腰痛対策・骨盤矯正棒マット(注意を書き足しました)

《腰痛対策・骨盤矯正棒マット》


e0303355_11391325.jpg

昨年秋頃から使っている黄色い優れもの、
名付けて「骨盤矯正棒マット」?

これを作って下さったのは
マザーマッサージ鍼灸治療室の先生です。
(http://mother-mc.net/index.html)


これを使いだして、最近、何だか座れる時間が
長くなってきているのです!


とにかく座っていられない わたし。

昔、ドクターショッピングをしていた頃、大変込み合う病院での
待ち時間も当然長椅子で横になる。

手芸でも、日記を書く間も、PCを見るのも、整形外科で
首肩のリハビリで座って高周波や低周波を10分間ずつ受けるのも、
もう・・・痛くて痛くて、腰が気になって集中できない わたし。

数年前にはこれがトリガーで、心臓がバクバクで、
パニック発作のようになってしまい、
一時 治療院に通えなくなった わたし。

先日のかっこちゃんの講演会でも、
主催者さんがご親切にホットカーペットまで用意して頂き、
横にならせていただいている わたし。

夏樹静子さんの「腰痛放浪記  椅子がこわい」 (新潮文庫)
じゃないけれど、本当に座っていられない・・・。

これもかなりの苦痛です。

…☆…

ちなみに、この本の紹介。アマゾンより

『「夏樹静子のお葬式を出しましょう」──苦しみ抜き、疲れ果て、不治の恐怖に脅かされた闘病の果てに、医者はこう言った。時には死までを思い浮かべた鋭い腰の疼痛は、実は抑制された内なる魂の叫びだった。そして著者もいまだに信じられないという、劇的な結末が訪れる。3年間の地獄の責め苦は、指一本触れられずに完治した。感動の腰痛闘病記。「椅子がこわい─私の腰痛放浪記」改題。 』

…☆…


それが最近は、もうちょっと長い時間 大丈夫なのです(*´∀`*)

この黄色い優れものの骨盤矯正棒マット、手作りなのです。

初めは、タオルケットなどを固く巻いて使用してみたけれど、
どうにも型崩れします。
(これに関しましては、下にピンクの文字で記した【注意】をお読みください。2013年5月13日追記)

そこで、先生が考えて下さったものは、
ホームセンターで売っている柱などの角材やパイプの
養生用のマットを使用しています。
値段は、全部で500円未満で用意できます。

ちなみに、先生がコーナン(ホームセンター)で
用意して下さった物は以下の材料です。

【材料】
・パイプカバー13×1m(白)
・パイプカバー30×1m(白)
・柱養生材(黄色)


この3つを重ねて、
カッターで切って(頸椎用に23cm、残りの70cm余りは腰椎用に)、
型崩れしないようにセロハンテープで巻いて、
出来上がりです。

直径は8.5cmくらいになります。



【使い方】も、とっても簡単。
①初めに、背骨に沿って縦に置き、その上に乗る(寝る?)。
15分位でしょうか。
胸骨と、骨盤が開くのが分かります。
(たまに、背骨が当たると痛みで気になることもあるので、
使用時間はその時々で、臨機応変に。)

②次に、横に置き、その上に乗る。
短い方は頸椎の下に、
長い方は腰の下に当てます。
同じく15分を目安に。

少しずつ移動させて、頸椎~背中、腰全体に当てると良いでしょう。
/b>



 
【注意】

違和感があればおやめ下さい。

あくまでも、個人的な体験ですので、
掲載している品物のご使用については
お医者様にお尋ねください。

また、この直径8cmという太さや素材の硬度が
もしかしたら骨を動かしてしまう可能性もある、と
ご指摘を頂きました。
骨を動かすことは、微妙な角度の調整が必要とのことですので、
治療師さん、お医者様のご指導のもと行ってください。

もっと緩やかな大きなカーブの物、
(例えば、バスタオル、座布団、タオルケットなどを丸めたもの)が、
筋肉を適度に優しく伸ばすことになり、より安全かもしれません。

(2013年5月13日 追記)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしには、沢山の心強い応援者がいてくださいます。

