の中の大切な大切な一人として、たけちゃんはしっかり自分を、
たけちゃんの「今」を生きているのですね。。。
たけちゃん!かっこいいです!!

ブログを読ませてもらっていると、たけちゃんの周りは、いつも優しさでいっぱい!
お友達や先生達、みんながたけちゃんご一家のきらきらとしたポジティブな雰囲気に魅かれるのだと思いました(*´∀`*)

たけちゃん、わたしもたけちゃんといつか宇宙のお話ができたらうれしいです (*´∀`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


《柴田保之先生について》
http://shirayukihime-project.net/shibata-yasukuki.html

これまで障害が重いために、言葉の獲得以前の発達段階にあると考えられたり、簡単な言葉しか発したり理解することができないと考えられていた方々が、実際には豊かな言葉の世界を有しているという事実を、私は、広く世の中に訴えたいのです。

それは決して例外的な出来事ではありません。私の経験に照らす限り、そうした方々のほとんどすべてに当てはまる事実です。彼らに真摯に付き合ってきた人ほど、その事実は受け入れがたいことでしょう。しかし、この真実をなかったことにするわけにはいかないのです。

おそらく、私たちは、私たちの障害に関する常識を、根本から問い直されていると言っても過言ではないでしょう。そして、この事実を広く世の中が受け入れるようになったら、障害児、者に対する医療も福祉も教育も、その姿を一変せざるをえないでしょう。

       国学院大学人間開発学部初等教育学科教授 柴田保之

「きんこんの会」とは…
重度の障害のあるメンバーの内なる言葉を柴田先生が聞きとることで、メンバーが話しあったり交流したりする会です。

きんこんの会の開催は、不定期ですが1~2ヶ月に1回程度、国学院大学たまプラーザキャンパスの410番教室で開催しています。参加は自由です。
開催日程はブログ(http://blog.zaq.ne.jp/yshibata1958/)にてお知らせしておりますので、ぜご参加下さい。
  
  ◇国学院大学たまプラーザキャンパス
  〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1
  東急田園都市線「たまプラーザ駅」南口から徒歩約5分


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから、

紹介しきれませんが、
多くの方に読んでいただきたいと思うみなさんのブログも、
まだまだ沢山あります。


「体当たり白雪姫」の活動をされている優さんのブログ、
情報ブログ-あなたと話せる日のために-
http://blog.livedoor.jp/ryouhei0969-kakkochanto/

意識障害をお持ちの方に対して「意識がある」ことを前提に
されている活動によって、患者さんに変化がみられる様子。
意識があると知ってもらえたとき、表現できた時、
それはそれはどんなに大きな喜びなのでしょう・・・。

・・・・・

「2010年に奥様が脳幹出血で倒れ、2013年3月に白雪姫プロジェクトと出会い、積極的なリハビリアプローチを始められた」西嶋さんのブログです。

夢の雫~白雪姫プロジェクト~
http://dropofdreams.blog.fc2.com/

前にも一度紹介させてもらいましたが、
5月2日にアップされた「幸せの基準」は、
本当に嬉しい嬉しい日。

目からうろこです・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。。。(*´∀`*)      
    

        Cherry Creek・手芸部☆ようこ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-27 15:31 | 白雪姫プロジェクト | Comments(2)

《6月23日、25日のメルマガ。
まこさん、一緒に頑張りましょう》



かっこちゃんの発信するメルマガは、
みんなで一つの命を生きていることを感じさせてくれる内容です。

みんなの一生懸命な生きざまに勇気をもらうし、
本当にいつも胸が熱くなります。


以下、
6月23日の「まこさん、一緒に頑張りましょう」 
まこさんご本人からの初メールの内容。

そして、25日のメルマガ読者のみなさんからの
「まこさんへのメッセージ」です。

__________________________


第1417号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
             
      
            2013年6月23日現在 参加者人数6416人
 
  「6/23 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html

(省略)

はじめてのまこさんからのメールです。
・・・・
はじめまして。毎朝メルマガを拝読させていただいています。宮ぷーさん、かっこ
ちゃんさんをはじめ、様々な方からたくさんのエネルギーをいただいている毎日で
す。
私は2年前に倒れて脳の低酸素状態が続き、一時は命も助かるかどうかというところ
だったようですが、幸い主治医の先生、手厚い看護、家族や職場の上司が毎日意識を
取り戻すまで必死に呼び掛けてくれたおかげで幸い意識を取り戻しました。倒れてか
らすぐにリハビリを始めていただいたようですが最初はからだ全体が動きにくく、最
終的に左半身麻痺、嚥下障害、言語障害が残りました。しばらくてんかんの発作もと
まらなくなり寝たままの生活が続き、左足が尖足状態になってしまいました。声も一
切出なくなってしまい、働いていたときの自分と今の自分のギャップに苦しんでいま
した。

それでも毎日時間をかけてリハビリをしてくれる先生たちがいて少しずつ少しずつ良
くなっていくのが楽しみであり、それを一緒に喜んでくれる人たちがいることが励み
でした。
初めて声が出たときのあの嬉しさ。涙が止まりませんでした。左側のリハビリは痛み
が伴います。でも左手は今日常生活に困らない程度に回復してきました。今もずっと
同じ病院で素晴らしいスタッフに囲まれてリハビリテーションを続けさせてもらって
います。
少しずつ少しずつ、よい方向に進んできたはずでしたが嚥下食に挑戦していくうちに
何度か肺炎を繰り返し、4月には誤嚥性肺炎で気管挿管、3週間後に気管切開をしまし
た。今は経鼻管栄養で栄養をとっていますが、今後のことを考えて胃ろうを作ること
も視野に入れています。

