タグ:自然 ( 57 ) タグの人気記事

農業が温暖化の原因!?


講談社の 「現代ビジネス」に
木村秋則さんと高野誠鮮さんの記事が掲載されていました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668?fbclid=IwAR0v8j_NFH5fHSzLNwsYsxFGJZZXIekDnzCTK-z3oexiqRBV5LaqGBOTepA



化学肥料を使うことの問題は、
野菜の栄養価や土の状態の事なのかと思っていましたが、
まさか、温暖化の原因になっていたなんて…。

しかも、生きていくための食糧の生産という
最も大きな問題。

知らない事は怖いですね…。



以下、4ページ目の高野さん文章の一部抜粋です。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668?page=4

・・・・・

ちょうどその年(2009年)のアメリカの権威ある科学雑誌『サイエンス』に、化学肥料が地球温暖化の原因だと書かれてありました。

いや、そんな生やさしい表現ではない。

「evil」、【邪悪の根源】と書かれてあったんです。

地球温暖化は大気中に大量に排出された二酸化炭素やメタンガス、フロンガスなどにより太陽からの熱の吸収が増えた結果、気温が上昇することです。

その最大の原因が化学肥料に含まれる亜酸化窒素ガスだと。

化学肥料を畑に10㎏まいたとしても農作物が吸収するのはわずか1~1.5㎏。

あとは雑草や土が2~3㎏吸収し、残りの5.5~7㎏は、気化して亜酸化窒素になり大気中に拡散します。

これが温暖化のいちばんの原因らしいのです。

つまり温暖化のおもな原因を作ったのが農業であるということです。

木村さんがおっしゃるように日本は世界でも農薬を多量に使っている国のひとつです。

そして化学肥料も単位面積あたりの使用量は傑出して多い。

日本は農薬大国、化学肥料大国なんです。

化学肥料を使えば使うほど温暖化は進んでいく。

その先頭に立って地球を汚している国の一つが日本なんです。

これは日本人としてとても恥ずかしいことです。

少しでもそれを止めるには化学肥料や農薬をいっさい使わない自然栽培を広めるしかない。

これが新しい使命だと確信したんですね。

そこで木村さんにお目にかかってすぐに、

「自然栽培の実践塾を開いてください。先生と同じことができる農家を100人も200人も増やしたいんです」

と口説きました。


・・・・・



知らないことだらけで色々と勉強になります。

この本を図書館にリクエストしました。


e0303355_08022963.jpeg


化学肥料や農薬を使わないと生産が追い付かない、野菜が足りなくなるのでしょうね。


やっぱり、徴兵ならぬ徴農制度にして、
子供のころからそれぞれ自分の食べる野菜を

作れるようにするのがいいんじゃなの。

幼稚園や小学校からぜひ当たり前に作れるように教えて欲しいです。
自然に触れて健康になれるし。





この前、畑のおじさんに少し伝えたのですが、
また自分が敏感だからって色々気にしているだけじゃないの?
と言われてしまいました…(+_+)


化学物質や匂いに対して敏感な事って、大抵は、
いちいち気にしているだけの面倒くさいヤツとしか思われません。

だけどね、
炭鉱のカナリアに対しては、敏感で面倒くさいねって思わないでしょ。

それと同じだと私は思うのです。

キャッチするセンサーが人よりも少し敏感で、精密というのか、微量でも反応するのです。

気にならないこと、反応しない事が安心安全という事になるのかな?って思ったりしますよ。






毎日落ち葉を集めてたい肥作りをしています。

健康な土で美味しい野菜を作りたいと思います。


e0303355_13523676.jpg




 CherryCreek・手芸部ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・




by shugeibu45 | 2019-01-23 07:31 | 過敏症・化学物質過敏症 | Comments(0)

痛みの記憶16 私の中のみんな


こんなに痛くて、苦しくて苦しくて
正直死にたいと何度も思った。

っていうか、毎日何度も思っていた。

多分、身体をなくしてしまう事は
案外簡単に出来るのかもしれない。

だけどそれをしなかった。

物理的には近くに高い建物がなかったし、
もしあっても、そこまで行く体力がなかった。

けれど、やっぱりあってもしなかったと思う。


それは、
身体だけなくしても
私をなくせない事をなぜだか知っているから。


たとえ死のうとしても、
足が無くなろうと、半身不随になろうと
私は簡単には死なせてもらえないことを
いつも感じている。

それに、
肉体的にも更に痛みが増えるだけ。

それはもう絶対に無理!!!!





幼い頃にいつも思っていた。

「わたし」っていうこの感覚はなあに?