今まで多くの治療師さんにお世話になってきていますので、
いろいろと教えて頂きました。今も。

いつも大切な事を教えて下さる大阪の治療師さん。

かつてもっとも痛みのひどい時、治療師生命にかけて診て下さり、
大変お世話になった近所の自然治療・鍼の先生。

体ほぐしの先生。

自分ではケアしきれないところを
丁寧にケアして下さるマザーマッサージ鍼灸治療室の先生。

荻窪の泉心堂(http://www.h5.dion.ne.jp/~sensindo/index.html)
の先生にも大変お世話になりました。
今でも、メールで近況報告をさせて頂いています。
先日も、ブログを始めた事をお伝えしましたら、
「分からない事、医学関連や身体のことで何か載せて良いかどうか
自信がないときなんかに相談していただければアドバイスさせて
いただきます」
と言って下さいます。有り難い事です。


まだまだ書ききれませんが、わたしに関わって下さった
全ての治療師さん、ドクター、先生に感謝します。


みなさんから教えて頂く知恵や、次々出てくる道具は、
まるでドラえもんのポケットのようです(´∀`)

いつも本当にありがとうございます (*´∀`)


   Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by shugeibu45 | 2013-03-02 12:00 | 痛み対策 | Comments(0)

本「あーちゃんの虹」

《本「あーちゃんの虹」》

かっこちゃんのメルマガでお友達になった「こんともちゃん」。
わたしのブログにも何度か優しいコメントをくれました。

先日、こんともちゃんが本を出版されました。
e0303355_16161337.jpg

「あーちゃんの虹」 林ともこ著 文芸社 (発売日: 2013/2/1)

アマゾンの内容紹介です。
『生まれた直後から亡くなる直前まで、
過酷な闘病を続けた娘の生涯を綴った作品。
愛娘である明音ちゃんは、生まれた翌日には
母から引き離され転院し、心臓の手術を受ける。
心室が1つしかない先天性心疾患「総動脈幹遺残」という病だった。
6歳という短い時間ながら懸命に命を輝かせ、
まわりに笑顔の虹をかけた明音ちゃんの命の軌跡と、
尽きせぬ娘への想いに満ち溢れた一作。』



明音(あかね)ちゃんは精一杯生きた。
明音ちゃんはみんなにいっぱいいっぱい愛された。
今も、これからもずーっと。


こんともちゃん、
本を書く事はとても切なく苦しい作業だったと思う。

だって、こんなにも愛おしいあーちゃんのこと。

それでも、「今じゃなければ書けない気持ちが必ずある」と
書くことを決断されたそうです。
その事を、こんともちゃんの妹さんのブログ
  『日々のあわ(手作り石けんsopoブログ)』の中の、
1月30日「世界一大切な本」のところで読ませてもらいました。

わたしも、切なくて、苦しく、どうしてよいかわからないような
気持で読みました。

けれど、その中にある、あーちゃんに関わる人たちの優しさ、
あーちゃんから溢れる愛、幸せいっぱいな空気が伝わってきて
私を癒してくれていました。

朝起きて、本の表紙を見て、あーちゃんおはよう!と
声をかけている私がいる。
あーちゃんの愛おしい笑顔。
会ったことのないあーちゃんを大好きになっています。


こんともちゃんが本を書いてくれて、良かったな。。。

ありがとう。

今を精一杯生きる事の大切さを、改めて教えてくれて
本当にありがとう。


☆こんともちゃんのブログ「smileあーちゃん物語」
http://miracleakane.blog28.fc2.com/


こんともちゃんの妹さんは手作り石鹸のお仕事をされているそうです。
とてもかわいくて素敵な石鹸です。
こんともちゃんのブログのリンクからブログ、お店のサイトいけます。


ありがとうございます。


Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by shugeibu45 | 2013-02-22 16:25 | | Comments(0)

