人気ブログランキング |

タグ:痛み ( 6 ) タグの人気記事

痛みの記憶14 自然に癒される


冬のとても寒い日に雪が降った。

南天の木にも降り積もり、重そうに垂れ下がっていた。

思わず外に出て、ほうきで雪を振り払う。

寒いし疲れるからやめなさい!と母の声がしたけれど、

新鮮な空気と雪の感触が心地良くて、
しばらく銀世界を感じていた。



24時間やまない ぶっ倒れそうな頭痛や
身体中の細胞が悲鳴を上げているかのような
激しい痛みと吐き気でぐったりな状態なのに、

外の空気と雪と木々に触れているその時間だけは
すーっと身体から何かが抜けて、そして入って来て、
身体の芯が少しだけシャンとなって
苦しみが半分になったような気がした。



確実に私を癒し、力をくれている。

自然の力ってすごい!



e0303355_19584979.jpg




それから少しして、
ほんの近くの山の麓の市民農園が見渡せる歩道を
よたよたしながらゆっくりと散歩してみた。


普段は、誰と会ったなどの報告や会話を一切しない父なのだけれど、
私の姿を畑から見ていたらしく、
「ようこが歩いてたよ!」と母に報告したらしい。

さすがに驚いた出来事だったのだろう。





それから少しして、
近くの梅林の丘にぐったりと重い身体を引きずるようにして登った。

丘の上は360度山が見渡せる。
ここはお散歩でよく来ていたお気に入りの場所。

3回くらいゆっくりと丹田呼吸をする。

深呼吸がこんなに体力を使う事だと驚く。

そうするとやっとお腹がすいて、
一口のおみそ汁も食べた後ぐったりしないでいられた。


それから、
少し下ったところにある山桜の木に必ず会いに行く。
この頃会える唯一の友達のようだった。

両手で抱えて、目を閉じて桜の体温を感じる。

「寒くて厳しい冬が終わったら、必ず春には咲こうね。」と話しかけた。



e0303355_10093342.jpg





梅林の何百本の梅が咲きだすと甘い香りに包まれる。

裸足になって大地を感じ、寝ころんで空を眺めていた。



e0303355_14155240.jpg



e0303355_10092224.jpg





小川の中に手を浸すと、
つんつんと小魚がつついてきた。


個々の境い目がなくなって、
自然の一部に溶け込んで、
私が人間でないような気がした。



その頃から、そして今でも、
家の中にいてパソコンや暖房や
電化製品によって辛くなると外に行く。

葉っぱを触り、土を触り、
水を触り、雪を触る。

そうやってアース出来ることを
身体が知っていて、求めている。



そんな風にして
たくさんたくさん自然の中で癒されてきた。



e0303355_10104574.jpg




e0303355_10105570.jpg




e0303355_10264521.jpg



・・・・・・・・


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/
痛みの記憶7 https://shugeibu45.exblog.jp/27820773/
痛みの記憶8 https://shugeibu45.exblog.jp/27822961/
痛みの記憶9 
https://shugeibu45.exblog.jp/27845296/
痛みの記憶10 https://shugeibu45.exblog.jp/27847399/
痛みの記憶11 https://shugeibu45.exblog.jp/27909110/



by shugeibu45 | 2019-01-13 07:05 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶13 再び音を聴いた日


音が異常に響き、耳栓をする生活はとても孤独で、
とてつもなく長く感じた。


日差しが暖かな1月4日の事、
母が外の空気を吸いに行ってみない?と私を誘った。

それはものすごく勇気の要ることだった。

無理だと言ったけれど、
山の中にあるグランドへ母の運転する車で向かった。

たったの5分の距離の遠出。

敷物とクッションに腰を下ろして、
頬に当たる風を感じていた。

数ヶ月振りに暖かな太陽の日差しが私を包む。



母が耳栓を外してごらんと言った。

それはもう絶対に無理だと思っていた。

けれど、何となく大丈夫のような気もしてきた。


右側の頭痛の方がひどかったので、
恐る恐る反対側の耳栓をゆっくりと外してみた。


サラサラと笹の葉が風に揺れる音と小鳥のさえずる音

それはまるで初めて地球の音を聴いたような新鮮な感動で、
キラキラと光が降って来るかのようだった。

少しして、ハッと不安にかられてまた直ぐに耳栓をした。

1分にも満たないひと時の音のある世界は
暗黒な療養生活に微かな希望をくれた魔法のようだった。




e0303355_18591248.jpg



・・・・・・・


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/
痛みの記憶7 https://shugeibu45.exblog.jp/27820773/
痛みの記憶8 https://shugeibu45.exblog.jp/27822961/
痛みの記憶9 https://shugeibu45.exblog.jp/27845296/
痛みの記憶10 https://shugeibu45.exblog.jp/27847399/
痛みの記憶11 https://shugeibu45.exblog.jp/27909110/
痛みの記憶12 https://shugeibu45.exblog.jp/27911077/


by shugeibu45 | 2019-01-12 07:51 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶9 痛み地獄