文字盤を使ってコミュニケーションをとっていますが、言葉でしか伝わらないちょっ
としたニュアンス、伝わらないもどかしさ。いらいらを通り越してあきらめたくなっ
てしまうのです。文字盤を読み取ってもらう時間を考えても申し訳ない気持ちにな
り。その葛藤です。
左手が動くようになったみたいに、左足の尖足が少しずつでも良くなって、自分の足
で立って歩いて走り回れる日が来るまで、諦めずにやってみようと思います。

私には勇気をくれるひとがたくさんいます。私には応援してくれるひとがたくさんい
ます。
家族がいて、主治医の先生、看護師さん、リハビリの先生、同僚、友達、そしてこの
メルマガで出会った(気持ちだけですが)たくさんの人たちがいて幸せな人生だとこの
病気になって初めて気づきました。私はまだ26才。仕事復帰したいです。
無理だと言われても奇跡を信じたいんです。これからもメルマガを読ませていただき
1日の充電をさせてください。よろしくお願いします。
・・・・

まこさん、白雪姫プロジェクト、メルマガのみんな総動員して応援させていただきますよ。
(きっとみなさん賛成してくださるはず)だいじょうぶ。だいじょうぶ。
あきらめなければ、回復を続けて、きっと社会復帰だって、夢ではないはず。
一緒に頑張りましょう。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~


__________________________


第1419号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   
        
          2013年6月25日現在 参加者人数6413人
 
  「6/25 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


今日は運動会の代休でした。だから、いつもできないようなことをしたいなと思いま
した。お友達が足を温めることが大切と教えてくれていて、宮ぷーに足湯をしたいな
あと思いながら、なかなかできずにいたのです。宮ぷーはまだまだベッドに一人で座
ることはむずかしいです。それで車椅子に乗ってもらって、そして、片方ずつ足をお
湯につけました。首をあげてもらうので、一石二鳥なのです。お湯につけた足をさ
わったら、ずるっというほど垢が出ました。それで指でこすったら、どんどんどんど
ん垢が出て、ここでおしまいということはないほどでした。お湯につかるということ
は本当にすごいことですね。右も左もしたら、宮ぷーの足がつるつるになりました。

ひろこちゃんが今日も昼に来て下さって、いっぱいリハビリをしました。昨日も今日
もいつもより長く15分立ちました。
宮ぷーもリハビリをすごくがんばっていて、土曜日は「宇宙兄弟」も見ないほどでし
た。私は気がつかないで、その時間が過ぎてしまったのでした。今日も「リハビリす
るからウルトラマンはみないよ」というのです。「みたらいいのに」と言っても首を
振るのでした。

このあいだ読んだ南アフリカの本があまりにおもしろかったので、同じ埴田智加子さ
んの本「手でふれた南アフリカ」が絶版になっていたので、ユーズドの本を注文しま
した。それが今日届いていたのだけど、大変。図書館のラベルが貼ってありました。
えー?どうしてこんなことに・・・。きっとたくさんの本にまぎれて出てしまったも
のかもしれません。どうしよう・・・。急におろおろして、お友達にどうしようと電
話をしました。図書館の方が「なくなったなあ」と困っておられるかもしれません。
お友達が、まず読んで、それから、電話して返したらいいよと言ってくれて、だい
じょうぶだいじょうぶと言って下さって、なんだかほっとしました。


26歳のまこさんからのメールにたくさんの応援メールが届いています。
・・・・
(あかねちゃんから)
 まこさん、大丈夫、みんなが、ついてるよ、このメルマガは、みんなで、みんなの
ことを応援する場所でも、あると、思うんだ。だから、大丈夫。まこさんの文章を読
むと、生きる力に前向きで、勇気をもらえます。まこさんには、応援してくれる、た
くさんの人が、いる。それも、とても、素敵なことですね。全然お話が、違うけれ
ど、あかね、親から、認めてもらうことも無く、育ちました、それは、ちょっと、人
と違うと言うことだけ。でも、それが、あかねだもの、そのまま、大人になっても、
分かってもらえず、何十年という時間を経て、今、母とは、とても、仲良しです。

それは、あかねが、いっぱい、母とおはなしをして、いっぱい、分かってもらおう
と、したから、その間、本当に、何度も諦めようとしました、母とは、もう、2度と
分かり合えないのかな?って、でも、諦めなかったよ。だって、あかね、生まれたん
だもん、お母さんのおなかから。まこさんも、ウエルカムで、生まれたんだ!!そし
て、いつも、みんなと、同じ空を見ていること、そして、同じ時を刻んでいること。
このメルマガは、いつも、美しい。もちろん、苦しいこともあるけれど、でも、それ
もまた、美しいのです。まこさん!!みんなで、いっしょに、空見上げよう。。。

・・・・
まこさん
なんて頑張ってこられたのでしょう!読んでいて胸が一杯になって涙が溢れました。
私は息子を四肢麻痺のまま、白血病で亡くしています。でも、きっと私の息子良平
も、まこさんのような気持ちでいてくれたのではないかなと思って、余計に涙が止ま
りませんでした。私たちのとっては胃ろうも、「魔法の扉」でした。体が弱って行く
中で、経口摂取できない良平に、私の手料理をたっぷり胃ろうから入れてあげる事が
できました。苦いお薬も、不味い代替治療の食品も、たくさん飲ませたい水素水も、
全部胃ろうのおかげで入れてあげる事ができました。
リハビリの中で栄養を胃ろうからタップリ摂取して、また食べられる日を目指しま
しょう!