「僕の歩く道」をみんなで歌いませんか

《「僕の歩く道」をみんなで歌いませんか》


かっこちゃんから、東京や大阪のフルバージョンの初上映会のときに
「僕の歩く道」をみんなで歌いませんか、
という提案がありましたので、お知らせしますね。

以下、
星野ひとつさんの配信して下さる、かっこちゃんの
2月16日のメルマガの一部を抜粋して掲載しますね。


________________________________________________________

『第1290号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと』
              
        
                  2013年2月16日現在 参加者人数6556人


 「2/16 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


大学で家を離れているせいらから手紙をもらいました。
すごくうれしい手紙だったのです。

・・・・

石川はとても寒いとおもうけど、風邪ひかないように、無理はしないで、仕事頑張っ
てください。ままのしていることは素晴らしいと思います。世の中にはいろんな人が
いるから、辛いこともたくさんあると思うけど、ままは自分のしていることにほこり
を持って多くの人に勇気を与えてください。応援しています。
あと、成人式の時に、手紙を書いて渡そうと思ったんだけど、書きそびれて送ること
ができませんでした。だから、ここで感謝の意を表します。成人になるまで育ててく
れてありがとう。憎まれ口もたくさん叩いたし、迷惑もたくさんかけました。それで
もいつも味方をしてくれて、応援してくれてありがとう。大学に行かせてくれてあり
がとう。ままみたいな素敵な教員になれるよう、頑張るね。しばらくはまだせいらに
手がかかると思うけど、早くままを安心させられるような立派な大人になります。
まま、大好きだよ。

せいらより

・・・・

すごくうれしくて、うれしくて、幸せな気持ちでいっぱいになりました。

私はせいらから中学校卒業の時にもらった手紙をずっとずっと持ち歩いています。
この手紙もきっとずっと持ち歩くと思います。

子どもたちは、何よりの宝物。本当にありがたいです。

浩司もももこも、手紙や、短いメモをくれることもあります。
私は何もできていないのに、こんなに大好きな自慢の子どもたちから、優しくしてもらって、
すごく幸せだなあと思います。

せいらの手紙に、「世の中にはいろんな人がいるから、辛いこともあると思うけど」と
せいらは書いてあったけれど、せいらに話したいです。
みんなみんないい人ばかりだよ。みんな優しくて、あたたかな人ばかりだよと話したいです。
せいらもきっとそのことに気がついてくれると思います。

本当にみんないい人。
疑ったり、恨んだりすることはいっさい必要がないと言うことも、せいらに伝えたいです。

もしそう思うようなことがあっても、みんなそれぞれに理由がある。
そのことに気がつけば大丈夫。

子どもたちにも、みなさんにも心から感謝したいです。


ところで、せいらがアカペラですが「僕の歩く道」
(「僕のうしろに道はできる」の挿入歌です)を
ユーチューブ http://youtu.be/XphmVcHZUCg で
歌っています。
映画の中で歌っておられるのは違う方です。

提案があるのです。

東京や大阪のフルバージョンの初上映会のときに、
映画の最後に、「僕の歩く道」が流れます。
エンディングのときです。

そのとき、みんなで会場で、大合唱をしませんか? 

せいらの歌を聞いて覚えて頂けたらうれしいです。

そして、みんなで歌えたら、きっとどんなに胸がいっぱいに
なるでしょう。

なんだかすごくうれしいです。

・・・*・・・

「僕の歩く道」

僕の歩く道は簡単ではないけど だからこそ僕は 歩き続ける 
船砕く荒波が行く手をはばんでも 宇宙の底力を味方にして 
僕の歩く道は簡単ではないけど だからこそ僕は さあ進もう

銀河の回転軸を心にみすえて 僕のすべきことを今日も続ける 
長く続く凪にあきらめそうになっても 宇宙の底力をいつも信じて 
僕の歩く道は簡単ではないけど だからこそ僕は さあ進もう


・・・*・・・



 昨日もまこちゃんとひろこちゃんが来てくださったのです。

私が、できることならたくさん立つ練習をしたいと思っていることを知ってくださって、
そして、ご自分もみなさんがそう思ってくださって、きっといろいろなことを後回しにしたり、
選んだりして来てくださるんだと思うのです。

昨日は、7分間立つことができました。
「世界にひとつだけの花」が5分5秒くらいなのです。
それが終わってから、天井に映る時計をみて、秒針が二回まわるまで頑張りました。

 選んできて下さるのだろうと思ったのには理由があります。

実は昨日、宮ぷーは病院で小さなトラブルがありました。

誰が悪いと言うのではないけれど、宮ぷーはやはり、どこもほとんど動かないので、
夜に起きてしまうと、本も読めない。パソコンもできない。でも眠れない。

できることはテレビをつけること。
でも、病院にはテレビは何時からという規則もあります。
看護師さんもどうしてもだめと言われるわけではないのです。

でも、宮ぷーがたとえば、見えやすいように動かしてほしいというような頼み事はやはり、
すごく忙しい朝の時間にとてもかなえられるものではないのです。

 宮ぷーがそのあいだできることは、やはり、動け動けと念じたり、少し動くとこ
ろ、口や舌やいろいろなところを時間になるまでリハビリをすることではないかとわ
たしは言いました。

