人気ブログランキング |

痛みの記憶14 自然に癒される


冬のとても寒い日に雪が降った。

南天の木にも降り積もり、重そうに垂れ下がっていた。

思わず外に出て、ほうきで雪を振り払う。

寒いし疲れるからやめなさい!と母の声がしたけれど、

新鮮な空気と雪の感触が心地良くて、
しばらく銀世界を感じていた。



24時間やまない ぶっ倒れそうな頭痛や
身体中の細胞が悲鳴を上げているかのような
激しい痛みと吐き気でぐったりな状態なのに、

外の空気と雪と木々に触れているその時間だけは
すーっと身体から何かが抜けて、そして入って来て、
身体の芯が少しだけシャンとなって
苦しみが半分になったような気がした。



確実に私を癒し、力をくれている。

自然の力ってすごい!



e0303355_19584979.jpg




それから少しして、
ほんの近くの山の麓の市民農園が見渡せる歩道を
よたよたしながらゆっくりと散歩してみた。


普段は、誰と会ったなどの報告や会話を一切しない父なのだけれど、
私の姿を畑から見ていたらしく、
「ようこが歩いてたよ!」と母に報告したらしい。

さすがに驚いた出来事だったのだろう。





それから少しして、
近くの梅林の丘にぐったりと重い身体を引きずるようにして登った。

丘の上は360度山が見渡せる。
ここはお散歩でよく来ていたお気に入りの場所。

3回くらいゆっくりと丹田呼吸をする。

深呼吸がこんなに体力を使う事だと驚く。

そうするとやっとお腹がすいて、
一口のおみそ汁も食べた後ぐったりしないでいられた。


それから、
少し下ったところにある山桜の木に必ず会いに行く。
この頃会える唯一の友達のようだった。

両手で抱えて、目を閉じて桜の体温を感じる。

「寒くて厳しい冬が終わったら、必ず春には咲こうね。」と話しかけた。



e0303355_10093342.jpg





梅林の何百本の梅が咲きだすと甘い香りに包まれる。

裸足になって大地を感じ、寝ころんで空を眺めていた。



e0303355_14155240.jpg



e0303355_10092224.jpg





小川の中に手を浸すと、
つんつんと小魚がつついてきた。


個々の境い目がなくなって、
自然の一部に溶け込んで、
私が人間でないような気がした。



その頃から、そして今でも、
家の中にいてパソコンや暖房や
電化製品によって辛くなると外に行く。

葉っぱを触り、土を触り、
水を触り、雪を触る。

そうやってアース出来ることを
身体が知っていて、求めている。



そんな風にして
たくさんたくさん自然の中で癒されてきた。



e0303355_10104574.jpg




e0303355_10105570.jpg




e0303355_10264521.jpg



・・・・・・・・


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/
痛みの記憶7 https://shugeibu45.exblog.jp/27820773/
痛みの記憶8 https://shugeibu45.exblog.jp/27822961/
痛みの記憶9 
https://shugeibu45.exblog.jp/27845296/
痛みの記憶10 https://shugeibu45.exblog.jp/27847399/
痛みの記憶11 https://shugeibu45.exblog.jp/27909110/



by shugeibu45 | 2019-01-13 07:05 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