ミラクルひまわり☆

あかねちゃんのひまわり
e0303355_1045946.jpg


畑の子は大きくて直径30cm!
畑の隣の元畑の空き地に植えた子は、大きさ色々に育ちました(笑)
最小の直径は5cmなどと小さくてかわいいです。

そして、1本立て子がほとんどの中、
なんと9つも花を付けた子もいたのです!!
e0303355_10322924.jpg



面白い、ほんとうに色々でおもしろい!

あかねちゃんに報告メールをすると、お返事メールをもらいました。

あかねちゃんからのメール
・・・☆・・・
ようこちゃん、ミラクルなひまわりを、
咲かせてくれて、ありがとう!!1つのひまわりに、
小さな子供みたいに、いっぱい、花をつけるのは、
ミラクルひまわりって、言っているんだ。
そしてね。そのひまわり を咲かせると、幸せになるって、
言われてるんだよ。あかねは、3つついたものが、最高、
ようこちゃん、すごいね。みんな、にんげんも、いろいろで、
違っているけれど、ひまわりも、みんな違っているから、
素敵なんだね。今、品種改良で、小さなひまわりが、
好まれています。でも、昔ながらの大きな品種が、無くて、
それで、みつけたのが、この、ロシアひまわりなのです。
大きいものだと、3メートルにも、なります。我が家は、今年は、
みんな、2メートルくらいになりました。
ありがとう。ようこちゃん。
・・・☆・・・


みんなのお家のひまわりも、
元気にいろいろに育っていることと思います♪

 



ありがとうございます(*´∀`*)

  Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-29 10:45 | 自然 | Comments(0)

先月、坂本美雨ちゃんがベストアルバム
   「miusic ~The best of 1997-2012~」をリリースしました♪
e0303355_1155564.jpg


大の猫好きの美雨ちゃんは、保護猫の「さばみ」と暮らしている。

今回のアルバム写真は、その さばみさんに抱かれていて、
幸せそう。。(^m^)


美雨ちゃんは、パパが坂本龍一さん、ママが矢野顕子さん。
声が矢野さんに似て透明感があって、とても心地良い☆

「ネバー・エンディング・ストーリー」や、
大貫妙子さんが日本語詩を付けた「彼と彼女のソネット(’86年)
も入っています♪


このアルバムを聴きながら作った「いちじくコインケース」は、
こんな感じに仕上がりました。
e0303355_1151173.jpg

e0303355_1154417.jpg




ありがとうございます(*´∀`*)
  
  

    Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植物状態からの回復方法
「白雪姫プロジェクト」を応援しています。
 http://shirayukihime-project.net/ 

・・・・・・・・・・
ネットのお店「creema」にて作品を販売しております。
よろしくお願いします (*´∀`)
http://www.creema.jp/creator/16988  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-28 11:24 | 手芸 | Comments(2)

畑のみるひー^^;


みるひーも、間もなく6歳のお誕生日を迎えます。

畑に連れて行くと、飽きてしまって、
おとなしく待っていられなかったのに、
4歳くらいのころから、
落ち着いて待っていてくれるようになりました(*´∀`*)


こちら、2年前の旧畑。


あれ、みるひー居る? 
なんだか大人しいわね・・・。
e0303355_1247354.jpg

いるいる。
お利口だねぇ。。。 (*´∀`)


・・・!
あっ!勝手にきゅうり食べてる!!
e0303355_1248655.jpg



それ以来 覚えてしまったきゅうりの味。

でも、この前、代理の獣医さんに、
血液をアルカリにしない方がいいです(?)、体重コントロールの為に
お野菜はあげない方がいいです、というようなことを言われました。

人とは違うのね。 
先生、早く言ってくださいよ。(代理なので言いようもないけれど・・)
体重コントロールの為に、キャベツやブロッコリーあげてますって
前から言ってあるのになぁ・・・。
茹でているけど・・・。

みるひー、りんごが大好きだよー!
もう食べちゃだめだって!ガーンだね・・(;_;)/~~~   



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-27 13:02 | | Comments(2)

ご飯のお共に三五八☆

両親の故郷の山形県で食される三五八(さごはち)が
大好きです。
e0303355_11582767.jpg


麹(こうじ)は、
『麹菌が作り出す天然で、吸収の良いビタミン、アミノ酸類が
おおく含まれる』など、
体に良いことはもちろんの事、

麹の甘み、うまみがあり、酸っぱさのない
このお漬物が大好きなのです!