死んだら、この「わたし」っていう感覚はどうなるの?




身体にしてもこんなことを思っていた。

一滴の水
それは誰かや何かだったと。

その水はみんなを通って
みんなの気持ちが詰まりすぎている。


雨が降って、木々に降り注ぐ。

雨は草花に当たり、虫に当たり、
小鳥に当たり、熊に当たり、人に当たり
みんなを通り過ぎていく。

水たまりになり、
人や動物たちに飲まれてそのからだに入り、
おしっこになる。

それが土に染み込み、川に流れて、
蒸発して、雲になり、雨が降る。

葉っぱや虫や動物や人のからだが死んで、
溶けて、流れて、蒸発して、
雲になり、雨が降る。

また川に流れ、
魚の口に入り、そのからだを通る。

やがて
蒸発して空へ行く。

再び雲になり、雨になり、雪になり、
また地球に降り注ぐ。



この一滴の水には
あまりにも多くのみんながある。

それを私が飲む。

そのみんなのからだを通った水は私になる。

誰かや何かを通過していない水は
一滴もないのかもしれない。
空気も然り。



e0303355_10500873.jpg





e0303355_14160322.jpg





e0303355_10553478.jpg




e0303355_10560440.jpg





e0303355_09473929.jpg




e0303355_14161299.jpg




そして、
そこにはきっと
それぞれの「わたし」という思いがある。

その思いは死なないのだと。


だから、苦しいままでは死んではダメなのだ。
また次も苦しい。
もっと苦しみが増える。どんどん積み重なっていくという思いがあるから。

これ以上の苦しみはもう無理、、、。

それが私が自分で死ななかった理由。




昨年、ある心理療法を受けた。

そこで、初めてキメラという言葉を聞いた。

キメラという存在の捉え方は、
私が幼い頃から思っていた
私の中にいるみんなという感覚もそうなのかもしれない。

その療法で取り扱うキメラとはちょっと違うのかもしれないけれど、

正しいとか間違っているとかはどうでも良くて、
私が納得したのでそれでいいと思っている。



こんな風に思いを書きはじめたり、
私を突き動かす思いは、
時には自分だけのものじゃなくて、
たくさんのみんなの思いでもあるのかな。

そして、
全部がひとつということなのかな。



次はもう肉体を持ちたくないって思ってしまう。
だけど、そう思っているうちは無理かな。

辛かった思いを、ありがとうって光に変えられたら
次はもう苦しまない生き方が出来るかな。

だけど、
それが出来るのはこうして肉体があるからなんだってね。

宇宙の暗闇にたった独りきりだったら、なんの変化も起こらないもんね…。


だったら既にありがとうだね。本当は。



e0303355_14270342.jpg


・・・・・・・・






by shugeibu45 | 2019-01-15 11:11 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

痛みの記憶14 自然に癒される


冬のとても寒い日に雪が降った。

南天の木にも降り積もり、重そうに垂れ下がっていた。

思わず外に出て、ほうきで雪を振り払う。

寒いし疲れるからやめなさい!と母の声がしたけれど、

新鮮な空気と雪の感触が心地良くて、
しばらく銀世界を感じていた。



24時間やまない ぶっ倒れそうな頭痛や
身体中の細胞が悲鳴を上げているかのような
激しい痛みと吐き気でぐったりな状態なのに、

外の空気と雪と木々に触れているその時間だけは
すーっと身体から何かが抜けて、そして入って来て、
身体の芯が少しだけシャンとなって
苦しみが半分になったような気がした。



確実に私を癒し、力をくれている。

自然の力ってすごい!



