石けんを作りました

妹のアメリカで暮らす同級生が帰国しているので
石けんを作ろうという事になりました。

彼女は手作りが何でも大好きで、
優れもののおじさんのバーム(虫刺されの万能薬)
材料をそろえて手作りしてしまうのです。


e0303355_08190871.jpg






【カレンデュラ石けんの作り方】

①カレンデュラを白ゴマオイルで2週間抽出しておく。
e0303355_13590677.jpg


②カレンデュラの花びらを沸騰した精製水でお茶にして、冷ます。

 やだー!そんなに使うの!と勿体ながる私(~_~;)
 だって、バームやクリームにしたいから~。
 
e0303355_08075674.jpg



③材料の分量を計算する。
e0303355_08084788.jpg

白ゴマ油、オリーブ油、ひまし油、
ココナッツオイル、ひまわり油・・・
こんなに!

劇薬の苛性ソーダも入れて混ぜます。


ビニール手袋、マスク、保護眼鏡と
肌に触れないように、吸い込まないように注意!

私は近寄れませんので、後はお二人にお任せ。




④材料を混ぜ、撹拌する。


混ぜ混ぜ♪
e0303355_08092541.jpg


ここで問題が・・・

手動でひたすら撹拌するも、
一向に固まってくる気配がない。


妹とお友達は
1時間以上もがんばったのですが・・・
無理だと気が付いて、

妹がブレンダーを買いに走る💦




ブーン!と20秒。
はい完成!
えーー!今までの作業は何だったの!?(@ ̄□ ̄@;)!!

e0303355_08100947.jpg


「やっぱりこれじゃないとダメなんだ~。
いつもはブレンダー使ってるんだ~。」とお友達。

えー!早く言いなよ~(苦笑)


これらの道具は、
苛性ソーダが付いてしまっているので、
石けん作り以外には使えないと言うのです。

なんて高価な石けんなんだ!





⑤型に流す。
e0303355_08094450.jpg



e0303355_08095577.jpg


⑥2,3日放置し、固まったら型から外し、切る。

e0303355_08185740.jpg
私は首が痛くて切れないので、
お友達が切りに来ました。

でも遅かったの。
タイミングを逃し、
固くなり過ぎて、切りにくい。


e0303355_08190286.jpg

でも、形は出来た!

ヨモギとカレンデュラの2種。

まだ寝かせて置いて、
使えるのはひと月先ですって。



e0303355_08190871.jpg



🌼滋賀のこんともちゃんの妹さんは
石けん作家さんなので、
苛性ソーダの入手法をお聞きしました。

地元でもよこちゃんも探してくれて、
無事に苛性ソーダが手に入りました!

みなさん、ありがとうございました(*^-^*)


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2017-06-27 09:04 | 手づくり | Comments(0)

カレンデュラバーム

今年もカレンデュラバームを作りました。

畑と庭でカレンデュラ(キンセンカ)を育てました。
400輪くらい咲いてくれたのではないかしら。



e0303355_13584625.jpg



e0303355_13591770.jpg



乾燥させて、
e0303355_13583381.jpg


生の花びらと乾燥させたのを混ぜて
生絞りの白ゴマ油に2週間漬けこみ
抽出しました。
e0303355_13590677.jpg


ミツロウ、シアバターと
カレンデュラオイルを混ぜて、
湯せんにかけて、出来上りました。
e0303355_13593957.jpg



火傷や傷の治癒に効果抜群です。




先日、畑でブヨらしき虫に首を刺されたときには、
まず、ビワの葉エキスで湿布しました。

腫れてかゆみが出てきたので、
鍼の先生に鍼で数か所刺してもらい、
かゆみを起こしているらしきものを絞り出して、
またビワの葉エキスで湿布しました。

これを何度か繰り返し、
2,3日経って腫れやかゆみが落ち着いたころ、
傷を治すのにカレンデュラバームを塗りました。

ひどくならずに治癒できました。


☆これらは私の自己流の治し方なので、
みなさん自己責任で行ってくださいね。



e0303355_13585874.jpg


太陽のようなカレンデュラは
強いパワーを秘めているそうで、
”花を見るだけで風邪が治る”
なんて言われているらしいですね!


