ポカポカの根菜のお味噌汁☆


なんでも手作りが大好きで、
環境や体に優しい生活を実践しているなっちゃんは
予備校時代の友達で
福祉の仕事をしてる時に
鎌倉の隣の海辺の町で暮らしていた。

わたしは神奈川県の病院に通院するために
数か月間なっちゃんのアパートに居候させてもらっていた。


その頃のわたしは長く起きていることがまだ出来ずにいて、
少し動いては疲れて横になって休んでいた。

その日も疲れてきて、
「ちょっと寝るね。」と布団に入ったが
足が冷えて、氷のように冷たいので眠れる気配は一向にない。

なっちゃんは「それじゃあ先に食べているね。」と言って
遅いお昼ご飯を一人で食べ始めた。

玄米ご飯と根菜のお味噌汁。

いい香りだなぁ・・・。

そろそろと起きだして「やっぱりわたしも食べる。」と
なっちゃんの作ってくれたお味噌汁をふーふーしながらいただく。

あらびっくり!!

「足がポカポカになったよ!
なっちゃん、このお味噌汁すごいよ!!」

すごいね、嬉しいねと二人で大喜びしたんだよね。

そして、毎日毎日これを作って食べていた。

e0303355_14404121.jpg



「今日は何食べたい?」と聞かれると

「根菜のお味噌汁!」と決まって答え続けた。


わたしの知る限り、一番体が温まる食べ物だと思っている。

身体が冷えているなと感じると、
今も飽きることなくやっぱりこれが食べたいと思う。


あなどることなかれ、恐るべし根菜とお味噌の力。

『お味噌は天才』というあのコマーシャルのキャッチフレーズは
本当の事だったのだなと思った。


       *
作り方

①ごぼう、玉ねぎ、ネギ、人参、大根、レンコンなどを適当に5mmの厚さイチョウ切などに切る。
②切った野菜をごぼうから順番にごま油で弱火でじっくりと炒める。
③ひたひたの水を加え、約10分煮る。
 更に水を加えて煮る。火を止めてお好みの味噌を加えて出来上がり。
 好みで練りごまを加えていただく。

 酒粕、きのこ、豆腐、油揚げなどを入れても体が温まりおいしい。

 すべて適当で大丈夫なのです。

       *


わたしにとっては命のスープ。

だしを入れないのに、野菜の甘みを引き出して
こんなにおいしく出来るなんて、感動と驚き。


毎日いただく食べ物が大切で、
しかも素材を活かして美味しくいただくことを
教えてもらえたあの数か月間は楽しかったな。

自分の畑で採れたものを調理していただく、
それが自然な生活に憧れます。



塩クッキーを教えてくれたのもなっちゃんです。
http://shugeibu45.exblog.jp/20950393/




ありがとうございます。

Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by shugeibu45 | 2014-10-07 14:43 | 食べもの | Comments(0)

体に痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