e0303355_19584979.jpg




それから少しして、
ほんの近くの山の麓の市民農園が見渡せる歩道を
よたよたしながらゆっくりと散歩してみた。


普段は、誰と会ったなどの報告や会話を一切しない父なのだけれど、
私の姿を畑から見ていたらしく、
「ようこが歩いてたよ!」と母に報告したらしい。

さすがに驚いた出来事だったのだろう。





それから少しして、
近くの梅林の丘にぐったりと重い身体を引きずるようにして登った。

丘の上は360度山が見渡せる。
ここはお散歩でよく来ていたお気に入りの場所。

3回くらいゆっくりと丹田呼吸をする。

深呼吸がこんなに体力を使う事だと驚く。

そうするとやっとお腹がすいて、
一口のおみそ汁も食べた後ぐったりしないでいられた。


それから、
少し下ったところにある山桜の木に必ず会いに行く。
この頃会える唯一の友達のようだった。

両手で抱えて、目を閉じて桜の体温を感じる。

「寒くて厳しい冬が終わったら、必ず春には咲こうね。」と話しかけた。



e0303355_10093342.jpg





梅林の何百本の梅が咲きだすと甘い香りに包まれる。

裸足になって大地を感じ、寝ころんで空を眺めていた。



e0303355_14155240.jpg



e0303355_10092224.jpg





小川の中に手を浸すと、
つんつんと小魚がつついてきた。


個々の境い目がなくなって、
自然の一部に溶け込んで、
私が人間でないような気がした。



その頃から、そして今でも、
家の中にいてパソコンや暖房や
電化製品によって辛くなると外に行く。

葉っぱを触り、土を触り、
水を触り、雪を触る。

そうやってアース出来ることを
身体が知っていて、求めている。



そんな風にして
たくさんたくさん自然の中で癒されてきた。



e0303355_10104574.jpg




e0303355_10105570.jpg




e0303355_10264521.jpg



・・・・・・・・


痛みの記憶1 http://shugeibu45.exblog.jp/24618247/
痛みの記憶2 http://shugeibu45.exblog.jp/24684088/
痛みの記憶3 http://shugeibu45.exblog.jp/24689642/
痛みの記憶4 http://shugeibu45.exblog.jp/24695950/
痛みの記憶5 http://shugeibu45.exblog.jp/24745183/
痛みの記憶5-2 http://shugeibu45.exblog.jp/24981964/
痛みの記憶5-3 http://shugeibu45.exblog.jp/25230350/
痛みの記憶6 http://shugeibu45.exblog.jp/25379284/
痛みの記憶7 https://shugeibu45.exblog.jp/27820773/
痛みの記憶8 https://shugeibu45.exblog.jp/27822961/
痛みの記憶9 
https://shugeibu45.exblog.jp/27845296/
痛みの記憶10 https://shugeibu45.exblog.jp/27847399/
痛みの記憶11 https://shugeibu45.exblog.jp/27909110/



by shugeibu45 | 2019-01-13 07:05 | 線維筋痛症体験記【痛みの記憶】 | Comments(0)

後光ごっこ✴︎


夕日が沈む時間を毎日楽しみにしている♫


太陽を掴んでみたよ!


パワーーー!!!

e0303355_07394912.jpeg





ほら、そこに立ってごらん、
おじちゃんにも後光が射してるよ☆
e0303355_07412912.jpeg




「太陽触れるぞ!熱いっ!」だって(≧▽≦)

e0303355_07420653.jpeg






太陽が日毎に富士山に近づいているよ♫

e0303355_16173453.jpeg



e0303355_07114339.jpeg


素晴らしい後光だ!


目が痛いね!って言いながら
毎日遊んでいる (๑˃̵ᴗ˂̵)☆


 CherryCreek・手芸部ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・


by shugeibu45 | 2019-01-11 08:00 | | Comments(0)

お正月飾りもおしまい


お正月飾りに付けたピラカンサスの赤い実を
可愛いジョウビタキが食べに来るよ♫


e0303355_09233279.jpg



e0303355_07330012.jpeg



私のスマホのカメラはズームが弱いから
見えるかな?
右の竹の上に留まっているの♫


e0303355_07344368.jpeg



半分無い♫
e0303355_07340413.jpeg




こっちの方が食べやすいね♪
e0303355_07353238.jpeg



ジョウビタキは賢くて人に寄って来る。

昨年の冬に笹やヤブカラシの根を取るために
深く掘り起こしていると虫が出てくるので、
それをちゃんと待っている。

そして餌を提供してくれる人と認識したのか
アパートまで付いてくる(*^-^*)





お正月の七日が過ぎ、
輪飾りも外して、豊作を願いお焚き上げ。



そこからの〜焼き芋大会♫

サツマイモは猪さんにやられて畑には無いので、
掘り立ての赤芽芋だよ~\(^^)/


e0303355_07315040.jpeg



 CherryCreek・手芸部ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・


by shugeibu45 | 2019-01-09 09:21 | | Comments(0)

畑に階段を作りました

私の借りている畑は坂が急なので、
雨で土が下へ下へと流れてしまいます。

e0303355_17323466.jpg

台風で倒れてしまった栗の木を頂いて
階段を作りました。
2段だけだけど。


おじさん達に頼んでいたけれど、
気候が良くなると
みなさんやる事が沢山で忙しそうなので、
自分で作りました!

