痛みの記憶5

ここまで書いてみると、
何と苦しく我慢ばかりしていたのだろうかと思う。

身体は疲れて病む一方で、、
バカみたいではないかと悲しくなってしまう。

けれど、そうなってしまうのが私というひとだった。




実際、私の精神状態はあまりにも良くなかった。
良くない状態は物心つくころからすでにあった。

8歳の時、「空しいから死にたい」と母に言った。

「怖い」「空しい」がとにかくどっかりと心を支配していた。

3,4歳なんて、肉体を持った人生経験がほとんどないのに、
どこからこの思いが生まれたのか、
いつも疑問に思いながら生きてきた。



3年ほど前、再び心が辛くなり過ぎて
心理カウンセリングを受けた。

そこで、これらの「怖い」「空しい」は
「外的自我境界が弱い」と言いますと教えてもらった。

「特に名前を付けたり、気にする必要はないのだけどね。
そう言うのをレッテル貼(ラベル貼だっただろうか?)と
言うんだよ。」とカウンセラーは付け加えた。

だけど、学校生活は大変だったでしょう、と。

はい、とても大変でした。

とにかく、人の目や思いがたくさん気になり過ぎて、
へとへとになってしまうのだ。




幼いころ、異常に人見知りで、
ニコリともせずに固まったまま、いつも母の後ろに隠れていた。

食欲もあまりなく、
ブランコに乗せても漕ごうともせずに
じーっと座っている娘を、母は不安な思いで育てたことだろう。

幼稚園も小学校も怖くて行きたくない。

無理やりにバスに載せられて、毎日泣きながら通園していた。

初めてピアノのレッスンに行った時に、
一人でひけずに、母の指を一緒に持っていった。

友達と遊ぼうとしないので、母が友達に、
ようこと遊んでくれる?と電話をかけて、
遊びに行く。

けれど私は、わーい!と元気に遊ぶ事はなく
静かに人形で遊ぶ。

本当は、編み機でセーターを編む母の側で
静かに遊んでいる事が好きだった。

友達が多く社交的な母は、子供にもまた同じように
元気にみんなと遊んでほしいと思ったに違いない。




17歳で痛みを発症したころも
学校生活の中で大きな不安と焦りが渦巻いていた。

周りに人たちが、あまりにも元気で意気揚々と
そして、賢く見えた。

よーいドン!で社会という大海に勢いよく泳ぎ出す人たちを横目に
私は、泳げないと駄々をこねて、泳ぎだせないでいる
というイメージが浮かぶ。





e0303355_13112542.jpg


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-24 13:19 | 痛みの記憶(体験記) | Comments(0)


10月16日のイベント「誰とも争わない生き方」は満席で、
とても温かい素敵な会となりました。

ありがとうございました!!


e0303355_13365544.jpg






クッキーや作品を置かせていただきました。
美味しいと言っていただけて嬉しかったです。

e0303355_13201664.jpg



e0303355_13203639.jpg





うさとの素敵な服を着ている方が
ブローチを購入してくださいました。

e0303355_13204243.jpg







秋山さんには、
「好きなことを、楽しんですることだよ。」と
言っていただきました。




出かけたり、イベントの時は、
昔に負傷した右首の痛みがうずき、頭痛になり、気になります。


この日も、後半には痛みが気になり始めていました。




最後に、インディアンフルートのゆうさん演奏がありました。
秋山さんの手作りのライアーも一緒に。

e0303355_13212696.jpg




優しい音色を聴きながら、
ガチガチに固まっている首の痛みの個所に
思いを向けてみたら、
ふわ~っと解放したように一瞬感じました。



いつもこの首の痛みが怖くて恐ろしくて、
心から楽しむことができません。
どこが痛くてもつらいですが、
頭の付近の痛みは特に怖いのです。


「とにかくリラックスすることだよ」と
秋山さんに帰るころにも言っていただきました。


はい、
ゆったりゆったり、
リラックス・・・*



e0303355_13251052.jpg




素敵な会に参加できて嬉しかったです。

ありがとうございます。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・









[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-18 13:32 | イベント | Comments(2)

こだわりやで買った広島県産のレモンを使って
レモンクッキーを焼きました。

爽やかでとっても良い香りです。

e0303355_16283080.jpg




明日のイベントにおやつとして注文をいただきました。
「誰とも争わない生き方」秋山佳胤さん&清水浦安さんお話会@カフェアルル
https://www.facebook.com/events/1744453599147210/


少しだけ販売もさせていただきます。


e0303355_12465272.jpg



よろしくお願いいたします(*^-^*)


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-15 16:30 | 食べもの | Comments(0)

陶土のブローチ

陶土のブローチを
シックな色画用紙に並べると
秋冬コレクションみたい♪

e0303355_12295082.jpg



Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-13 12:27 | 陶器風ブローチ | Comments(0)

陶土のブローチ

今までは石塑粘土という石の粉で出来ている粘土で
陶器"風"ブローチを作っていましたが、

低温のオーブンでも焼ける陶土を買ったので、
やっと"陶器ブローチ”を作りました。

土の温かい風合いが好きです。




e0303355_12465987.jpg




e0303355_12470749.jpg





e0303355_12465272.jpg





難点は、作業する時間が限られること。
小さいからすぐに固まります。

半乾きの時に模様を付けないと…(^-^;

一度に少しずつにすればいいのですね。




イベントや喫茶店に置いていただこうと思います(*^-^*)

Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-11 12:52 | 陶器風ブローチ | Comments(0)

石塑粘土のブローチ


先月作った石塑ねんどの陶器風ブローチは
好きな色で塗ったら、春色になりました^^
秋ですが。

e0303355_13524839.jpg








割りばしを削ってスタンプを作り
一つ一つ押したものです。

e0303355_13525774.jpg








知り合いの喫茶店に置いていただきました。
素敵なショーケースの中に並んでいます^^

e0303355_13534193.jpg





e0303355_13534791.jpg





Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-07 13:38 | 陶器風ブローチ | Comments(0)

痛みの記憶4

今から2年前に、京都のホリスティック(全的)な
医療をされているH医師を受診した。

そこで化学物質過敏症になっていることを指摘された。

化学物質である薬を飲んでいる限りは
痛みはなくならない、というのだ。

そういう訳で10年間飲んだ薬を止めることが出来た。

止めた後しばらくは、離脱の症状でとても苦しかったけれど、
その事は本当に良いことだったと思う。

そうすると、痛みを発症した高校生の時に病院に行き
薬を飲んでいなくて良かったという事になるではないか。


昨年にはシックハウスアレルギー科で
化学物質過敏症の診断を受けた。

受診前に20ページくらいもある問診票に記入するのだけれど、
もうそれだけで私は完全に過敏症患者だった。

17歳で発症したけれど、もっと前からあったと思うよ、と言われた。




大学1年の終わり頃のことだっただろうか、
クラスメイトが留学するというので、代わりに
パチンコ屋でドリップコーヒーを売るアルバイトを頼まれた。

そこで大量のタバコ成分を浴びた。

その事を「曝露する」と言うらしい。

美大生はあの時代は、誰も彼もがタバコを吸っていた。
教室もクラブハウスも至るところモクモクだった。

タバコからは逃げようのない環境にいた。

アドバイトで曝露した私は2日目で風邪をひき、
そのまま気管支炎になってしまった。
通院もしたけれど、中々治癒しなかった。

当然アルバイトもすぐに続けることが出来なくなった。




他には、食べても食べても満足感が得られずになっていた。
今思うと過食症のようになっていたと思う。


そして、不眠症にもなり、2日も3日も眠れない日が続いた。


痛みと気管支炎の苦しさ、
ストレス、恐怖、不安感、絶望感などで
自律神経が参って、相当おかしくなっていたと思う。


それらの症状も、最近になって受診した化学物質過敏症の
医師の著書を読むと、みんな当てはまっていた。


あの頃分かっていたら何か手を尽くせただろうか・・・。



痛みの症状で17年が経ち34歳くらいの時に
診断されることになる「線維筋痛症」にしても、
私が発症して10年以上は、日本ではほとんど誰も、
医師さえもまだ認知はしていなかった時代だったと思う。

とても残念なことに、アナウンサーの女性が
生後4ヵ月の赤ちゃんを残して自死してしまうという
悲しいことが起こった。

その方は線維筋痛症と診断されていた。

世間にその病名が知られることになったのは
その時からだと記憶している。


止むことのない痛みと不安、
日ごとに増す痛みと倦怠感は、人を絶望させる。



慢性疼痛の患者さんは、
大抵は慢性疲労症候群やうつ病と言われて
精神科に回されるというパターンだった。



e0303355_10403680.jpg



≪≪痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
≪≪痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
≪≪痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
□痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
≫≫痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
≫≫痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
≫≫痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
≫≫痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-03 10:42 | 痛みの記憶(体験記) | Comments(0)

10月16日(日)町田市小山ヶ丘(京王線多摩境駅近く)にて

調和を軸とした「誰とも争わない生き方」秋山佳胤さん&清水浦安さんお話会@カフェアルルがあります。

お二人を囲んで座談会気軽なお話会。

食、健康、平和、宇宙様々な問題にもお二人が答えてくださるそうです。

詳細
・・・☆・・・

調和を軸とした「誰とも争わない生き方」秋山佳胤さん&清水浦安さんお話会@カフェアルル

調和を軸とした誰とも争わない生き方、共に生きる事の大切さを伝えているお2人の貴重なコラボお話会です。
前回、高尾むみじかで行われた大好評だった秋山先生のお話会から、参加者のご要望により、早くも、清水浦安さんとコラボという、BIGな形で実現致しました。

「人は内なる神を宿した神人である」
自分の中の内なる愛に気付き、
プラーナ“愛のエネルギー”で生きる生き方にシフトしていきませんか?

食、健康、平和、宇宙、さまざまな質問にもお2人が答えてくれます。
お2人を囲んでの座談会のような気軽なお話会です。
...

秋山先生が自らおいしい水で入れてくださる、自家焙煎コーヒーとお茶菓子、国立のドンこと、ジャスミン姐さんの御結びも、ご用意して、お待ちしています。

2016年10月16日(日) 

■場所
ギャラリーカフェ アルル
194-0215 東京都町田市小山ヶ丘3-22-18 マンションホワイトホース1F

アクセス
京王線 多摩境駅 A1出口より多摩境通へ徒歩2分

■参加費
5000円 (飲み物、お茶菓子、おむすび付き)

■時間
13~17時(出入り自由)

■申し込み
TEL 090-1205-5678 (内田)



[PR]
by shugeibu45 | 2016-10-01 14:36 | イベント | Comments(0)