そして、ちょうど選ぶという話を宮ぷーとしていたのです。

 わたしは宮ぷーが倒れてから、どちらが今、大切なのか、大事なのかを選ぶことを
繰り返ししたなあと思うのです。

たとえば、掃除。
毎日していた掃除も、宮ぷーのところに行くことで時間がなければ、
私は毎日掃除をするより、掃除は一週間でも宮ぷーのところに行くこと、
リハビリすることが大事と思いました。

大好きなお友だちと会うことはとても大切だけど、
今は宮ぷーのリハビリをしようと思ったと思います。

美容院に行くこと、歯医者さんに定期的に行くこと、いろんなこと、
それまではとても大切だったけど、
でも、宮ぷーの毎日のリハビリはそのときどきのわたしにとっては、
それより大切と思ったのです。

せいらは、宮ぷーが倒れてしばらくして、高校3年生になりました。
部活動からそのまま塾に行くから、塾に9時過ぎに迎えにきてくれたらいいからとせいらが
言ってくれました。

ももこは大学で家を離れていました。

家族はみんな宮ぷーのところに行っても、私より遅く帰ってくる生活だったのは、
本当に不思議です。

そして、ももこが家に帰ってきたけれど、やはり、仕事は大変そうで、私よりも帰り
が遅いのでした。

それでも、きっと土曜日も日曜日も講演会か、そうでない日は朝から宮ぷーのところに行く
私のことを、せいらやももこは、さびしいと思ったこともあったかもしれません。

一緒にお買い物に行くことも、映画に行くことも、それからはほとんどなかったのです。

せいらも、ももこも、今は、宮ぷーのところに行くことの方が大切と言ってくれて、
私はそれに甘えていたと思います。

「宮ぷー、今、何が大切? テレビも大切だけど、テレビが見れない時間に、
観たいと不満を思うより、リハビリができるよ。宮ぷーはどちらが大切?」
宮ぷーは、わかってくれたと思います。

看護師さんが優しく聞いてくださったときも、看護師さんとお話しして、
わかったよとうなづいていました。

でも、それをまこちゃんやひろこちゃんにはしないでほしいと思うのです。
無理はしないでほしいと思います。

そのくせ、来て下さることがうれしくてならなくて、
やっぱり立つことをしたいと思うからこそ、
すごく感謝の思いでいっぱいなのです。

せいらにも本当にありがたくて涙が出るのです。

(略)

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~

_______________________________________________________


かっこちゃんのどの言葉もあたたかくて、心に響きます。。。

ありがとうございます(*´∀`*)


Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by shugeibu45 | 2013-02-19 15:34 | 白雪姫プロジェクト | Comments(0)

大阪の1000人の上映会まであとひと月余りとなりました

《大阪の1000人の上映会まで
       あとひと月余りとなりました》



以下、星野ひとつさんが配信して下さる、かっこちゃんの
2月15日のメルマガの一部を抜粋して掲載しますね。


___________________________________________________


『第1289号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと』  

           2013年2月15日現在 参加者人数6556人

 「2/15 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


大阪の1000人の上映会まであとひと月余りとなりました。
靖子ちゃんからのメールです。

・・・・
こんばんは~!岩崎です。
「僕のうしろに道はできる」初上映会、374人/1000人まできました。“市役所に飛び
込んだよ”“会でチラシをお配りしてもらいます”“応援しています” 渦が起き始
めていることを感じます。クリキンディの1滴のように、その1滴がどんどん集まり
始めています。あと1か月と少し、必ず満席でみんなで感動と希望と勇気に溢れて一
緒に時を過ごしているイメージで、やります。スタッフのみんなも今、当日の会場の
下見や、みんなでTシャツを着てお迎えしようかなど、わいわいがやがや考えています。

それから、初上映会のことを取材してもらったらと言っていただいて、そうだそう
だ、初上映会で終わってしまってはいけないのだ、常識を変えるゴールを達成するた
めには、その先の先の先を見据えておかないと、と思いました。ついつい目先の目標
に一生懸命になってしまいます、蟻の目と鳥の目の両方が必要ですね!お力を貸して
下さっているみなさま、お心を寄せてくださっているみなさま、ありがとうございま
す!えばたさん、お手紙大作戦、取材してもらったらのアドバイスなど、ありがとう
ございます^0^

ブログやメルマガなどでの応援告知も大歓迎!

