人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

家族が入院するとする事


家族が入院すると、家で待機組の私は料理を作る。

スープや野菜のおかずをたくさん作る。

今回もそうだった。
家に帰っても、アパートでも。

e0303355_07212108.jpg



e0303355_03572639.jpeg




たまたま昔のブログを見ていたら、
4年前に母が入院した時にも同じ事を書いていた。



忙しい時にも、どんなに辛い時でも
少しはお腹はすく。

帰って直ぐに温かいスープでお腹をみたせば
疲れも悲しみも半分になるだろうか。



先日、Facebookでお友達がスープメーカーを紹介していた。

そうだ、私もずっと欲しいと思っていたのだった。
思ってもいつもそのままだけど、
あれば便利だろうなぁ。


・・・・・・・・




by shugeibu45 | 2019-01-28 11:30 | 食べもの・食養法・料理 | Comments(0)

痛みの記憶18 寒気と冷えについて


強い痛みを感じるようになった大学生の頃から
冷えを強く感じるようになってしまった。

子供の頃から冷えていて、
薄っぺらい上履きの中でよくしもやけを作ってはいた。



療養生活に入った夏のはじめの頃、
左足の親指がチクっとした。

足元を見ると、3、4cmはある大きな蜂が
ぐったりしている。

私の指を指して命尽きたみたいだ…

氷で冷やしたかのように冷たい足は
刺された時もその後も、ほとんど痛みを感じなかった!


真夏なのに、ベランダで日光浴をして温まっていたし、

鍼の治療中は薄着になって横になるのだけれど、
足の冷えが気になり、冷えが痛みになって、
治療さえも集中できない。

そのくらい、万年冷えている。今も。


エプソムソルトを入れずにお風呂に入った後も
15分くらいで冷めてくるし、

ヨガや歩いた後、みんなが熱い熱いと言っている時にも
私の足だけとっても冷えていて一向に温まらない。

謎である。

更に、外気温に左右されてしまうので、
まるで変温動物のようだと思う。
11月〜3月は外気が寒いのでとっても辛い。

なので、いつでも足湯をしたいし、
カイロが手放せない。

何枚も靴下を履いて
外からいくら温めようとしても無理。

なので、
私の冷えは自律神経に関わっているのだろうと思っている。


先日、エキサイトブログの
同じ『病気・闘病』のカテゴリーの中で、
化学物質過敏症(CS)のkazeさんという方のブログを拝見していたら、
寒気と冷えについて書かれているページがありました。

リンクを貼り付けても良いとの事です。

kazeさんのブログです。


冷えについてもとても分かりやすく書かれています。

そして、とてもよく似ていて、まるで自分の事のようです!

文中でリンクが出来ないというURLはこちらだと思うのですが、
見られるでしょうか。

【体が震えて熱がないのに寒気がする悪寒戦慄とは?対処方法を知りたい】
https://kuneru.net/530.html

(見られない時はこの題名で検索してみてください。)


私が27キロにやせた時に身体がぶるぶる震えたのは、
悪寒戦慄(おかんせんりつ)という症状だったのですね。

そして、温めても直ぐに冷める寒気や冷えは、
やはり自律神経の乱れからくるもののようです。



生理の前も異常な寒気がする。

それは、子宮に血液や栄養が集まるためで、
他に、黄体ホルモンの影響があるそう。
そして、やはり自律神経の影響。

それについてはこちらのサイトに書いてありました。



痛みも冷えも自律神経を整えることが大切ですね。


私は頸椎を痛めているので、
首や頭が辛くなることが多々ある。

その影響もあるのかな。


不思議なのだけれど、首が辛い時に、
耳の少し後ろの首の一番上の辺りを無印良品のテトラなどでほぐしていると、
足先が温まってくることがある。

(※あまり強く押してしまうと骨をずらしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。)

e0303355_09464056.jpeg



整体を受けていますが、
頸椎の1,2番の辺りは脳幹を刺激するらしいです。
そして、脳幹は自律神経へ働きかけて
治れ、治れ!と指令がいき、治癒力が働くそう。

頸椎への刺激も、その理由で足が温まってくるのかな。



他にも、身体は不思議だと思う事がたくさんあって、

昔、一番具合の悪い頃に、
下腹部に鍼を打たれたときには、
後頭部にビリッと刺激が走ったこともあるし、

頭痛の人が、足裏を刺激してほぐす事で
頭痛が良くなることもあるそう。

足から頭まで筋膜で繋がっているから。

身体って単独で働いてはいなくて、
全部が繋がっていることがよく分かる。

そりゃそうだ、どこも切れてない!