まこさんありがとう!!あなたの言葉は私にとっては予想を超える救いの言葉でした
よ。そして、今も苦しさとの戦いの中におられながらもこうしてご自分の状態を発信
して下さる勇気と強さと愛の深さに心から感謝しています!もちろんもうみんな、ま
こさんの仲間です!応援団です同志です!一緒に頑張りましょうね。一緒に進みま
しょうね。
かっこちゃんの仰るとおりです。大丈夫!あきらめず時間をかけて回復し続けて行き
ましょうね。心から応援し続けます!!


・・・・
福岡ひよこです。 まこさん・・・すごいな~そこまで回復して ちゃんと社会復帰も
望んでおられる。 きっと 回復もするし 社会復帰もできますね。 大丈夫。そしてあ
とにつづく 同じような思いをされてる人たちの 希望の星になるんだね~。 道をつ
くってるな~。 がんばれ~!

・・・・
こんにちは。星の子です。今日のメルマガの、まこさん、職場復帰したい。と明確な
気持ちをもっておられますね。 目標があるから、 リハビリも頑張ることが、でき
る。目標に向かって、まこさんが力をつけていかれますように。応援しています。

・・・・
(お多福さん)星野さん,かっこちゃんいつもありがとうございます。また素晴らし
いメールが来ましたねー!倒れられたご本人から体験を聞くと多くの入院中の方達の
大きな励みになりますね。長いメールも送れるようになられて本当に凄いです。まこ
さんのがんばりを感じながら私もいろいろがんばるぞーと勇気をいただいています。
ありがとうございました。お多福 

・・・・
(横浜kakkoちゃん) 応援していますとお伝え下さい。宮プーのメルマガは、皆がち
からをもらっているね。宮プーありがとう。会ったことがないけれど応援したり応援
されたり有り難いね。かっこちゃん、ひとつさん毎日ありがとうございます。
・・・・

まこさんありがとう。みなさんありがとう。本当に誰もが励まし、励まされる関係。
本当はこのメルマガだけでなくて、社会がそんなしくみでできているのですね。
まこさん、だいじょうぶだいじょうぶ。みんなで一緒に前へ。一緒にすすんでいきましょう。

かつこ


~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
◎宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0001012961/index.html



___________________________


わたしも、まこさんのがんばり、応援し続けます!!


ありがとうございます(*´∀`*)

   Cherry Creek・手芸部☆ようこ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-25 10:59 | 白雪姫プロジェクト | Comments(0)

もう6月も後半ですね。
1年の半分が終わるんだ・・・。早っ。


夏の大好きなお花が咲きはじめました♪

ベルガモット(たいまつ草)、ハーブです。
葉っぱのは強い香りがします。
紅茶のアールグレイに香り付けに使われているのかな?

お花の咲いていく様子もかわいいのです(*´∀`*)
e0303355_1440438.jpg

目に鮮やかなこのピンクが好きなの。
e0303355_14413598.jpg



畑では少し色の違うピンクが満開です。
こちら色の方が毎年早く咲きます。
e0303355_14422781.jpg



何年か前に、水彩絵の具で描きました。
花の部分は、絵の具を垂らして、思い切りふーーっと吹くのです。
あ、ロングブレス・・・(笑)
くらくらするよ。けっこう疲れるので、リハビリになったよ・・(笑)
e0303355_1524584.jpg



ありがとうございます(*´∀`*)

   
     Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-21 15:05 | 自然 | Comments(0)

《そして、宮ぷーの頑張りに、わたしも刺激を受けました!》



良く聴いているお気に入りのラジオ番組、
  「坂本美雨のディア・フレンズ」(TokyoFM)。

6月13日のゲストは、ロングブレスの美木良介さんでした。

http://www.tfm.co.jp/dear/index.php?itemid=66400&catid=693

【番組のHPより】
・・・☆・・・
現在55歳の美木さん、55歳には見えない若々しさですが、3年前まではメタボ体型だったそう。
そこで、お腹の周りにある腹横筋を自前のコルセットに出来ないかと考えたことがきっかけで生まれたのがロングブレスダイエットなんですね~。
「僕は、22~3年、腰痛で苦しんできたので、そうすると稼動範囲が狭くなるんですね。
体の動かせる範囲がすごく狭くなって、だからどんどんゆるくなっていくんです。
女性でも、お年を召してくると、細い方でも下っ腹が出る方いらっしゃいますよね。
男性でも結構下っ腹が出る。
下っ腹っていうのは、内臓が下に落ちてるので、、、
だから腹筋と背筋がどうしても緩むんですね。
それを引き上げる。

僕の場合は、腰の周りの筋肉っていうと、腹横筋が一番近いところにあって、支えてくれるんじゃないかって。
ロングブレスダイエットは、お尻をギューっと締めるところから始まるんですね。

お尻を締めると、骨盤低筋っていう、インナーマッスルの一番下にあるのが上に上がるんです。
骨盤低筋をぎゅっと締めるだけでも昔からある健康法なんですよね。

で、息を思いっきり吸うと横隔膜が上から下りてくるので腹圧がかかりますよね。
で息を思いっきり吐くと周りの腹横筋が収縮するので、中の筋肉の温度が上がっているので、ロングブレスをやるとすぐに汗が出てくるんです。」
と教えていただきました。
最初は腰痛を治したくて始められたんですね~。
・・・☆・・・


美木さんも、22、3年間ひどい腰痛に悩んでいたという。

10分立っていられない。
10分座っていられない。
車の運転も出来ない。

俳優活動が出来るか…という心配を越えて、
どうやって生きていくか…というところまでの辛さだったと言います。

・・・! 
わたしと同じような状況ではないか!
ひどい腰痛の年月も。


昨年からロングブレスの事、美木さんの腰痛の事は
ラジオやTVなどで少し知っていたけれど、
そこまでの辛さだったのですね。

昨年、わたしもロングブレスを少し挑戦しましたが、
何となく3日坊主になってしまっていた…。


先日の宮ぷーさんのリハビリの様子が書かれたメルマガを読んで、
その壮絶な頑張りに、わたしも火がついた!