**************************

新しい常識を、一人一人のあたたかいハートで創る時がやってきています

かっこちゃんこと山元加津子さんと宮田俊也さん出演ドキュメンタリー映画
「僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~」初上映イベント
関東3月9日(←満席御礼)  
関西3月20日 愛は命を立ち上がらせる 絶望から生まれる希望のシンフォニー

脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。
意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、
現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。
奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。
体を起こすこと、あきらめずにリハビリ続けることで、命は必ず立ち上がる。
しかし今、植物状態と言われる方は意識がなく回復の見込みなしとされることが当たり前。
でもそうではない。
誰もが意識があって、伝えたい気持ちがあって、回復の可能性があることを常識にしたい!
世界中で深い孤独に閉じ込められた人が再び、生きる希望を見出してほしい!
かっこちゃんは立ち上がる。
そして、たくさんの仲間たちが現われる。
どうぞ新しい常識を創ることに力を貸して下さい。
この映画を観て下さい。
人と人はここまでも力を引き出し合い、うれしい未来を一緒に創れるんだと、
喜びあいたいです。


・・・・

他の場所(沖縄、豊橋、日野、横浜など)でも上映を次々に決めていただいているとのこと。 
http://www.heartofmiracle.net/schedule/schedule05.html
本当にうれしいです。詳しくは、ハートオブミラクルのHPで見てくださいね。

大阪の上映会にはわたしも行きます。
柴田先生も来てくださって、お話し下さるそうです。
この「僕のうしろに道はできる」の映画。
本当にいい映画になっているなあとわたしは思うのです。
私も感動して何度も涙が出ました。
紙屋先生のところで、涙。柴田先生のところでも、涙が出て、
そして、まーくんのところでも、またすごく泣いて、いっぱい泣いて、そして笑って、
ああ、本当にいい映画だなあとしみじみ思う映画に、靖子ちゃんは作ってくださいました。

ぜひ、大阪にも1000人の方に来ていただきたいのです。だから、私も、いろいろな方
に一緒に観ましょうとお誘いしています。

そして、今は、スノウメダルを一生懸命作っています。
きっと勇者のメダルも間に合うと思います。

この映画で伝えたいことはみんな回復の可能性があるということがひとつですが、
もうひとつの柱は、みんな誰でも思いがある、
言葉を心に持っているということです。

國學院大學の柴田先生は映画にも出演されておられますが、
ずっと重い障がいの方に関わってこられて、
実はだれもがみんな言葉を持っていたんだと言うことに気がつかれ、
その方の思いを言葉にされることをずっとされています。


國學院大學で開かれていたきんこんの会から生まれた
鴻巣きんこんの会があります。

そこで子どもさんたちが伝えておらえる言葉を、
あゆみちゃんがフェイスブックで、「きんこんの会 記録帳」
というページで公開してくださっています。

そこには、語られたご本人の笑顔やお名前もあり、
私はそのことにも、本当にうれしい気持ちで
いっぱいになるのです。
少し抜き出させていただきました。
https://www.facebook.com/#!/pages/%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A8%98%E9%8C%B2%E5%B8%B3%CF%86-/544546678903054?fref=ts

(略)

柴田先生と奥様のななちゃんは、本当にいろいろなところにもお出かけくださって、
本当に誰もが思いがあるんだということを、私たちに見せてくださっています。こん
なに深い想いがあるんだということがわかったときに、私たちほとんどの人が、
みんな衝撃を受けます。
なぜなら、そういうことを知らないで、これまで接してきてしまったという思いが
あるからかもしれません。
このことも、大きな常識の壁をみんなで変えていきたいことのひとつだし、
また、誰もが思いが伝えられるようになってほしいというのも、大きな願いのひとつです。
何度も書きますが、常識の壁は本当に厚く、なかなか崩れる物ではないけれど、
でも、北風と太陽のお話の中に出てくるねずみが、壁を少しずつ壊していくように、
小さな力もたくさん集まれば大きな力になるから、私は、時を得たんだというような思いで、
今、みんなで力を合わせたいです。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
____________________________________________________



ありがとうございます。

Cherry Creek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by shugeibu45 | 2013-02-18 12:00 | 白雪姫プロジェクト | Comments(0)

体に痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