・・・・・・・









by shugeibu45 | 2019-01-26 09:51 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

HEAL〜奇跡の治癒力 見せてみろ!


父が肺炎とインフルエンザで入院しました。

母が、出来たら私にも救急車に同行して欲しいと言うので、
乗り込んで父の長い既往症を説明していました。
(今度、ワードでリストアップしておこうと思った(^^;) )

搬送先がなかなか決まらずに30分が経過。

閉所と暑さと、腰が痛くて座っていられないのとで、
動悸がしてしまい、とっても無理な状態に…。
私は救急車を降りて待機となりました。

すみません!役に立てなかった〜(T-T)

救急隊員が優しくて、頼もしかったです!
日本てすごいなぁと思いました。

線維筋痛症を初めて聞いたそうで(え?いまどきそんな事ある?)、色々聞かれました。


搬送先の病院でベッドに空きが無くて、
診察だけならばということで運ばれたのですが、

インフルエンザと肺炎と診断されたので、
そのままこの病院に入院出来るようにと
救急隊員が交渉してくれたそうです。



父は何度も死の淵から回復する物凄い生命力のある人なので、
おそらく今回も奇跡の治癒力を見せてくれることでしょう。


e0303355_17203112.jpg


家族もみんな疲れてはいますが、
今までみたいな心配や恐れの嫌な空気が
あまりないので少しは楽です。



母は父と行く予定だったHEALの上映会を楽しみにしていましたが、DVDで見る事にします。

e0303355_17234388.jpg


父もこの映画に出られるくらいの生命力だと思うわ。

天才的な “心配しない力”があるからでしょうね!

100%西洋医学しか信じない父にとっては
そこに恐れはないから効果も発揮されるのかな。
もうそれは父の生き方だからいいのです。



処置を受けたら少し楽になったみたいで、
大坂なおみちゃんの試合を見なきゃならないから、
テレビカード買って来て!とさっそく余念がありません。

寝込んでいる場合じゃないですね(≧∀≦)

ありがとう、なおみちゃん!がんばれー!

・・・・・・・・





by shugeibu45 | 2019-01-25 16:53 | 健康 | Comments(0)

畑にストーブ♫


じゃん!
ちょっと遅めに畑ワンダーランドに出勤すると、
何やら素敵な物が出現しておりました♫

e0303355_06183272.jpg


焚火だと、
煙い、臭い、苦しいと
私がほざくので、、(^^;)


煙突長〜い
ロケットストーブ\(^^)/♫




どうなってるの?

何で切ったの?

興味深々!


e0303355_06183552.jpg


美味しいコーヒーを飲むために
まだまだ改良の余地ありなんだって(^^)

e0303355_06183986.jpg



頭の中 楽しいことを次々思い描いて
直ぐに作っちゃう。
遊びの天才は元気の秘訣みたい♫



e0303355_06173634.jpg


なんて平和な光景なんだ…╰(*´︶`*)╯♡


暖かくてみんな離れられないよ。

ポカポカの冬の畑、ありがとう。


・・・・・・・




by shugeibu45 | 2019-01-24 10:01 | | Comments(0)

農業が温暖化の原因!?


講談社の「現代ビジネス」に、木村秋則さんと高野誠鮮さんの記事が掲載されていました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668?fbclid=IwAR0v8j_NFH5fHSzLNwsYsxFGJZZXIekDnzCTK-z3oexiqRBV5LaqGBOTepA


化学肥料を使うことの問題は、
野菜の栄養価や土の状態の事なのかと思っていましたが、
まさか、温暖化の原因になっていたなんて…。

しかも、生きていくための食糧の生産という最も大きな問題。

知らない事は怖いですね…。

以下、4ページ目の高野さん文章の一部抜粋です。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668?page=4
・・・・・

