がまぐちを鹿児島へ☆

ちくちく手芸部の鹿児島支店長さんの章子ちゃん(ひろと君のお母さん)
春からゆっくりゆっくり作りためていた
がまぐち11作品を無事に届けることが出来ました(´∀`*)

忙しい中、どうもありがとうございます。

鹿児島のみなさま、またよろしくお願いします(*^-^*)



大翔くんがコンピューターで描いた「かえろう」、「つき」3つ
e0303355_10383521.jpg

・・・・・・
米盛大翔くん 鹿児島県 16歳
★http://shugeibu45.exblog.jp/22194273/
★http://shugeibu45.exblog.jp/21572845/
・・・・・・


e0303355_1038447.jpg





ありがとうございます。

 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2014-10-21 10:36 | 手芸 | Comments(0)

8月のひと月の間 腰、股関節、足にかけて激痛の日々が続いて、

血液、レントゲン検査では異常なしで、

ほとほと疲れ、もう無理かも・・・って思う中、

昔、自然療法で一生懸命にしていたことを思い出して、
もう一度してみようと思いました。

生姜湿布。こんにゃく湿布。

① こんにゃくを4枚(腎臓、肝臓、お腹の分)10分間茹でる。
② ひね生姜をすってお湯の中で絞り、タオルを絞る。

③ 火傷しないほどよく感じるようにこんにゃくをタオルに包んで、肝臓、腎臓に当てること30~40分。

今はこんにゃくの代わりに電気の温熱パットがあるので楽ですが、
やっぱりこんにゃくの気持ち良さにはかなわない気がします。

冷え切っている足も温まって
気持ちよくて、いつも眠ってしまいます。

④ 仕上げに、温めた個所を冷たいタオルでさっとひと拭きし(おそらく、温めた個所の毛穴をキュッと閉め、熱を逃がさないようにするためと思われます。)

⑤ 最後に、脾臓を氷水で絞ったタオルで10分間冷やすこと。これは忘れてはならないポイントだそうです。

他に痛む箇所があれば、
腎・肝・膵臓の基本の手当ての後にこんにゃく、又は生姜湿布をする。

詳しくは東城百合子著「家庭でできる自然療法」(あなたと健康社)をご覧ください。

e0303355_1152272.jpg



この本、面白いよね!という感覚の友達が時々周りにいて、
話が盛り上がります(´∀`)



こんにゃく・生姜湿布をし続けて、効果はありました。

始めて間もなく、9月はひと月ぶりに激痛がなく、
一日を心穏やかに過ごすことが出来て
心底ほっとしました。

激痛がない状態って、
こんなにも、こんなにも有難いことなんだ・・・と
改めて気づかされます。



「自然に沿った生き方をする」
東城さんの本には繰り返しそのことが書かれています。



十数年ぶりに肝臓、腎臓の手当てをし始めましたが、
始めたころ、眠る前に腎臓さんの存在をとても感じました。

腰の痛い方の背中がとても張っていて、
冷たく感じて、眠れません。

「冷えて疲れています。いっぱいいっぱいで、解毒しきれません。」
そんな声を聞いた気がしました。

手軽にアイロンで温めて手当てしました。
アイロン温熱療法 http://shugeibu45.exblog.jp/19506940/



時々、生姜湿布の後に里芋湿布を貼ると良いようです。
悪いものを吸い取ってくれるそうで、効果を感じています。

生姜は痛みの原因となる悪いものを浮き上がらせて、
里芋はそれらを吸い取ってくれるというイメージ。

翌朝、薬臭いおしっこが出て、
大変だけどやってよかったぁ~♪と思います。


自然、万歳!