丁度そんな折、
新しい著書を出版するためか?、
最近またTVやラジオで耳にするようになった
美木さんのロングブレス。


ラジオからの録音の音声と共にレッツトライ!

まずは、立ち姿勢から。


お尻にえくぼを作るようにきゅっと締めたいので、
かかとを付けて立つ。(バレーの1番の姿勢?)
(つま先は開く)


肋骨を引き上げる。
腰骨と肋骨の間をあける。
(これを一生キープ!のつもりで引き上げて!と、昨年のラジオで言っていた気がします)


息を3秒で吸って、15秒で吐く。
丹田を意識する。

ロングブレスの詳しい内容は、美木さんにお任せします…。

が、

ちょっと待って・・・、

その、ロングの、ブレスの、呼吸の前に、
この立ち姿勢の段階で、わたしには問題ありだった。

小さい頃に右足に2度ケガをして、親指と、土踏まずを縫っている。

きっとその時から、かばうようにと足の外側、小指側に力を入れて
立つようになったのではないかと思われる。


今回改めて、この立ち姿勢を真剣にしてみて分かった。

きゅっと膝や太ももをくっつけるようにして立つこと、
それがわたしには違和感があった。

今まで、いかにO脚のような立ち方をしていたか。

これでは腰にも足にも負担が来ますよね…。

かなり意識しないと、つい緩んで外側に体重をかけているよ。
土踏まずに力が入らない。

体の中心に体重をかけてバランスを取るのが難しい。


この立ち方の練習を1日10分程しただけで、翌日は右足が重く、痛い。
足の外側にかなりの違和感がある。

ああ…。矯正される時には違和感があるよね。

痛みや違和感。
このもどかしさよ・・・。

幸い、翌々日には痛みはなくなりましたが、

この前のメルマガの、宮ぷーさんのリハビリの悔し涙が
思いだされました。

宮ぷーさん、頑張っているんだ。
本当に頑張っているんだね。

動け動け~!と念じるようにしながらのリハビリは、
どんなにかもどかしい事でしょう・・。

宮ぷーさん、何度も言うけれど、カッコイイよ・・・。

リハビリをしようね、とチーム宮ぷーの方が言ってくれることも
愛だと思える宮ぷーさんもカッコイイ!


もちろん、宮ぷーさんだけではなく、
メルマガに出て来られる方も、また、そうでない多くの方たちも、
また同じように頑張って、努力されているのですね。。



それから、美木さんも、
「腰も(痛いからと)ずっとそのままかばった姿勢でいると、
筋肉がゆるんでしまう」と言っています。

はい、本当にそうですね。
痛いからずっとかばって来たもん・・

わたしも、下腹がぽっこり気になりだしたかも…(>_<)
体を支える筋肉もゆるんできたと思う。
内臓を支える筋肉ね・・。


やっぱり、ちゃんとしよう。

出来ることはしてみよう。


わたしの新たな挑戦も、また始まったのでした。


お世話になっている体ほぐしのボディワークの先生も、
同じように内股の筋肉を引き締めるような指導をして下さいます。

「ただ、ようこさん、無理はしないほうがいいですよ!
いきなりし過ぎると、筋肉が悲鳴をあげちゃうからね。
少しずつね!」
と言われています。

わたしの、いきなり張り切る性格を知っていらっしゃるから…(*^_^*)

「気が付いたときからいつだって修正できるのですよ。
大丈夫、何歳になっても、遅い事はないですよ。」とも。

毎日の積み重ね、習慣が大切だから、
少しずつがんばる。

あかねちゃんの言葉「ゆっくりのんのん。。。♪」って、
楽しくがんばりたい。


ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/
 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-19 10:25 | 痛み対策 | Comments(0)

《6月14日のメルマガ。宮ぷーさんのリハビリ》


☆朝に一度アップしたのに、間違えて、削除してしまった為、
またアップします…(^_^;)


2009年2月。
脳幹出血で倒れ、3時間の命と言われた「宮ぷー」こと宮田俊也さん。
http://shirayukihime-project.net/miya-pu.html

元同僚だったかっこちゃんをはじめ、チーム宮ぷーのみなさんが、
絶対に大丈夫だ!回復する!という信念を持って、
毎日リハビリを続けてこられ、目を見張る回復を見せてくれています。

かっこちゃんは、宮ぷーのことは奇跡ではなく、常識なんだ!という
信念の元に「白雪姫プロジェクト」を展開し、
植物状態からの回復方法をお伝えしています。

白雪姫プロジェクトを知って、患者さんのご家族が実践されて、
変化や回復をしている様子が、メルマガで発信されています。

毎日読むたびに、わぁ~、すごい!。。。と感動します。

もっと多くの方に広まるといいなと思います。


以下、
宮ぷーさんの頑張りの様子を、先日14日のメルマガからです。

___________________________

第1408号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
            2013年6月14日現在 参加者人数6429人
 
