アパートに暮らしてみることになりました14

『近所の優しい人々』

私の部屋のすぐお隣は一軒家のご家族のおうちです。

引っ越して来たころ、
ご主人が庭で自転車をいじっていたので、ご挨拶しました。

「何かあったら駆け込んできなよ。」と言ってくだって、
とても安心したのです。


洗濯物干場が私の庭ととなり合っているので、
奥さんとも会話をするようになりました。

体調の話、化学物質過敏症の話などをしました。

奥さんもお嬢さんも臭いの強い洗剤が苦手で、
あまり臭いのしない洗剤を探して買っていると言っていたので
安心しました。




ある時、目隠しをしていたので、
洗濯物が見えるのを気にしているのかな…と思っていたら、

「これで臭いが少しはいいかな?」って言ってくださったのです。
ほんのり微かに香っている洗剤臭を
私が辛いだろうと気にしてくださっていました。


優しいご家族に感謝です(*^-^*)



e0303355_19400019.jpg


・・・・・


最近の洗剤はとてもおかしなことになっている…
と化学物質過敏症の先生が言っていました。


先日、定食屋さんに入り座ったのですが、
隣の女性の強い洗剤臭に
だんだん気持ちが悪くなってきてしまい、
席を変えてもらいました。
我慢しようかな、、と思いましたが無理でした。



病院や治療院、買い物など色々と出掛ける先々で
香水や洗剤の臭いには参ってしまうのです。

帰ってくると、着ていた服を外に干して臭いを揮発させます。

そして、あまりにも強いと60℃のお湯に酸素系漂白剤と
えがおの力」(旧「松の力」…松の成分などから作られた洗剤)を入れて
数時間漬け置きしてから、洗濯機を2回まわします。


すぐにお風呂に入れないときには、
髪の毛にもお豆の力 (大豆から作られた消臭液)や
えみなを溶かしたスプレーをします。



本を読んでみて、これらの事は、過敏になってしまった人は
せざるを得なくなっていることが分かりました。
同じ~!という事ばかりでした。

e0303355_10265058.jpg



e0303355_10275666.jpg



自分の敏感過ぎる部分がもう少しなくなれば
ずいぶん楽だろうな…と思います。

少しずつ免疫を上げて健康になっていきたいと思います。

周囲の方の優しい気持ちには、本当に安心をいただきます。


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by shugeibu45 | 2018-02-15 10:43 | (化学物質)過敏症 | Comments(0)

体に痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