ありがとうございます。 

  Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2014-10-19 12:00 | 痛み対策 | Comments(2)


なんでも手作りが大好きで、
環境や体に優しい生活を実践しているなっちゃんは
予備校時代の友達で
福祉の仕事をしてる時に
鎌倉の隣の海辺の町で暮らしていた。

わたしは神奈川県の病院に通院するために
数か月間なっちゃんのアパートに居候させてもらっていた。


その頃のわたしは長く起きていることがまだ出来ずにいて、
少し動いては疲れて横になって休んでいた。

その日も疲れてきて、
「ちょっと寝るね。」と布団に入ったが
足が冷えて、氷のように冷たいので眠れる気配は一向にない。

なっちゃんは「それじゃあ先に食べているね。」と言って
遅いお昼ご飯を一人で食べ始めた。

玄米ご飯と根菜のお味噌汁。

いい香りだなぁ・・・。

そろそろと起きだして「やっぱりわたしも食べる。」と
なっちゃんの作ってくれたお味噌汁をふーふーしながらいただく。

あらびっくり!!

「足がポカポカになったよ!
なっちゃん、このお味噌汁すごいよ!!」

すごいね、嬉しいねと二人で大喜びしたんだよね。

そして、毎日毎日これを作って食べていた。

e0303355_14404121.jpg



「今日は何食べたい?」と聞かれると

「根菜のお味噌汁!」と決まって答え続けた。


わたしの知る限り、一番体が温まる食べ物だと思っている。

身体が冷えているなと感じると、
今も飽きることなくやっぱりこれが食べたいと思う。


あなどることなかれ、恐るべし根菜とお味噌の力。

『お味噌は天才』というあのコマーシャルのキャッチフレーズは
本当の事だったのだなと思った。


       *
作り方

①ごぼう、玉ねぎ、ネギ、人参、大根、レンコンなどを適当に5mmの厚さイチョウ切などに切る。
②切った野菜をごぼうから順番にごま油で弱火でじっくりと炒める。
③ひたひたの水を加え、約10分煮る。
 更に水を加えて煮る。火を止めてお好みの味噌を加えて出来上がり。
 好みで練りごまを加えていただく。

 酒粕、きのこ、豆腐、油揚げなどを入れても体が温まりおいしい。

 すべて適当で大丈夫なのです。

       *


わたしにとっては命のスープ。

だしを入れないのに、野菜の甘みを引き出して
こんなにおいしく出来るなんて、感動と驚き。


毎日いただく食べ物が大切で、
しかも素材を活かして美味しくいただくことを
教えてもらえたあの数か月間は楽しかったな。

自分の畑で採れたものを調理していただく、
それが自然な生活に憧れます。



塩クッキーを教えてくれたのもなっちゃんです。
http://shugeibu45.exblog.jp/20950393/




ありがとうございます。

Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2014-10-07 14:43 | 食べもの | Comments(0)

ちまちまとお裁縫をして、
パンダのミニミニワッペンが出来ました♪

e0303355_14395833.jpg


小さすぎて笑えます。

どんなに小さなハギレも
捨てずにとっておいてよかったです(´∀`*)


元特別支援学校教諭で作家のかっこちゃんこと山元加津子さんとのコラボ作品を作らせていただいているお礼の気持ちでとして、
「かっこちゃんと遊んで学ぼうin岐阜羽島」(10月4日、5日)の
チャリティに少しだけですが出させていただきました。
よろしくお願いします。

(ブログの調子が悪くて、これをアップできたのはイベント当日ですので、申し込みは終了させていただいております。ごめんなさい。)


☆山元加津子さん(かっこちゃん)について
ブログ「いちじくりん」 http://itijikurin.blog65.fc2.com/


☆かっこちゃんが立ち上げた「白雪姫プロジェクト」(意識障害からの回復を目指し、広げています。)
http://shirayukihime-project.net/
 


☆山元加津子さん(かっこちゃん)講演会予定
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/sakuhinten/sakuhinntenn.htm



           *

☆かっこちゃんとのコラボ作品「いちじくコインケース」を販売しています
ネットのお店Creema
http://www.creema.jp/creator/16988
モナのイラスト、サインはかっこちゃんの直筆です♪



ありがとうございます。

 Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by shugeibu45 | 2014-10-04 14:44 | 手芸 | Comments(0)