五感の敏感さも異常さを増していった。

音も光もすべてが痛みとなった。


妹が、見て、これを買ったんだ!と
目の前に洋服を差し出した。

それが痛みとなって飛び込んで来た。

バットで殴られたかと思うくらいの衝撃を受けて泣き狂った。


目に入るものすべてがそんな具合になっていった。

部屋の本棚の本が目に入らないようにと白い模造紙で覆った

蛍光灯もまぶしくて、ローソクを灯して過ごした。



ある時、母が私のすぐ後ろで、
スーパーのビニール袋を畳むために
上下を持ってパーンと引っ張った。

その音に異常な痛みの衝撃を受けて、
痛い!やめて!!と叫んだ。



父がおはようと声をかけてくれた。
その声が衝撃となり頭痛が起こる。

家族に声をかけないように頼んで、耳栓をして自室で過ごした。

これは10個も使い潰した。
後に、溜めておいた箱10個を景品の耳栓と交換したので覚えている。


痛みを感じると、2,3日はとても苦しむことになった。
その時に出てくる恨みの感情に自分が恐ろしくなる。

家族には声をかけないでとお願いをして、
電気を消した暗い部屋で、
母とだけ最低限必要な一言を気を付けながら
ひそひそ声で交わすだけの生活。

身体中の激痛と強い吐き気で毎日ただ横たわっていた


空しくて苦しくて泣くのだけど、むせび泣くだけの体力がない。

ただ流れる涙をたれ流すだけ。
それをぬぐうために腕を持ち上げる体力もない。


線維筋痛症の痛みはよく
「血管の中をガラス片が流れるような痛み」と表現されて、
身体を触ることが出来ない人がいる。

私の場合は特に何か動作をしなくても、
身体がどんどん凝り固まって来てしまい、
30分置きにでもマッサージして欲しかった。

髪の毛と爪以外はまるで細胞の全部が
意思を持っていて、
ギャーーと叫び声を上げているような
これ以上ないと思えるほどの壮絶な痛みを感じていた。

もしかしたら、原爆にあった人たちは
こんな感じだったのではないかと思っていた。


母は横たわる私に、
「どうしてあげたらいいんだろう…。
髪の毛だけは良く産んであげたね…」と私のサラサラの髪の毛を撫でて小声で呟いた。


1分、10秒、、、時が過ぎるのが恐ろしく長く感じた。

10年、20年と時が一瞬に過ぎてくれたらいいのに、、と
時間と未来を恨めしく思っていた。


拷問のような、幽閉されているような生活に
どうしてこんな事になっているのだろうと悶々とする。

自分が悪かったのかとも思えてくる。

ほんの些細な意地悪や嘘や、
これまでの自分の行いを思い出して、
ぐったりと気持ち悪いお腹を抱えて、
床に頭を付けて、
ごめんなさい、ごめんなさいと懺悔した。

また、
子供のころに遊んでいた小さな人形を抱えて
それが自分の未来の子供のような存在に思えて、
「今はこんなに苦しいけれど、
お母さんはあなたたちにいつか会うためにがんばるよ…」
などと話しかけたりしていた。


細くて繊細な今にも切れそうな心と命を
ぎりぎりのところで皮一枚で何とか繋いでいたという感じ。



あのころの夢は、
母と5分間話ができたらいな。
ラジオを30分聴けたらどんなに世界が広がるのだろう…
というものだった。

そんな日が来るなんてとても信じられなくて、
果てしない遠い未来のことのように思えていた。




e0303355_19023887.jpg




by shugeibu45 | 2019-01-08 09:21 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶8 食べられない地獄