・・・☆・・・

三五八(さごはち)とは?

原料である塩(三)・こうじ(五)・米(八)のそれぞれの配合を
そのまま名前にした、糀(こうじ)漬けの漬け床です。
糀(こうじ)が生み出す自然の甘味で、野菜をはじめ、お肉や魚介など、漬ければ何でも美味しくなり、ご飯がとまらなくなってしまう魔法のような万能漬け床なのです。

しかも、糠(ぬか)を使用しないので、匂いがやさしく、糠(ぬか)漬けのように毎日かき混ぜる手間もありません。
初めての方でも驚くほどにカンタンに糀(こうじ)漬けを作ることが
できます。
面倒な野菜の下処理(塩もみ、塩漬け等)も必要ありません!

(説明の貼り付け元:http://www.otamaya.com/product/358/358.html

・・・☆・・・


e0303355_11581437.jpg

【三五八漬け床の作り方】(わたしの場合)

材料
 ①米 ・・・4カップ
 ②米麹・・・2.5カップ
 ③食塩・・・1カップ

作り方
 ①お米はといで、一晩水に漬けてから、ザルに上げ
   水切りをする。
 
 ②炊飯器でご飯に炊き上げ、火を止め20分程蒸らす。
  まだ熱い(70度くらい)うちに、分量の米麹を
  良くほぐしながら混ぜ合わせる。
  混ぜているうちに、だんだん糊が切れてサラサラした
  甘酒のように柔らかくなってくる。
  これを、まだ少し熱い(40度くらい)うちに表面を平らにし、
  40度に保温する。
  
    
   保温方法:
    炊飯器を保温状態にしたまま 蓋を開けておく。
    アルミホイルで軽くふたをし、さらに布きんなどで覆う。

     
   保温時間: 5~6時間おく
    この間に麹が働いて、硬めの甘酒が出来るので、
    30度くらいに冷まして一晩放置し、
    分量の食塩を入れる。
    これをカメなどに保存し(わたしは、写真の小さめの鍋に
    入れて保存します。金属で無い方が良いと思います。)
    蓋の上からビニール等で覆い、
    涼しい所に置いておく。
    
    10日ほどで漬け床が完成します!


【材料の漬け方】
キュウリ、ナス、カブ、人参など、適当なサイズに切り、
野菜の半分位の量の「三五八床」をかけて混ぜ、
2~3時間、又は1~2日ほどで食せます。

魚やお肉なども、食塩をふって軽く血抜きをした後、
ひたひたの三五八床に2,3日漬けてから、
焦げないように焼いて食べます。

・・・・・・・・・・


漬ける量や、時間は気楽に適当で大丈夫です♪

三五八漬け床を作る時、
硬めのとても甘~い甘酒が出来ますが、食塩を入れる前に、
少し取っておいて、少しずつおやつに食べています♪
夏バテ予防ですね。

おいしいはうれしい!


ありがとうございます(*´∀`*)

   Cherry Creek・手芸部☆ようこ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-20 12:09 | 食べもの | Comments(0)

少し前の内容になりますが、
7月9日のかっこちゃんのメルマガ
「13193 願い続ければ、いつかきっと・・・」を紹介させて
もらいますね。

____________________________


第1433号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと 

                 2013年7月9日現在 参加者人数6366人

 「7/9 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


病院のおかあさんのところに行くと、お父さんが、元気がありませんでした。お母さ
んの尿管がまたついていたから。「残尿がきっとおおいんやな。まだ説明は聞いてい
ないけど」お母さんもきっとどんなにがっかりされただろうと思いました。でも、ま
た体を起こしてリハビリをしていたらきっと取れるよ。そう言いながら帰ってきまし
た。でもやっぱりお父さんとお母さんのお気持ちを思って、帰り路涙が出ました。

宮ぷーが倒れて最初の七夕の頃の日記です。
・・・・・
2009/7/7
昨日、うれしかったなあ。
私はいつもいつも本当にわがままだから、宮ぷーに前もいつもお願い事をしていた
よ。そして、宮ぷーは必ず必ず、それをきいてくれてた。それは今も変わらないね。
昨日は宮ぷーに、笑って、笑ってって頼んだんだよね。