ちょうどその年(2009年)のアメリカの権威ある科学雑誌『サイエンス』に、化学肥料が地球温暖化の原因だと書かれてありました。

いや、そんな生やさしい表現ではない。

「evil」、【邪悪の根源】と書かれてあったんです。

地球温暖化は大気中に大量に排出された二酸化炭素やメタンガス、フロンガスなどにより太陽からの熱の吸収が増えた結果、気温が上昇することです。

その最大の原因が化学肥料に含まれる亜酸化窒素ガスだと。

化学肥料を畑に10㎏まいたとしても農作物が吸収するのはわずか1~1.5㎏。

あとは雑草や土が2~3㎏吸収し、残りの5.5~7㎏は、気化して亜酸化窒素になり大気中に拡散します。

これが温暖化のいちばんの原因らしいのです。

つまり温暖化のおもな原因を作ったのが農業であるということです。

木村さんがおっしゃるように日本は世界でも農薬を多量に使っている国のひとつです。

そして化学肥料も単位面積あたりの使用量は傑出して多い。

日本は農薬大国、化学肥料大国なんです。

化学肥料を使えば使うほど温暖化は進んでいく。

その先頭に立って地球を汚している国の一つが日本なんです。

これは日本人としてとても恥ずかしいことです。

少しでもそれを止めるには化学肥料や農薬をいっさい使わない自然栽培を広めるしかない。

これが新しい使命だと確信したんですね。

そこで木村さんにお目にかかってすぐに、

「自然栽培の実践塾を開いてください。先生と同じことができる農家を100人も200人も増やしたいんです」

と口説きました。

・・・・・

知らないことだらけで色々と勉強になります。

この本を図書館にリクエストしました。


e0303355_08022963.jpeg


化学肥料や農薬を使わないと生産が追い付かない、野菜が足りなくなるのでしょうね。

やっぱり、徴兵ならぬ徴農制度にして、
子供のころからそれぞれ自分の食べる野菜を作れるようにするのがいいんじゃなのかな。

幼稚園や小学校から是非当たり前に作れるように教えて欲しいです!
自然に触れて健康になれるし。


この前、畑のおじさんにこの事を少し伝えたのですが、
また自分が敏感だからって色々気にしているだけじゃないの?
と言われてしまいました…(+_+)


化学物質や匂いに対して敏感な事って、大抵は、
いちいち気にしているだけの面倒くさいヤツとしか思われません。

だけどね、
炭鉱のカナリアに対しては、敏感で面倒くさいねって思わないでしょ。

それと同じだと私は思うのです。

キャッチするセンサーが人よりも少し敏感で、精密というのか、、微量でも反応するのです。

気にならないこと、反応しない事が安心安全という事になるのかな?って思ったりしますよ。



毎日落ち葉を集めてたい肥作りをしています。

健康な土で美味しい野菜を作りたいと思います。

e0303355_13523676.jpg



e0303355_07075284.jpg


e0303355_07061407.jpg


 CherryCreek・手芸部ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・




by shugeibu45 | 2019-01-23 07:31 | 過敏症・化学物質過敏症 | Comments(0)

花壇作り♫


秋に花の種をたくさん蒔きました。

一袋全部蒔いたら
ポピーなどは2000本と書いてあった(^^;)


e0303355_07041852.jpg




e0303355_07041319.jpg



雪が降っても大丈夫なように温室を作りました!
けど、降らないで〜!

e0303355_16164937.jpeg



キンセンカ(カレンデュラ)や
ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)は
チンキ(チンクチャー)を作りたいので、
アパートよりも土の状態の良い畑に植えたいのです。


なので、
畑の横を掘り起こして開拓中です。

e0303355_07040800.jpg


笹の根があってちょっと大変。

痛い〜💦と寝込まないためには、一日10㎝です!




小屋の横にも作って良い事に(o^^o)♫

花壇にする前におじさんが
木をスッキリ剪定してくれました。


斜めに生えていたボケも真っ直ぐに直してくれました。


e0303355_06541270.jpg



e0303355_06541752.jpg


木の仕事をしている友達が写真を見て、
ドウダンツツジにしては暴れているなと思ったらボケか!って。
そっか、確かに暴れているね、手前のボケ(^^;)



色んな花が咲く春が楽しみ♫


・・・・・・・





by shugeibu45 | 2019-01-22 16:51 | | Comments(0)

長芋掘り♫


まあおじが掘りに掘ったよ。
椿の根元の長芋の穴、120cm!