 

 「6/14 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。

http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html



このごろ、宮ぷーは新しいリハビリをしています。例によって、私の思いつきなのです。

机の上で、右手を前後ろに動かす練習をしていますが、そのあと、今度は、手を内側と外側に動かすリハビリをしています。
内側はとても上手ですが、外側に持って行くことはできませんでした。
でも100回私と一緒に動かしたあとは、ものすごく時間がかかって、宮ぷーもすごく動かそうと集中して念じて、外側においた私の手の所まで持って行くことができます。
右手の前後ろは10回だけど、外側は2回。
それから、左も100回前後したあと、前へ押し出すのはむずかしいけれど、自分に近づけるようにして下げることは、またものすごく念じるとちょっとずつ動きます。それを2回。
でもあまりにちょっとずつ動くので、宮ぷーにしたら永遠にその時間が長く感じるみたいです。

宮ぷーからみんなに来たメールです。
前半には、ちょっと悔しかったことがあったようでそのことが書かれてありました。

・・・・
…(前半は略)
みぎてをそとがわにうごかしたりひだりてをうごかすのはものすごく
はーどです。
つらくてなみだがでました。
ほかのりはびりにはたえてきましたがあれはめちゃくちゃはーどです。
たつこともじてんしゃこぎもがんばってきましたが あのりはびりはおわりのじかんがわからなくてまだしなくちゃいけないのかとおもうとつらいです。
せめてじかんをくぎってください。

・・・・

リハビリは、おそらく、宮ぷーにとっては本当につらく大変なことなのですね。
できるようになってきた立つことや自転車こぎはなんとかなっても、できずに念じるようにして動かしているリハビリは涙が出るほどつらいのですね。
たった二回のように思えても、それは永遠の時間に感じるのでしょうね。

そんなときに、いつも必ずすぐに優しいメールをくださるのがよっこちゃんです。

・・・・
みなさん、こんにちは(*^_^*)宮ぷー、長いメールありがとう。そして、また悔しい気持ちも伝えてくれてありがとう。私も昨日、ちょっと悔しいことがあって何回も思い出して嫌な気持ちになってたの!気持ちを切り替えるのってすごく難しいね!
それと、リハビリの大変さも伝えてくれてありがとう。
手のリハビリがそんなにつらかったなんて、全然わからなかったです。
立つのはいつも辛そうだと思っていたのだけど、手を動かすのも涙が出るくらいだったなんて!!教えてくれてありがとう。
どれくらいの目安とか、もっと宮ぷーにわかりやすくしていくことも大切なのですね。
新しいことに慣れるのも大切なことです。
でも、やっぱりどんどんチャレンジもしていきたいですね!
きっと、振り返ってみて、あれ程辛かったことがいつの間にか簡単に出来るようになっているなぁーって、そんな風になっていくと思います。
またどんなことでも教えて下さい!!
よっこ
・・・・

まさおちゃんも優しいメールをくださいました。
・・・・
みやぷー、ぼやき炸裂ですな!僕は気持ちよーくわかります。
それからみやぷー、手のリハビリも今はキツいばっかりだろうけど、一昨年に敬礼の練習いっぱいやったやん?
あの時も最初は手が上がらなくて何度も何度も練習したやん。
何日もかかったやん。
かっこちゃんが旅行から帰ってくるまでに出来るようになろうと頑張ったね~
あの時のみやぷー、むちや気合い入ってかっこ良かったよ~!
キツいのはよーくわかりますが、習うより慣れよ気持ちで前みたいにゆっくりやってください。
よっこちゃんの優しいメールが来ましたね♪
・・・・

そんな中、鬼のようなことを言う私。
「宮ぷー、外側が動かなかったら、外側に置いたおいしい食べ物とれないよ。
そうだ、宮ぷーの大好きなものをいっぱい外側に置こうかな?」
そんないじわるを言う私なのに、
「みんな優しいね。鬼みたいなのは、かっこだけやね」というと、鬼じゃないと言ってくれるのです。
愛だそうです。
あらら。宮ぷーも優しいです。
やっぱりみんな優しいなあ。

そんな宮ぷーですが、昨日は「宮ぷーやわいや」と私とまこちゃんにつっこまれました。

何かというと、いつもはベッドから車いす。
車いすからベッドなど、移乗や、立つときに上からひっぱるのを私がしています。
でも、みなさんが、「かっこちゃんがいないときでも、車いすの練習もできた方がいいし、みんなで練習しようね」と言ってくださって、昨日はまこちゃんが、ベッドから車いすへ。
車いすからベッドへの移乗をしてくださいました。
私も最初のころはうまくいかないことの方が多かったです。
まこちゃんは力があるので、持ち上げようとしてしまうのです。
そうすると、腕が曲がって、自分の体の方に、宮ぷーの体もくっついてしまって、車いすに体が届かなかったりします。
それから、宮ぷーの手がだらりとさがってしまって、車いすに挟んだりしないようにも気をつけなければなりません。

それで、まこちゃんが車いすからベッドへもどしてくれたあと、続けてリハビリをしようとしたら、宮ぷーはどうしても言いたいことがあると合図をしました。
なんだろう?おしっこ? どこか痛い? 痰? どれも首を振ります。
あかさたなスキャンで聞くと、最初の文字は「へ」次はどうも「タ行」です。
座ってうつむいての合図なのでよくわからなくて、「ち」を選んだように思いました。
「へち?」「へつ?」違うと言います。
正解は「へた」でした。
まこちゃんの移乗に対しての言葉だったのであります。
まこちゃんが一生懸命してくれているのは、宮ぷーはわかっているのだけど、
どうしても、ところどころ、宮ぷーは教員であったりもして、評価をせずにはいられないのね。
それで「へた」。
もうみやぷーやわいや。
最初っから上手になんかできんし…とつっこまれる宮ぷーでありました。