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2017-06-24 14:17 | 手づくり | Comments(0)

グランディング

痛かったり、心配になってしまったり、
ドキドキすることが多いです。

そんな時は、
気が頭の方に上がり
ふわふわとしていて、
どっしりと下腹が落ち着いていないようです。

地球から離れて、
不安定になっている感じ。


お友達が貸してくれた
田房永子さんのコミックエッセイに
ああ!わかる!というところが沢山ありました。


e0303355_12325095.jpg



・・・・・

エイコさんは
色々な心の葛藤を抱えています。

痩せたいのに痩せられない、
母や家族との関係、
夫にキレてしまう等々。

克服しようと
色々な療法を試しています。


ヨガ教室では
鏡に映る自分の姿に自信がありません。
周りの目も気になります。

”たくさんの人の中にいるのが辛い。
さみしくてつらい。
何もされてないのに
何だか意地悪されているみたいな気分… ”
となっています。

そこへ、
ヨガの先生が
グランディングへと促します。

両手を伸ばして手を合わせ、
片足はももの内側に付ける
木のポーズを取り、

「足で大地を踏みしめるように
足から根が張って
しっかり立つことをイメージして~」

「高くの伸びた手は
宇宙と繋がって~、
しっかりグランディングできます~。」

「何も考え何で大地と宇宙だけを意識します。」

という言葉に従って
分からないながらも
ポーズをとってみると、


あれ?

エイコさんは一瞬無心になり、
ピタッととまりました。

・・・・・


宇宙と繋がっていることを意識して
ぐるぐる思考が止まり、
下腹に力が入り
静止できたのですね。



この経験は、私にとっては自然の中にいることです。

ドキドキそわそわして落ち着かないとき、
山の畑に行ってみました。


e0303355_13023383.jpg




腐葉土を混ぜて
土を耕して、
種を植えて、
水をまく。

e0303355_13032066.jpg




小さな畑で
この作業をすると
バタバタとしていた心が
とても落ち着きました。

手が荒れても素手が気持ちいい。

グランディングしているんだな。



e0303355_13021529.jpg




晴れている日には
駅に行くのに山道を通りますが、

あまり気の進まないところに
行かなければならない日など、
ああ、ここにいたい!
ここにいた方が元気になれそうって
思ったりします。


自然の中が大好きなんです(*^-^*)

e0303355_13022796.jpg



 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2017-06-15 13:19 | | Comments(0)

キンセンカ(カレンデュラ)は傷を癒す力があると言われていて
クリームにしたものも売られています。

火傷や傷に塗るととても効果がありました。


春に種をまいて花を庭で育てていたので、
バームを作ってみました。


花びらをスウィートアーモンドオイルに漬けて
浸出液(カレンデュラオイル)を作りました。

e0303355_13404464.jpg




元気な太陽の色☆

e0303355_13403370.jpg



カレンデュラオイルとミツロウ、シアバターを
湯せんにかけて混ぜるだけ。


綺麗なオレンジ色のバームが出来上りました。

e0303355_13441575.jpg


冬場のあかぎれやしもやけにも良いそうです。


もっとふわふわのハンド&ボディクリームなども
作ってみようと思います。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2017-01-29 13:40 | 手づくり | Comments(0)

美味しい秋

熊本の友達がクルミをたくさん拾って、
ごしごし洗って送ってくれました。
有難いです!

e0303355_10084547.jpg




水に付けて、オーブンで5,6分焼くと
先っぽがパカッと割れるので
クルミ割ハサミで割って、
金串でほじって取り出します。

こういう作業も楽しいです。




・・・・・

山形の親せきは紅玉を送ってくれました。

シナモンやオリーブオイルを入れて
焼きりんご風の味にして煮ました。

e0303355_10085324.jpg




秋の美味しいは可愛くて嬉しい。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by shugeibu45 | 2016-11-01 10:02 | 食べもの | Comments(0)

癒しのハーブ~ボリジ☆


ボリジの透き通るような青い花は 
風が吹くと
ポロリと落ちてしまいます。

はかなくて、
涙みたい と思いました。




羨ましいと思ったり、
どうして私はそっちを選べなかったんだろう?とか、
そんな思いが出てきていた
ちょっと寂しい気持ちの日でした。

e0303355_11045900.jpg




e0303355_11045024.jpg



ボリジはきっと
悲しみを癒すバーブかもしれないなと思いました。




お花と葉っぱを摘んで
アルコールに漬けました。

e0303355_16012824.jpg




e0303355_16014358.jpg
ボリジのマザーチンクチャー(チンキ)


2か月後には使えます。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








[PR]
by shugeibu45 | 2016-07-07 11:24 | | Comments(0)

最近、ハーブやアロマの本を見ていて、

今まで作っていた
ビワの葉やスギナの焼酎漬けは
チンクチャー(チンキ)の事だと分かりました。
今頃ですが(^^;)

e0303355_14053509.jpg





好きそうな本があるよと
お友達に教えてもらった本には、

ハーブの持つ色々な力が書いてあり
とっても楽しいです。

e0303355_11094550.jpg






図書館で出合った本も。

e0303355_14071583.jpg





色んなチンクチャーを作ってみます。
e0303355_11455414.jpg


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2016-07-06 11:26 | 自然 | Comments(0)

野山にヨモギが元気よく生えているので、
たくさん摘みました。


昨年の秋、東城百合子さんの講演会の時に
いただいた冊子「あなたと健康」に、
ヨモギオイルの作り方が載っていたので、
ようやく作りました。


私の購入した油の容量で、
作りやすいようにしてみました。
適当です!



