愛犬 みるひーのこと

《愛犬 みるひーのこと》


名前: ブログ上では「みるひー」
生年月日: 2007年 おそらく7月下旬~8月上旬ころ・・・
年齢: 5歳
性別: メス
犬種: ミックス犬
出身: おそらく千葉県のどこか・・・
両親: 不明・・・



みるひーをはじめて目にしたのは、
『いつでも里親募集中』というサイト。
http://www.satoya-boshu.net/


いつでも里親募集中(スマートフォン版)
http://sp.satoya-boshu.net/


千葉県の保護団体がこの子の里親を探していました。

e0303355_13575643.jpg

e0303355_142357.jpg




北海道から沖縄まで、日本全国で
こんなにも多くの犬・猫が、捨てられ、
毎日毎日 飼い主を探している・・・。

その数の多さに愕然とします。


そうです、
みるひーは千葉県のある町で
捨てられていたわんこなのです。


生後1ヵ月というまだ乳離れもしていない大切な時期に、
兄弟5匹で、真夏の暑い中、段ボールに入れられて、
何日もスーパーの前に置かれていたそうです。

他の子たちは飼い主が見つかったらしいけれど、
みるひーだけが最後に残っていたところ、
保護団体に保護されました。

かなり衰弱していたことでしょう・・・。

山梨県の預かりボランティアさんのお家で、
別の場所で保護された子犬と、先住犬と共に、ひと月過ごしました。

我が家に来たのは、生後2ヵ月を過ぎたころ。

生後間もない大事な時期に捨てられ、母乳を断たれ、
ミルクや菓子パンのようなものをもらって生きていたのでしょうか、
栄養不足で育ったために、手足の先と、しっぽの先の毛が
ハゲていました。


膝のお皿がはずれてしまうという生まれつきの症状があり、
走り回ることは禁止されていますが(涙…)

近所の方々にもかわいがってもらい、
楽しく元気に暮らしています。


e0303355_1440188.jpg

  生後2か月ころのみるひー♪ め、めんこい。。。(*´∀`*)




みるひーが我が家へ来て、わずか1,2年後のことです。

驚いたことに、千葉県のまた同じ地区で、
みるひーさそっくりな子犬7頭が捨てられていて、
保護したというのです。

「飼い主は特定できませんけど、
おそらく同じ飼い主だと思われるので、役所に言っておきます。」
というような事を保護団体の方が言っていました。


なんということ・・・。


・・・・・

わたしが毎日聞いているラジオ番組があります。

歌手の坂本美雨さんがパーソナリティをつとめる番組
  TOKYO FM&全国ネット『ディアフレンズ』
       月~木、午前11時から

日替わりで様々なジャンルのゲストとお話します。
美雨ちゃんの美しい声と人柄にひかれました。

音楽や、いろんな話しが聴ける♪お気に入りの番組です♪


坂本美雨ちゃんについて・・・ウィキペディアより
『熱心な愛猫家である。愛猫"サバ美"が雑誌や新聞に掲載されるなど、人気を集めている。「FreePets ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」のメンバーとして、また一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」のボランティアとして動物愛護活動も行い、東日本大震災の被災動物の救援活動にも熱心に携わる。』



3月のある日のゲストは、
美雨ちゃんといっしょに犬猫の保護活動を
している方々でした。

  
美雨ちゃん達のしている活動
    『Free Pets(フリーペッツ)』
http://freepets.jp/freepetsaim/

      

ボランティアをするというと敷居が高いような、
難しく考えがちですが、

例えば、保護された犬達をお散歩するという
ボランティアの仕方もあるようです。
(団体によっては登録などが必要のようです。)


美雨ちゃんは、犬を飼った事がなかったので、
犬のお散歩をしてみたいなぁ~という思いがあり、
たまたま近くに、ランコントレ・ミグノンを
ベースにしているお店があったので、
まずはそこから関わってみたそうです。
  
          
  一般社団法人『ランコントレ・ミグノン』
   
http://rencontrer-mignon.org/


そんな風に、出来る事から始めればよいのですね。


・・・・・

数年前に、毎日新聞、に作家の森絵都さんが
保護活動をされている方々を取材した内容
『君と一緒に生きよう』が連載され、
色々と考えさせられました。
その後、本にもなり文春文庫から出版されています。



わたしはその頃、みるひーさんを里親で見つける過程で、
捨てられて、引き取り手が見つからない犬達が
どうなって行くのかを、ネットや新聞、本などで
少し知ってしまいました。
保健所の方々の切ない思いも。


今、わたしにできることは・・・、
誰かが犬・猫を欲しいなと思った時に、
ペットショップに行く前に考えられることがあるよ、と 
知らない方に教えてあげる事。

ペットショップで「買う」だけが動物を飼うことの
選択ではない事を知ってもらえたらいいなぁ。。。と思います。




 絵本作家のどいかやさんのサイト
   『ペットショップにいくまえに』
   
http://bikke.jp/pet-ikumae/#hajimeni

『 「ペットショップにいくまえに」は、
誰かが犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、
お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物を
もらい受ける、ということが当たり前の世の中になって
ほしい、そんな思いをこめて作ったフリーペーパーです。
 また、各地の自治体や、保護活動をしている
ボランティアの情報を集めて、みなさんの参考にして
いただけたら、と考えています。
一匹でも多くのわん&ねこちゃんが、
幸せになることを心から願って。  どいかや 』





切に願って・・・。

ありがとうございます。



Cherry Creek   手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・

[PR]
by shugeibu45 | 2013-04-09 14:52 | | Comments(0)

体に痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