今朝、まこちゃんがチーム宮ぷーにくださったメールです。
・・・・
みやぷー、みなさま、おはようございます。
昨日のみやぷーの悔しいメールの後に病院に行った私です。
くやしかったん?ほんでリハビリは痛かったん?と聞いたら涙ぐむみやぷー。
そして、横でかっこちゃんがクスクスと笑いながら新しいリハビリ始まったと…。
なるほど、それならがんばらなきゃね~と言っていたら、チームからのメール着信です。
かっこちゃんは、すかさずきっとよっこちゃんやよと言いました。
当たり!優しいよっこちゃんのメールです。
次に着信です。
またまた、かっこちゃんはまさおちゃんや と言いました。
当たり!です。
嬉しそうに、優しいね~と何度も言うのを見ながら、私は幸せ気分満タンなのでした。
何だか、こんな優しさの中にいるんだなぁと実感です。

昨日は私も車椅子に移乗に挑戦です。
かっこちゃんに手伝ってもらいながら、何とか頑張った私です。
ベッドに戻ったみやぷーが何やら言ってます。
なぁにと二人で聞いてみたら、 一言 へた …。(笑)
あちゃー、何だかそれも嬉しい私です。
みやぷー、まだまだ私の挑戦は続きます。つきあってね(*^^*)
今日も暑い一日になるそうです。
みなさま、水分補給、栄養補給、無理をしない事などなど、元気にお過ごしくださいね。
幸せいっぱいのまこでした。
・・・・

昨日は、さとみちゃんが宮ぷーにとくださったガンダムの頭の形になっている大きなアボガド味のお豆腐があって、それがガンダムだということに宮ぷーはすごくうれしそうな日でもありました。

それで、笑っていたのに、悔しかったことや、リハビリが厳しかったことなどにまこちゃんが触れてくれると、ちょっと涙ぐむ宮ぷーでありました。

それでも、「やるもんね。リハビリ。やるんだもんねー」と言う私の声に、
しかたがなく?うんと頷く宮ぷー。

えらい!!さすがだ!という私。

そうなのです。
新しいメニューが入ると、そのたびに、すごく集中しなくてはならない宮ぷーは大変。

でも、そのあと、きっとあのつらい日があったから、ここが動かせるようになった。

車いすも漕げるようになったという今があるのです。

ときどきだけど、電話やメールの相手が予測できるときがあります。ほんのときどきだけ。
昨日は大当たりでした。
まこちゃんも「へた」と言われてもうれしいと言ってくれるのです。

みんな優しいね。宮ぷー。うれしいね。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~



悔しくて、涙が出るほどの思いをして、頑張る宮ぷーさん・・・。

でも、出来るようになる喜びがあるから、また頑張れるのですよね。
そんな宮ぷーさん、カッコイイです!

リハビリをしようね、と言われて、
辛くても、それが愛なんだと思える宮ぷーさんもまたカッコイイ!

かっこちゃんも、チーム宮ぷーのみなさんも、
全国の応援団のみなさんも、本当に素敵だと思います。


ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-18 15:27 | 白雪姫プロジェクト | Comments(2)

《6月16日のメルマガ・柴田先生のブログより》


わたしは、2年ほど前から山元加津子さん(かっこちゃん)の書いている
メルマガ「宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと」を読んでいます。

かっこちゃんの講演会に行くことになって、その時にメールをしてみたら、
かっこちゃんから以下のお返事をいただきました。

『ようこちゃんありがとうございます。
うれしいです。
ようこちゃんは私のメルマガ「宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと」の日記を読んでおられるでしょうか?

もしまだだったら、読んでいただけたらすごくうれしいです。
たくさんの方とつながっていられるメルマガでとてもうれしいメルマガなんです。
(読んでくださってる方が素敵なのです)

是非お願いします。

かつこ  』



その通りでした(*´∀`*)
メルマガを読んでいる皆さんが、一つのことについてみんなで
考える。
応援したり、わたしもそうだったよ、でも大丈夫、って励ましたり。。。
いつも大切なことを教えてもらっています。

そうして知り合えて繋がれた大切な友達。
かけがえのない方たちとのご縁をありがとうございます!

みなさんにもメルマガ登録して読んでいただけたら嬉しいな、と
思います。

☆かっこちゃんにこのブログを書くことを薦められて半年。
やっとですが、バナーをクリックするとページが開ける方法が
分かりました(^m^)
(というこの文章も、使う言葉が分からなくて・・すみません・・(^_^;))




以下、
今日のメルマガです。

_______________________________________________


第1410号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
          2013年6月16日現在 参加者人数6430人

 「6/16 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html



今日は富山に出かけます。

前にもお知らせさせていただいたのですが、きんこんの会は6月22日に行われるとのことです。

柴田先生のブログから。
・・・・・・
6月のきんこんの会のお知らせ 6月のきんこんの会は6月22日土曜日午後2時から行います。
会場は、国学院大学たまプラーザキャンパス410番教室です。
 また、この日、きんこんの会に先立って、午前11時より、同じく410番教室にて、コミュニケーションの方法に関する学習会を開きたいと思います。
内容等検討中ですが、きんこんの会に見学に来られている方々の中に、コミュニケーションの方法について関心をお持ちの方がいらっしゃるので、こうした機会を作らせていただくことといたしました。
よろしくお願いいたします。
・・・・・・