私は掘ってないけど、
入らせてもらったら、首まで埋まった(≧∀≦)


「墓穴掘っちゃった〜♫」
e0303355_09371982.jpg



まだまだだなぁ〜と残念そうだけど、
80cm!十分十分♫
e0303355_09373632.jpg




ありがとう!
とっても美味しゅうございました(๑˃̵ᴗ˂̵)♡
e0303355_09384995.jpg

卵黄を落としたら更に最高でした♫

・・・・・・・





by shugeibu45 | 2019-01-21 09:45 | | Comments(0)

痛みの記憶17 安全基地を見つけよう


この体験記を書き始めた時にはまだとても痛みがあったし、
今だって時々ダウンしてしまうけれど、、、

何しろまだ自分の事がよく分かっていなかったので、
心は苦しいし、治っていないのに、
どんなふうに結ぶのかがわからなかった。

けれど、流れに任せていたら、
「安全基地を見つける」というところにたどり着いた。



10年前からお世話になっている線維筋痛症の医師は
お会いするとホッとする穏やかで朗らかな先生。

症状や困っていることを伝えると、
ああ、それはこの本に書いてあるよと後ろから適切な本を取り出して、
すぐさま必要なページを開き、
ボールペンで線が引かれた箇所を読み聞かせしてくださる。


昨年11月に受診した時には、待っていたよ!という感じで、
この前参加したという痛みの研究会で配られた資料を広げて見せてくれた。

「あのね、線維筋痛症の痛みの事がだんだんわかって来たんだよ。
多くの人が幼い時に家庭に問題があったりして、何かしらトラウマがあるんだって。
外で厳しいことがあって、どんなに辛くても、
家に帰ってくると、大丈夫だよと抱きしめてくれる。
そんな安全基地のような温かい場所があれば、人は何とか回復していけるんだって。」
と説明してくれた。

でも、、それが家庭では見つけられない人は
どうしたらいいのでしょうね、、と聞いてみると、

「それは家庭でなくてもいいの。
その人にとっての安全基地を見つけたらいいんだよ。」

「病院だってそうだよ。
患者の顔を見ないでパソコンだけを見て、
はい終わり、っていうのはダメだね。
患者さんの苦しみや困っていることをなるべく理解して、
回復するために寄り添って応援することが必要なんだけどね。
そうじゃないことが多すぎる…。」
とおっしゃった。


(先生に資料の写真を撮らせて頂きましたが、
ここに掲載してもいいのか分からないので消しています。)


なるほど、やっぱりそうなんだ。


線維筋痛症は脳内で痛みのブレーキが利かなくなり、
何かしらの刺激により、痛みをより強く感じ続けてしまう。

病院での痛みの治療を行うことにした時、
本意ではなかったけれど薬を使用した。

私にはどの医師も初めにセロトニン系の薬を使用した。


セロトニンは感情のコントロールや、
精神の安定に深く関わる脳内の神経伝達物質。
痛みのコントロールにも関係する。

セロトニンが大事ということは、嬉しいや楽しい、安心が一番の薬。

私にとってはそれは、
お世話になっている方たちや、理解してくれる方や友達。
そして、何と言っても畑と自然。

毎日安心をたくさんもらっている。



e0303355_12044948.jpeg



未来の心配じゃなくて、今を楽しむ。


e0303355_13500836.jpg



安全基地があるから心が元気になってきて、
身体ももっと元気になれると思う。


e0303355_12051850.jpeg






🍀まだ色々書いていきますが、ゆっくりにします🍀

・・・・・・・






by shugeibu45 | 2019-01-19 13:55 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

罪悪感なしでおやつを食べたい


この前、市販のカステラを食べたら、

口の中の皮が剥けて、舌に血豆が出来て、

リンパも腫れたりして、、食べられないし、
上手く喋れないし、ちょっと大変なことに。


いや〜、口腔内のトラブルも大変な事だと分かりました。



原因は罪悪感だと思う。

これは食べてはダメだという…(+_+)