宮ぷーはまだ、表情をつくれない。嫌なときには眉毛の間をよせる。だから、わかる
けど、涙もぽろりとこぼすことはあっても、わんわん泣いたりはしないし、笑ったり
することもまだできない。
でも、私、笑っていてほしいの。笑顔を見たいもの。
宮ぷーはそれに、きっと笑える気持ちになんてなれないと思う。それなのに、宮ぷー
に、私、「笑って、笑って」って頼んだよ。
そうしたら、宮ぷーの口がピクピクして、そして、一生懸命口の端っこをあげようと
してくれているのがわかった。何度も口の端っこをあげてくれたのがわかった。
ああ、宮ぷー、笑おうとしてくれているんだね。こんなわがままなお願いも聞いてく
れるんだねって、涙がボロボロこぼれたよ。そしてね、絶対に宮ぷーはまた笑ってく
れるよと思った。心から笑ってくれるよと思った。

今朝ね、いつものように、妹さんに読んでもらいたいから、メールをしたよ。
「宮ぷーへ 昨日、私が、ねえ、笑って、笑ってとお願いしたときに、宮ぷーが口を
ピクピクってして、そして口の端っこを何度もあげてくれたときに、すごくうれしく
て涙がぽろぽろこぼれました。いつか、また宮ぷーの笑顔がみれると確信したよ。本
当にありがとう。どうぞお昼にも起きていてね。そして、つばも意識して飲み込んで
ほしいの。夜、とても上手に何度も飲み込んでくれていてうれしかった。細菌が繁殖
しやすくなるし、それに、宮ぷーはぜったいに口からもごはんを食べられるようにな
る。ニトさんが、そう言っていたもの。気管切開を閉じるためには、唾液を飲んで細
菌を減らして痰を減らす必要があるし、そして、ごはんを食べるためにも、絶対にそ
うしなくちゃいけない。どうぞ唾液を何度も飲んでね。今日は七夕。夜には一緒に
いっぱいお願い事をしちゃおうね」

本当は昨日も、その話をしたんだよね。
昨日は少し早く行ったので、ちょうどリハビリの先生が宮ぷーのところにいらっ
しゃったね。先生が、私におっしゃったよ。「お願いがあります。宮田さんはストレ
スをいっぱい感じているようなので、低周波の機械を少しお休みするか、力を弱める
か、回数を減らすかしてもらえませんか?このごろは疲れてしまって、起きておられ
ないようなので」とおっしゃったよ。私は、どうしようと思った。毎日、低周波治療
装置を使うことをとても心のよりどころに、私たちがしているようなところがあった
から。でも、疲れて、何もリハビリでできないのはいけないよ。

先生が帰られたあと、「今日は妹さんが、午前中にしかいられないから、低周波治療
装置をかけてねって言ってたけど、やめとこうか?」と私が言った。
でも、宮ぷーは返事をしない。「したいの?」と聞くと、宮ぷーが返事をした。もし
かしたら、低周波治療装置をかけると、脳の中に何か変化があるのを宮ぷーは感じて
いるのかもしれないと私は思ったよ。
宮ぷーがしたいことをしない方が、ストレスがかかるのかなと思って、結局低周波治
療装置をかけました。妹さんにそのことを電話で話したら、「お兄ちゃんはしたいと
思うよ。昨日はお風呂もあったから、結局足しかできていなかったし、お兄ちゃんは
そのこともわかってるから。だったら、少し軽くかけて、夜にしっかり強くかけても
らうことにしよう」妹さんがそう言ったよ。

 何か気になっていることはある?宮ぷーに聞いた。でも、宮ぷーがおしゃべりをま
だしてくれるわけじゃないからわからない。
 それで、いろいろと考えたよ、そうだ、せいらにもらった北海道のおみやげを私、
まだ宮ぷーに渡していなかったねとそう言って、目の前で二人のおみやげを見せた
よ。ガラスの玉のストラップ。釧路で買ったって言ってたんだったかなあ。私のはピ
ンク、宮ぷーのはブル-。どこにつけようか?と聞いたよ。
ベッドにぶらさげる? 携帯に付ける? DoCoMoのにする?ソフトバンクにする?
宮ぷーはDoCoMoの携帯に付けると言った。こうして、少しずつだけど、
お話しができるのはとってもうれしい。本当にうれしい。うれしいことだね。


7/8
「痰が多くてすごく苦しそうだった」妹さんの電話で聞いていたので、苦しいのだろ
うかとすごく心配だった。痰がすぐにつまってしまうからカニューレのふたはしてい
ないんですと看護婦さんが教えてくれた。
 昨日から気になっていた手の内側からの湿疹?が広がっていた。足にもおなかにも
そのむらむらのような赤い湿疹があって、看護婦さんにお話をする。明日、先生にみ
てもらってくださるとのこと。