コミュニケーションの方法で、とくに、筆談の方法を、白雪姫プロジェクトには先生のブログに書いてくださった場所を引用させていただいているところがあります。
http://shirayukihime-project.net/shibata20130308.html 
・・・・・・
柴田保之先生ブログ「関わり合いの場から」
2013年3月8日「意識障害と言われる方々も手を添えれば字が書けること」
 

遷延性意識障害と呼ばれる状況にある人に昨年の秋以降、お会いする機会が増えて来ました。
これは、やはり、山元加津子先生と宮田俊也さんにお会いしたおかげです。
そして、今、たいへんなできごとに出会っています。
それは、みなさん手を添えれば文字が書けるという事実です。

私は、パソコンとスイッチを使って相手の小さな合図を読みとることによる方法に習熟しているので、そうした場面では必ずその方法を試みてきました。
そして、幸い、医学的診断の内容にもかかわらず、その方々の言葉を引き出すことができて、実はその方々が当たり前に意識を持ち、豊かな言葉を持っているという事実に出会うことができました。
しかし、私の方法はすぐにご家族が実践できるものではありません。
パソコンやソフト、スイッチなどの設定の煩雑さにくわえ、50音表を行と段とをスキャンしていくという方法のなじみのなさや、もっとも決定的なことは、合図があまりにも微妙なので、なかなか感じ取るのがむずかしいということがあるからです。

しかし、秋以降、私は、自分のその方法はその方の気持ちをひとしきり聞いた後、いったん置いておくことにしました。
そして、ペンを手に握ってもらって、字を書いてもらう取り組みを始めたのです。
これは、幼い時からの障害ある人たちとの関わり合いでも使ってきたものですが、それを、意識的に活用することにしたのです。
まず、どんな持ち方でもいいからペンを持ってもらい、ペン先があたるようにスケッチブックを出します。
そして、○と×を書くことを伝えてから、最初に○を書いてもらいます。
すると、ここで多くの方がほんのわずかでもペンが動き始めるのです。
別に介助者が動かさなくても、ほんのわずかな動きがほとんどの方で見られました。

そして、きれいな○でなくても、ともかく曲線が描かれたことが確認されたら、今度は×に移ります。すると、明らかに○の時とは違う直線を引く動きが出てくるのです。
×は一筆では書けませんし、交差も必ずしもうまくいくわけではありませんが、明らかに○を書く時の曲線の動きと×を書く時の直線の動きには違いがあるのです。
曲線を書けばイエス、直線を書けばノーなのでそれだけで、やりとりは成立します。
最初の○の動きがあまりよくわかりにくい場合は、一緒に○を書いてみます。
そして、その時の手に伝わってくる感じをよく覚えておいて、今度は、×を一緒に書いてみて、その動きを覚えておきます。
これだけでは、ただこちらが動かしただけですから、本人の意志があるとは思いにくいのですが、ここで、あえて、○を書いてほしいと言って直線の動きをしてみたり、×を書いてほしいと言って曲線の動きをしてみると、動きにくい感じがします。

それは、お願いした○と×にちゃんと一致するように手を動かした時、本人もそのように動かそうとしたのに対して、お願いしたのと異なる動きをしているから互いの動きがぶつかりあってしまうからです。
このかすかな動きを読みとるとなるとなかなかむずかしいかもしれませんが、それでも、ペンの抵抗などをうまく調整しているとみなさん少しずつ動き出したのです。
そして、何と言っても感動したのは、その場で何とかご家族の方もこの援助ができたということです。
あまり比較したくないのですが、中途障害と呼ばれる方々のほうが、家族がその場でできる割合がとても高いというのが印象です。
その理由として考えられるのは、長年にわたって文字を書いた経験が体の細部に宿っているということです。

物心がついたころから練習してきて、無意識にすらすら書けるようになった方と、イメージの中であるいはかすかな動きを独力で繰り返し練習してきた幼い頃からの障害のある方とは、実際の練習量がちがうのだと思います。
(ただ、誤解していただきたくないのは、幼い頃からの障害のある方は、練習の量が違うだけで、慣れた援助さえあれば、すぐその場で書けるということと、実際にペンを持つことなく、そこまで独自に学んできた熱い思いのことをけっして私たちは忘れるべきではないということです。)

ところで、長い時間をかけて筆談の練習の方法を考えて来られた当事者である里見英則さんは、○×の次に、数字がいいとおっしゃっています。
ひらがなよりも数が少ないのと形がシンプルだからですが、実際に、みなさん、すぐに数字もできました。
数字ができれば、いろいろなことを聞くことができます。
3つの選択肢のうちの何番かとか、今日の調子を5段階で表せば何段階目かなどです。
そして、数字ができれば、ひらがなはすぐそこです。

まず、こちらで決めた任意の言葉を書いてほしいと頼んで書いてもらえば、添えた手がその文字のように動くのをわかると思います。
本当はもっと長く延ばすべきところが短く終わったとしても、そこにはまちがいないくその文字を書こうとする意志が介在しますし、長く延びてしまってもそれは、止められなかったからだとすぐにわかります。
確かに、いきなり気持ちを聞いたりすると、まだ、いったい何という字を書こうとするのかわからなかったりもします。
しかし、よくよく軌跡をたどってみれば何かの文字であることがわかることもしばしばです。
こういうことが、その日のうちに起こるのです。
確かにご家族がお一人でやっても、なかなかうまくいかないかもしれませんが、そういう可能性があることを今、強く訴えていかなくてはいかないと思っています。