飲み込んではいけないという心理の時の

口腔内の動きが水ぶくれを作るというのが

わかった。


罪悪感、そういうのは要らないのよね。




落ち着いてきて、
おやつをちょっとだけ食べたいので
やっと作った♫

罪悪感無しのケーキ(o´∀`o)♪


いつものバナナケーキに、ココアと

お手製ブルーベリーのジャムを加えて
適当にアレンジしてみた♫

疲れていて頭がボーっとしているので
間違えたけれども、まあいいや。笑


e0303355_20133714.jpeg


e0303355_20180912.jpeg




頭痛も治って欲しいよ〜。

これはパソコン、スマホの見過ぎのせい。

なので、ちょっと休憩中です。




今日はおばあちゃんの命日。

もう一年。思い出すなぁ・・・

大事にされていた幼い日々のことと、

亡くなる前の壮絶な日々のこと。



そして明日は父のお誕生日だわ。

ケーキ、ちょっと届けてこようかなぁ🍀




・・・・・・







by shugeibu45 | 2019-01-17 13:31 | 心・マインド | Comments(0)

痛みの記憶16 私の中のみんな


こんなに痛くて、苦しくて苦しくて
正直死にたいと何度も思った。

っていうか、毎日何度も思っていた。

多分、身体をなくしてしまう事は
案外簡単に出来るのかもしれない。

だけどそれをしなかった。

物理的には近くに高い建物がなかったし、
もしあっても、そこまで行く体力がなかった。

けれど、やっぱりあってもしなかったと思う。


それは、
身体だけなくしても
私をなくせない事をなぜだか知っているから。


たとえ死のうとしても、
足が無くなろうと、半身不随になろうと
私は簡単には死なせてもらえないことを
いつも感じている。

それに、
肉体的にも更に痛みが増えるだけ。

それはもう絶対に無理!!!!





幼い頃にいつも思っていた。

「わたし」っていうこの感覚はなあに?

死んだら、この「わたし」っていう感覚はどうなるの?




身体にしてもこんなことを思っていた。

一滴の水
それは誰かや何かだったと。

その水はみんなを通って
みんなの気持ちが詰まりすぎている。


雨が降って、木々に降り注ぐ。

雨は草花に当たり、虫に当たり、
小鳥に当たり、熊に当たり、人に当たり
みんなを通り過ぎていく。

水たまりになり、
人や動物たちに飲まれてそのからだに入り、
おしっこになる。

それが土に染み込み、川に流れて、
蒸発して、雲になり、雨が降る。

葉っぱや虫や動物や人のからだが死んで、
溶けて、流れて、蒸発して、
雲になり、雨が降る。

また川に流れ、
魚の口に入り、そのからだを通る。

やがて
蒸発して空へ行く。

再び雲になり、雨になり、雪になり、
また地球に降り注ぐ。



この一滴の水には
あまりにも多くのみんながある。

それを私が飲む。

そのみんなのからだを通った水は私になる。

誰かや何かを通過していない水は
一滴もないのかもしれない。
空気も然り。



e0303355_10500873.jpg





e0303355_14160322.jpg





e0303355_10553478.jpg




e0303355_10560440.jpg





e0303355_09473929.jpg




e0303355_14161299.jpg




そして、
そこにはきっと
それぞれの「わたし」という思いがある。

その思いは死なないのだと。


だから、苦しいままでは死んではダメなのだ。
また次も苦しい。
もっと苦しみが増える。どんどん積み重なっていくという思いがあるから。

これ以上の苦しみはもう無理、、、。

それが私が自分で死ななかった理由。




昨年、ある心理療法を受けた。

そこで、初めてキメラという言葉を聞いた。

キメラという存在の捉え方は、
私が幼い頃から思っていた
私の中にいるみんなという感覚もそうなのかもしれない。

その療法で取り扱うキメラとはちょっと違うのかもしれないけれど、

正しいとか間違っているとかはどうでも良くて、
私が納得したのでそれでいいと思っている。



こんな風に思いを書きはじめたり、
私を突き動かす思いは、
時には自分だけのものじゃなくて、
たくさんのみんなの思いでもあるのかな。

そして、
全部がひとつということなのかな。



次はもう肉体を持ちたくないって思ってしまう。
だけど、そう思っているうちは無理かな。

辛かった思いを、ありがとうって光に変えられたら
次はもう苦しまない生き方が出来るかな。

だけど、
それが出来るのはこうして肉体があるからなんだってね。

宇宙の暗闇にたった独りきりだったら、なんの変化も起こらないもんね…。


だったら既にありがとうだね。本当は。



e0303355_14270342.jpg


・・・・・・・・






by shugeibu45 | 2019-01-15 11:11 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