 痰がでるように胸をタッピングして、体も起こした。「痰は悪いものを出してくれ
る、ありがとうだよね」とまた言い続けて、痰出て、痰出てというと、とても上手に
出してくれた。体が咳で起き上がる。足もくの字になる。痰でカニューレが詰まるの
で、あわててカニューレを抜いて洗って、またもどす。
でも、痰が出れば楽そうになる。それでも、私はやっぱりそんな宮ぷーが心配で。頭
を抱きながら、「どんなにつらくても、生きていてね、死なないでね。生きていて」
そう言ったとたん、目をぎゅっと宮ぷーが閉じて、そうするよと返事をしてくれた。

ねえ、今日は七夕だよと今日学校であったことを話した。
みさきちゃんが言いました。
「かっこちゃん、七夕ですね」「何お願いします?」みさきちゃんはなぜかとても改
まったお話の仕方をする。
「私?私は友達のこと」
みさきちゃんが、うーんと黙った。
「たった一つしか祈れないんですよ。友達のことに使っていいのですか?」
「うん、いいの、だって、私もそれが一番の願いだもの」

そしたらみさきちゃんが言うのだ。
「じゃあ、私もかっこちゃんと同じことにします」「どうして?みさきちゃんの思っ
ていることをお願いしたらいいのに」
「だって、かっこちゃんもお友達のことをお願いする。だから、すごく重要なお願い
に決まってる。だから、私もかっこちゃんと同じことがうまくいくようにお願いしま
す、絶対にそうします」
いいはるように、私の腕をつかんでみさきちゃんが言った。
胸がいっぱいになったよ。
たったひとつしか願うことができないとみさきちゃんは言っていたのに、自分のお願
いを私と同じお願いにしてくれる。

ああ、みんな優しいなあ。すごく幸せな気持ちだ。
それからみさきちゃんのそのお願いのことを言った。
「お友達は障害を持ったのですね。どの人くらいの障害ですか?誰と同じくらい?」
うーん、そうね、誰かと比べることなんてできないけれど、もしかしたら、気がつい
たら、この学校の誰よりも大きな障害かもしれない。
口からごはんを食べておられない生徒さんもいないし、笑うことがむずかしい生徒さ
んもおられません。おしっこの管をつかっている生徒さんもおられない。
そんなふうに思うと、宮ぷーは今も生きるところのぎりぎりのところで生きていると
いえるのかもしれない。
みさきちゃん、やっぱり比べることはできないよ。誰もがその人だもの。
私はなんだかよくわからないことを言ったよ。そして、みさきちゃんがお願いしてく
れたことがとてもうれしかったよ。

ねえ、宮ぷー、だけどよくなるよ。きっとどんどんよくなるよ。今日はね、右手の人
差指と親指を動かしてわっかをつくってくれたと妹さんが話してくれたよ。リハビリ
の先生の言葉に「わあ、残念、見のがした」と言ったら、宮ぷーがまたしてくれたっ
て。「昨日のスイッチのおかげかな」って言ってたんだってね。
いっこちゃんのスイッチ、おとといは入れることができたものね。でも、気がついた
ら線がとれて壊れていたから、昨日、いっこちゃんになおしてと送ったんだよ。いっ
こちゃんは代わりのをすぐに作って送ってくれたそうだから、今日はもう届いている
かもしれないね。

頭を何度もなぜて、今日も何度も、顔をくっつけて、いろんな話をする。
「ねえ、いつのころから、意識はあったのだろう? 前の病院のことは覚えてる?」
宮ぷーが目をぎゅっとつぶった。その頃は意識がないといわれていたんだ。
「意識があるよ。わかっているよと伝える方法がわからなかっただけ? ずっと言い
たかったのに、方法がなかったの?」宮ぷーは何度もそうだと目をぎゅっとしたよ。
意識がない、植物状態といわれている人の多くが、きっとそうなんだよね。周りの人
に、愛する人に、なんとか伝えたいと思っていても、その方法が見つけられないのか
もしれない。「宮ぷー、私たちがずっと話しかけていたことも聞いていてくれたんだ
ね」そうだよと宮ぷーが言ったよ。くわしいことはわからない。お話をしてくれるよ
うになったら、きっと伝えてくれると思う。
たとえば、眠っているように見えているあいだを覚えておられない人がいても、で
も、その瞬間、その瞬間、きっと心はここにあるのだろう。
宮ぷーはそのことも伝えていってね。
・・・・・