(山元加津子のコメント)
ああ、なんてすごいことでしょう。
本当にこれはすごいすごいことだなあと思います。
1月に柴田先生が宮ぷーの病室にきて下さったときに、柴田先生の方法の練習をしました。
このとき、チーム宮ぷーのみんなが一緒でした。
私を含めて5人がいて、そして、私以外の4人は、柴田先生の方法が、そのとき、少しできたのです。
とくにかおりちゃんはすごくその感覚がつかめたようでした。
ところがそんなふうにできる人がいる一方、私のように、それではまったくわからない人もいます。
いえ、どちらかというとこの方法では、全くできない人が多いかもしれないです。

でも、私は柴田先生も書いておられるように、子どもさんの手をとって一緒に書いて気持ちを伝えあうと言うことはこれまで何度か経験がありました。
この方法の方が、わかる方が多いかもしれません。
ということは、ご家族がその方法をとれる方が多いということになります。
華子ちゃんの息子さんのまーくん(映画にも出ておられます)もそして、たけちゃんも、それから、メルマガを読んでくださっているお友達が何人も、この方法で、ご家族と少しずつ気持ちの伝えあいができるようになっておられるのです。
みんな思いがあるんだという大前提があって、あきらめなかったら、きっと思いは伝えあえる。
私はずっとそう信じています。
・・・・・・

そのあとも、どんどん筆談ができる方が増えています。
先日のRくんも、その後も筆談を続けておられるそうです。
うれしいなあと思います。

私は、またしても、学校の行事(運動会)と重なって、出かけることはかなわないのですが、素晴らしい機会だと思うので、ぜひお出かけいただけたらと思います。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~




ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-16 12:11 | 白雪姫プロジェクト | Comments(0)

1,2月の冬は、
羊毛でミニミニシリーズをちくちく制作していました。


ことりのかあさん。
巣の直径は3cm・・・。風が吹くとふわっとひっくり返る(笑)
e0303355_11211317.jpg


e0303355_11261531.jpg



ちまちまとしていて、自分でもおかしかった・・・(^m^)


ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-13 11:38 | 手芸 | Comments(4)


先日、「ひまわりのたね」のあかねちゃんが
岩波書店の岩波の子どもの本
「まりーちゃんとひつじ」という絵本をプレゼントしてくれました。
e0303355_14262040.jpg

わたし達が生まれるずっと前に描かれた絵本。

懐かしい感じの色と線。
とてもいい味出してる。
折り紙のような懐かしい香りのするこの絵本、だいすき!

作者は、
南フランス生まれのフランソワーズ・セニョボス(1897-1961)


羊の名前は、「ぱたぽん」。

かわいいので、ぱたぽんのガマ口を作ってみた♪
あはは。ぱたぽんの足が太くなっちゃったよ。
e0303355_14282376.jpg

e0303355_14301065.jpg



ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-06 14:42 | 手芸 | Comments(7)

《痛み対策 靴とインソール》


立っていると足が痛くなります。
足の裏を床に着けるのが辛い時もあります。

腰が悪いので、足の方にも影響が出ているようです。
あるいはその逆かもしれません。

体重のかけ方や、歩き方も気を付けなければならない
大事なことですね。

「足の指で地面をつかむように」するのがコツとか。
草履や下駄を履くのが良いようですね。
下駄の鼻緒をギュッと掴むようにして歩くのが、とても良いのだと
教えてもらいました。

わたしは、外側(小指側)に体重をかけてしまう癖があるので、
注意しないと、ついうっかりO脚な?歩き方になっています。


そして、靴選びには慎重です。
かわいいから、かっこいいから、と 見た目だけでは選べません。

e0303355_1443217.jpg


そこで、ようやく落ち着き、
買い換えながら永く履いているのは、
・ニューバランスのトレイル系ランニングシューズと、
マラソン用のスニーカー。
ランニングもトレッキングもしませんが・・・(^_^;)
「かかとのクッションは厚みがあり、安定感もバッチリです。」と
説明書きにあるように、なるほど、わたしにはバッチリ!でした。

・雨の日用には、リーボックの『Reebok  RAINWALKER 』シリーズです。



店員さんに相談し、中敷きも薦められて
IMPLUS(インプラス)の コンフォート・インソールと、
パフォーマンス・インソールを使ってみると、これまた良かった!
e0303355_1444125.jpg


大きなスポーツショップで売っています。
これも、くたびれては買い換えて愛用しています。
年々進化している気がします(*^_^*)


今日もわたしの足をサポートしてくれています。
ありがとう。。。*

歩き方など、自分でも気を付けなきゃ。。。

お家の中では、布草履などが良いのかな。


ありがとうございます(*´∀`*)



     Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-04 14:57 | 痛み対策 | Comments(0)

庭のお花たち


4月の庭は、ムスカリやパンジーの紫で満開でした。

そして、5月、6月の今の庭は、色んなピンクでいっぱいです。

e0303355_1311148.jpg


e0303355_13121475.jpg


e0303355_13135368.jpg


月見草の中にかくれているつもりかな?
e0303355_13151631.jpg

e0303355_13161247.jpg
そして、日々成長している!


ありがとうございます(*´∀`*)



  Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて
作品を販売しております。よろしくお願いします。
 http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-06-03 13:17 | 自然 | Comments(2)