材料
白ゴマ油(生絞りの物)450ml
ヨモギ350~400g程度

作り方
土鍋にオイルを入れ、ヨモギを浸し、
ごく弱火で30分ほど煮て、ヨモギのエキスを抽出します。


e0303355_19105687.jpg


まだ熱いうちに布で絞ります。


出来たヨモギオイルは瓶に入れて、冷蔵庫に保存します。


e0303355_19102582.jpg



おまけ
絞ってヨモギは佃煮にしても良いと書いてあったので、
醤油とみりんで味を付け、すりごまをまぶして作ってみました。

かなり茎の繊維が気になりますが、
ヨモギの風味がとっても美味しいのです。




ヨモギオイルをお風呂上りに肩や首に付けて
マッサージしています。

とにかく私は、ヨモギの春の香りにとっても癒されます。


白ゴマ油はさらさらとしていて、
翌日までべとつくことはないように感じます。



調べてみると、ヨモギの持つパワーは偉大なのですね!

「黒っぽい青汁の濃さは葉緑素の濃さを示す。」

「独特の酵素が余分な脂肪を分解する。
便秘、肥満、高血圧、糖尿、神経痛などで
ヨモギのお茶や青汁を飲み、
はからずして痩せた例が多い。
虚弱、痩せすぎで豊満さを望む女性も、
光明を見いだせる。」とあります(≧∇≦*)



これは気持ちの良い、春のお仕事新発見でした。

ヨモギ、ありがとう!


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






[PR]
by shugeibu45 | 2016-05-10 19:52 | 健康 | Comments(0)

畑の神さま参上

山の畑のお散歩

e0303355_14123043.jpg



 一面の菜の花畑

e0303355_08583593.jpg






遠くをズームすると、たんぽぽ畑。
やっぱり天国だな~☆

e0303355_14122365.jpg





突然、聞きなれない大きな声の雄たけびが、


「え、誰?」

e0303355_14130297.jpg



いのししに荒らされた畑の、
ダリアの球根を手入れしている
おばさんの向こう側で、

バタバタカサゴソと、
e0303355_14131098.jpg



ズーーーム


あ、いるいる!

いらした!
e0303355_14134455.jpg



この前はつがいで、今日はひとり。

「俺。畑の葉っぱをつまみながら、奥さんを呼んでいます。」

e0303355_14124414.jpg



ケンケン、、風格ありすぎです。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2016-04-10 14:42 | 自然 | Comments(2)

ビワのお仕事

二十数年前に自然療法を主にした鍼灸を受けていた時からの愛読書、

東城百合子さんの「自然療法」の本によると

ビワに含まれるアミグダリンの効用は素晴らしいようです。

特に痛みを取る。

生の葉は、こんにゃく湿布をする時に使います。

頭痛の時に患部に当てるのも良いようです。

e0303355_11510071.jpg



タバコの受動喫煙により、

私の気管支は度々大変なことになって苦しんでいました。

病院の薬では改善せずに、

そんな時も、ビワの葉を当てたこんにゃく湿布で改善していました。

友達のおうちに避難、療養する際も、

しっかりこんにゃくを茹でる鍋持参でお邪魔していました(^^;)


葉はお風呂に入れても良いようです。
生の葉は、お水の中の塩素を吸着してくれると教えてもらいました。



ビワの木は、思いのほか大きくなるのが早くて、

時々剪定をしなければ、環境によっては恐ろしいほど大きくなります(^^;)

先日の雪で枝が折れて、葉っぱがたくさん出たので

ビワのお仕事です。

e0303355_11512190.jpg

本を読むと、葉の一枚も捨てることは出来なくて、
お友達にもらって頂いたり、

洗って干して、お茶にして飲んで、

あとは、焼酎漬けにでもしておくか、となります。

e0303355_11504184.jpg

そして、出て来る出て来る、

押し入れの中にはたくさんのビワの焼酎漬けが…(^^;)

これから、湿布にして使うのだと思います。

e0303355_11510897.jpg

種は粉砕してはちみつ漬けにしたものをずっと前にいただいて、

大事に大事に焼酎漬けを足しながら飲んでいます。

種には、葉の何十倍ものアミグダリンが含まれているそうな…。

年代物になってきたぞ。

どうしようこれ。

あ、マーケットで販売するのはどうでしょう?(笑)

お茶にもしてみましょう。

Cherry Creek 手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2016-03-01 11:55 | 健康 | Comments(4)