食べると背中がショック状態となり激痛が走る。

食べることがこんなに怖いのにお腹がすいている。
本当はものすごく食べたい。



ある朝、冷蔵庫の前にごみが散らかっていた。

誰かが何かをこぼしたのかなと家族がそれぞれ思っていた。

よく見るとそれは、冷凍庫に保存しているはずの
私しか食べない玄米粉の蒸しパンだった。

それが食い散らかしてある。

おそらくようこが夜中に食べていたのだろうという事になった。
それしか考えられないと。
しかも冷凍のまま。

夢遊病なのか?
よっぽど身体が飢えていたんだね…。

食べたのなら、
なぜ背中が張っていないのかが不思議だったけれど、、。



だけど、普段の食事は、玄米一口に、お味噌汁一口とカボチャを一口、
その程度を恐る恐る食べるという具合。

時々油断して一口でも多く食べると、そのショック状態たるや、、、

背中に走る痛みに苦しみ、
数日間は水さえも痛いということになってしまう。


食べることの楽しみが奪われてしまった。

全身の激しい痛みに加えて、
絶えず強い吐き気があり一日中ぐったりとしていた。



42キロあった体重が、みるみる落ちていき、
とうとう27キロの骨と皮になってしまった。

今は親指と人差し指で輪っかを作るとそれは手首の太さだけれど、
あの頃は二の腕がこの細さになっていた。

腕や足の骨からは、お肉じゃなくて、皮がプラプラとぶら下がっている状態。



2階の自室にはもう上がる体力がなくて、
1階の客間に布団を敷いて寝ていた。

ある時、大きく揺れて、
あ、地震だ!と思った。

けれど蛍光灯は揺れていないし、母に聞いても揺れを感じていない様子。

地震だと思ったその揺れは、自分の内臓が震えていたのだ。

翌日、鍼治療の先生に話すと、
私の身体が生命の危機を感じて、
熱を発するために内臓が自ら震えたのだと言う。


栄養が行き届かずに、手指の先は
皮膚が薄くなり破けて血がにじんでいた。

身体の先端の手足の先の枝葉は後回しで、
とりあえず生命に関わる中心部を守るために
そんなことが起きていた。



また、
痛みで2時間ごとに目が覚めてしまう、真夏の夜中の事。

いつものように眠れずに横たわっていた。

自分の手のひらをお腹にかざしてみると、
手のひらからビリビリと電気のような物凄い氣が感じられる。

手のひらをどこに動かしてもビリビリの氣が付いてくる。

あの日々以降、同じ事をしてもあれ程の氣を感じた事はない。

あのような生命の危機の中では力を発揮するのか。

自分を癒す力は自分にちゃんと備わっているか。



こんなにも消えてなくなってしまいたい程の苦しみの中、
それに反して私の身体は生きようとしている。

身体は確かに私のものなのに、
まるで別の意思を持っている生き物かのように、
良くなろう、治ろうとするのだろうか、、

それが宇宙の法則なのか、、

頭で考えても分からないレベルで
私たちは生かされているようだ。

生命(いのち)とは何という力を持っているのかと本当に驚いた。





e0303355_14412304.jpeg

・・・・・・


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/
痛みの記憶7 https://shugeibu45.exblog.jp/27820773/






by shugeibu45 | 2019-01-07 09:11 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶7 療養生活の始まり


「痛みの記憶6」
を書いてから約2年が経っている!