まだまだ、そばにいた私も、宮ぷーは命ぎりぎりのところで、頑張って生きているん
だと思っていたころだと思います。今も、宮ぷーは気をつけなくてはならないことが
いっぱいあるけれど、でも、それからずいぶんできることが増えました。当時は想い
を目をぎゅっとつぶることでしか伝えられなかったけれど、今はレッツチャットで
も、あかさたなスキャンでも、そしてときには、話し言葉でも伝えられます。まだま
だ何を言っているのかわかってあげられないけれど、いつかしっかりお話しが出来る
日が来るよ。この日記でできなかったことが、できているように。おしっこの管も取
れたね。だからね。病院のおかあさんもきっとその日が来るよ。今がそのときじゃな
いだけ。私はいつもいつもそう考え続けてきました。今がそのときじゃないだけ。必
ず出来る日が来るよと。本当にそう思っています。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
◎宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001012961/index.html






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-18 16:58 | 白雪姫プロジェクト | Comments(0)

月を意識する日々☆


月を意識して生活してみるといいかなと思って、
昨年に続いて、今年も月のカレンダーを買いました。

e0303355_14344345.jpg



昨晩、雲間からうっすらと笠をかぶったが半月が見えました。
カレンダーを見ると、ぴったり半月、上弦の月。

今月の満月は23日。大暑の日です。

先月、大工さん達がカブトムシの話をしていました。
「カブトムシ、もう出てますか?」
「出てるよ。満月のときに出てくるよ。」

月の光に反応して孵化するというようなことを言っていた気がします。

そうなんだ!
自然てやっぱり凄いね。



ありがとうございます(´∀`)

  Cherry Creek・手芸部☆ようこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-17 14:40 | 自然 | Comments(0)

ちくちく手芸部の日々☆

コインケースが9つ出来上がったので、
先週、ネットのお店creemaさんに出品の依頼をしました。

http://www.creema.jp/creator/16988

e0303355_14242071.jpg


現在、creemaさんに出品の作品が混み合っているようで、
アップして下さるのに ひと月ほどかかるそうです。

8月の初めころにはネットのお店に新作が並ぶと思います。

また、よろしくお願いいたします。




そして、今取りかかっているのは、
シャボン玉のようなふわふわ・きらきらしたイメージの中にいる
いちじくちゃんのコインケース♪
e0303355_142846.jpg


かっこちゃんとの共作であるいちじくコインケース。

どういう形でするか まだわかりませんが、
皆さんに買っていただいた売り上げの一部を、
白雪姫プロジェクトの応援のために寄付させて頂こうと思っています。



それから、
作品作りが行き詰った時に触りたくなるフェルトで、
カラフルにバラをちくちく・・♪
e0303355_14293169.jpg



ちょっと、オーバーワークで腕・肩・首が痛む日々でしたが、
それも経験。

かつて、寝たきりを経験したわたしが、
今、出来る事が嬉しいからしてしまう。
だから、失敗も経験。


この前、たけちゃんが、「たいへんも いいよ」という言葉を
ノートに書いていました。
わぁ~、小学生のたけちゃん、なんてすばらしいのでしょう。。
名言です!

わたしも、
たいへんはいいよ~!と言えるようになりたいです!  (*´∀`*)


ありがとうございます。

   Cherry Creek ・手芸部☆ようこ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-10 14:50 | 手芸 | Comments(2)

畑に蒔いた、あかねちゃんのひまわりが咲き始めました!

こちらは、畑のわきの使われていない畑に、おばさんたちと
お花を植えさせてもらっています。
e0303355_10531878.jpg

同じ時期に蒔いたのに、大きい子、小さい子、細い子、太い子。
みんな個性があって、なんだかわたし達みたいね (*´∀`)

ひまわりの後ろは葛の葉。
どんどんツルが伸びてきて、あっという間にひまわりに巻き付いているのを、くるくるとほどいているわたしです(笑)


畑の3つ子は、とても丈夫そう!
e0303355_1055721.jpg



2,3週間前には、畑には3cmくらいのちっちゃいクワガタや、
庭にもトンボが姿を見せてくれました。
孵化して間もないのか、じっとしていました。
e0303355_1058781.jpg

e0303355_10575762.jpg



ありがとうございます(*´∀`*)
  Cherry Creek・手芸部☆ようこ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-07-08 11:10 | | Comments(0)