2018年 03月 01日 ( 1 )

素敵な配達員さん


インターネットで代引きの商品を注文して
夜の時間に配達してもらいました。

宅配のお兄さんが来て、

「ここにあなたの”素敵な”印鑑を押してください♪
僕の印鑑は今ちょっと不調なので、サインしておきました。」

「あら、”素敵な”サインをありがとうございます♪」
という会話をしました。

そして、帰り際にお兄さんが、
「これ素敵です」と、
チャイムの所に貼っているメモを指さして言ってくれました。


”素敵”を連発していたけれど
それが全然嫌味じゃなかったのですよね(笑)


たったこれだけの事だけれど、
私の必要な荷物がすぐに届いて、
しかも、より大切な素敵なものに思えてきたし、
とっても温かい気持ちにしてくれました(*^-^*)


素敵な言葉を発すると
自分が素敵なことを受け取れることを知っている方なのですね♪

過酷なお仕事を、自ら素敵にしているお兄さん素敵です!




e0303355_09545411.jpg
『すぐに戻りますので、
留守の時には自転車の籠か、
玄関前に荷物を置いておいて下さい。
ありがとうございます。』
と書いてあります。


郵便屋さんも同じように受け取ってもらっているかと思っていたら、
”荷物が郵便受けに入らなかったので”と
持ち帰り、再配達となってしまったので…

今は、『郵便局の方へ』というメモも貼ってあります(笑)


それから、
最近出会った豊橋の80代の素敵な方 
「コロヒラットの世界」の著者の位已光児(いいこうじ)さんは、
60年間ずっと統合失調症のような状態でした。
ある時、自然には何でもあるのだから、自分も大丈夫!と思えて、
そうしたら、不調が全部治ってしまったというのです。

日常の事が『何でも嬉しい』と感じて、口癖にしているから
何の不安もないよ。本当に何でも嬉しいんだと言っておられました。
e0303355_10145009.jpg


何でも嬉しい♪
何でも素敵

そうやってそれぞれが自分で作っていくものなのですね。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・











[PR]
by shugeibu45 | 2018-03-01 10:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

体に痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る