それほど、痛みの記憶については書くことが辛い。
PCに向かっていて頭が痛くなるのに、
さらに内容はその辛い記憶を思い出す作業なので、
胃腸もおかしくなるから。

農家に嫁いだお友達が、
親戚一同集まるお正月のお嫁さん仕事が大変で、、、。
彼女は手が痛い病がある。

「でも、終わりがあるから有難いよ」と言っていた。

そうです。痛みに苦しむ者にとっての恐怖は、
終わりが見えないというところにもあると思う。

時に、終わりがあることって本当に有難い。

この激痛地獄が一生、永遠に終わらないのではないか、、という不安。

けれど、そうじゃなかったよ、
一番のピークはね、いつまでもじゃないと
自分に確認のために書き始めたことだった。

これは別にしなくても良いこと。

時々とても不安になる自分に、
20年数年前のあの日々からみたら
今はどれだけ楽になっているのかと自分に教えてあげるために、
下書きには時々書いていたのです。


・・・・・・ 

【 痛みの記憶7 】

大学3年生の6月に休学せざるを得なくなって療養生活が始まった。

その少し前から、近くの鍼灸治療院に通い始めていた。

痛みの原因を知りたいし、何とか治したくて
いくつかの大きな病院も受診した。


中学、高校の部活で器械体操をしていた。

宙返りの練習などで落下して、頭や背中を何度も強打しているので、
スポーツ整形外科も受診してみた。

けれど、
どこで検査しても分からずに、
来てもらってもすることもないので困る、、と言われてしまう。

それでも、背中はパンパンに腫れていて、
MRIの輪切りを見ても右側は異常な厚みがある。
痛みが苦しいので何とかして欲しいと訴えてみる。

医師は困った顔をして、
鍼で良くなった人もいますよ…と言った。


そう言うわけで、
近所の方が通っていた、直ぐ近くの鍼灸院に通う事にした。

徒歩2、3分の距離を歩く事が出来なかった。


鍼灸院の先生は玄米菜食で、自然療法を基本にされていた。

体質を変えることを目的に、
先ずは玄米菜食にするように指導された。

仙人のような風貌の先生は
波動やエネルギーの事を熱心にされていて、
大きな声で話し出すと止まらなかった。

常識とされている世の中のおかしいことなど、
治療時間の一時間はめいいっぱい講義を
受けているようなものだった。


初めのころは瞑眩と呼ばれる好天反応が強く出て、
治療後は立てないほど消耗した。

あまりにもひどい状態になっていたために
週に2回ずつ通うことになった。


お腹に鍼を打とうとするとあまりにも筋肉が硬くて入らない。

20代前半の娘のふっくらとした感触がまるでなく、
腰や、背中、肩、首、顔の頬さえもガチガチになってしまっていた。

鍼が曲がってしまい、土方のおじさんよりも硬い状態で
まるでぎゅうぎゅうと木の板に鍼を刺すみたいだと先生は言った。



今さえ我慢したら…と身体の声を無視して
痛い状態で鞭打ってあまりにも身体を酷使し続けてしまった。
その成れの果ての姿は、木片のごとき身体…。



玄米菜食に切り替えたのだけれど、
胃腸がだるく、重くなって、
吐き気がしてだんだん食べられなくなっていった。

身体も良くなるどころか
なぜかどんどん痛みやだるさが増していった。



ある時、ストレスからか
無性に硬いフランスパンをかじりたくなった。

食べてみると、背中にバーンと衝撃が走り、
肩や首や頭まで一直線に強い痛みが走った。

その日以来、ほとんど物が食べられなくなってしまった。

水を飲んでも背中や頭まで痛くなり、ショック状態になってしまう。
葛湯やカボチャをようやく一口食べるような食生活になってしまった。

更に、身体中が敏感になり、
音も響く、光も異常にまぶしい、それが全部痛みとなる。
だるさと吐き気で起きていられない。


なぜだか、どんどんどんどん…弱っていく…。



e0303355_18581388.jpg



・・・・・・

痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/









by shugeibu45 | 2019-01-06 10:49 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶6 大学を休学する


大学生活は、あちこちが痛いと言いながらも、
まだ何とか何とか無理してやっていた。

3年生になる頃には、
ツナギを着て溶接や鍛金をしていたのだけれど、
どうにもこうにもやれなくなっていた。

先生達も親切で、
自分のペースで出来る範囲ですればよいと言ってくださった。

けれど、腰や背中や首や全身が痛くて
そこにいることすら辛く、
通う事すらできないところまできていた。




休学とか退学を考え始めていた。

同級生や先輩や先生からは、
今まで頑張ってきたのにやめるなんてもったいない
という意見がほとんどだった。

自分でも、今までお金も沢山かかってしまって、
親にも申し訳ないと思っていた。


そんな中でたった一人
「やめていい」と言う人がいた。

その子とはクラスメイトだけど
ちゃんと会話をしたのは
あの時、帰りのスクールバスの中で、
それが最初で最後だったと思う。

私が身体の事で学校に通えなくなってきて、
やめるかどうか迷っていることを話すと、

「えー!?そんなになっているのに、無理することないじゃん!
やめなよ!やめていいよ!」とキッパリと言った。

実は私はその子の事が苦手だった。

言いたいことを言って、好きなことをして、
キラキラして、イケイケで楽しそうにして、
ちゃんと自分を生きている人。

羨ましくて、眩しかった。

エネルギーが強くて、
気後れするから苦手意識があった。



その子が、やめなよ!と言った瞬間、ストンと納得した。

安心して泣きたい気持ちで、
そうだよ!ありがとう!と思った。


自分の中ではもう決まっていたのだ。
ノートにも結論は書いていた。

もう頑張らなくてもいい。やめてもいいのだよと
誰かに言って欲しかったのだと思った。

それが自分でさっさと出来ていたら
そんなに辛くなるまでがんばろうとしなくてもよかったのにね。




休学の手続きをして、
次にロッカーの荷物を取りに学校に行った時には
7月の夏の日差しがギラギラと眩しくて、
痛みと暑さでめまいがした。

もう10歩も歩けないような状態だった。

身体と心は、
まるでネジ巻式のオルゴールが最後の最後に、
力をどう振り絞っても音を鳴らせずに、
出し尽くしました…って言っているみたいに
空っぽになってしまった。

ああ、終わっちゃった…とつぶやいて、

前にも後ろにも進めずに、
校内の坂道で呆然と立ち尽くしていた。




e0303355_15462462.jpg


・・・・・・・

痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/



by shugeibu45 | 2017-02-17 16:05 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