せっかちです(^^;)

でも楽しい♫


e0303355_17320574.jpg




リースも作って小屋に飾りました(o^^o)
こういう事も楽しい♫

e0303355_17325585.jpg

小屋は、亡くなったオーナーさんと職人さんが、
畑の樹木を使って建てたもので、
釘を使っていないのです!


e0303355_17331547.jpg


たくさんの樹々の下から腐葉土を集めて
自分の畑にひたすら運んでいます。

栗のイガにお尻と指をいいように刺されて、イラッとするけど、、
これまたすごく楽しい♫

来年は栗が落ちる前やろう。




 CherryCreek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by shugeibu45 | 2018-10-07 17:43 | | Comments(0)

パソコンの調子が悪くて…


パソコンの調子が悪くて、
時間が経ってしまいました。


初期化することを奨められて、

出来ない~、どうしようと思いながら、

自分で始めてみたものの、

怖くなり…(~_~;)

近所の智恵さんに来てもらって、
出来るところまで一緒にしてもらいました…m(__)m

いざとなったら、
PCが得意な諄ちゃんにも来ていただけるし、
畑のお兄さんも、どうしても手に負えなかったら
得意な知り合いがいるから、と言って下って、
安心をいくつも貰いながら、


サポートセンターに電話で聞きながら
何とか自力でやってみました。



目を使うと首や肩が痛くなるので
少しずつしかできません。

全部がゆっくりです。



途中、痛くなり、

イヤ~~!!と言いながら畑に行き、

草の上に寝っ転がったり、
林の中を歩き回ったり、
ブルーベリーを夢中で摘みました(^^;

アーシング、
マインドフルネス。

本当に機械や電気が合っていないのだと思います。

そして自然の中が大好き。
 


e0303355_14204069.jpg



 CherryCleek・手芸部☆ようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by shugeibu45 | 2018-08-05 10:21 | 日々の出来事 | Comments(0)

ダリアが満開


山の畑のお気に入りの場所

有志の方々が手入れや植え付けをしてくださって、
ダリアが満開に咲いています。

e0303355_14102723.jpg





e0303355_14111657.jpg




e0303355_14105127.jpg




e0303355_14113240.jpg





e0303355_14110590.jpg





川にはホタルがたくさんです。
40年住んでいて、一番多いね!とみなさん言っています。

数年前に下水道の工事を一斉にしたので、
川がきれいになったのでしょうか。


e0303355_14100517.jpg



フクロウがほこらで子育てをしていた樹は
切られていました。
朽ちてしまって台風で倒れると危ないからかな。



e0303355_14114076.jpg


 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by shugeibu45 | 2018-06-29 14:21 | | Comments(0)

「響きわたるシベリア杉」シリーズ


アナスタシアを読んで
1年以上は経ってしまったと思うけれど、

何となくまた読みたくなって
シリーズの続きを図書館で借りて読んでいます。

e0303355_13410780.jpg



先日の「いのちのまつり」の講演会の
ジャーナリストの桃井和馬さんのお話も
同じようなメッセージを感じました。

色んな事がリンクして心にずしりと響きました。







e0303355_13554033.jpg


物も、音も、香りも、情報も、、、

あまりにも多くの物がありすぎて、
溺れそう。

もう無理だよ、
もうこれ以上は受け入れられないよ、
浄化が追い付かないよ。

土にも海にも空気にも
もう過剰に垂れ流さないで。

痛みや過敏は私だけの声?



そっか、、、

例えば私が、
薬や農薬、添加物、
タバコの煙、汚染された空気や水を取り込んで
辛いと感じていることは、
地球も感じていることですね。

これを入れ子構造というのでしょうか。




 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by shugeibu45 | 2018-06-28 12:40 | | Comments(0)

春の畑2



e0303355_12573247.jpg

あら、妖精?
いえ、おじさん(≧∇≦*)




畑が一区画空いたので、
アパートを紹介してくれたあっちゃんおじさんも借りることになりました。


まあちゃんおじちゃんが耕運機の使い方を教えてくれました。
e0303355_13022816.jpg








まあちゃんおじちゃんが蒔いた
かき菜、白菜、小松菜、色んな菜の花が満開です。

毎日抱えきれない程の花束をもらいます🌼


主食のように食べます^^
生でも食べます。

花粉は、ビーポーレンという
高栄養の高価な健康食品として売っているので、
生で食しても良いでしょうと思って。

ほのかに蜂蜜の味がしてとても美味しいです。




e0303355_12564920.jpg
毎日たくさんの食べる花束をもらって喜ぶわたし
白菜の菜の花とルッコラの花
スイセン以外は何でも食べられる♪







e0303355_12571399.jpg
ルッコラの花





e0303355_12565801.jpg
ブロッコリーの花と庭のラナンキュラス




 Cherry Creek・手芸部☆ようこ
 ・・・・・・・・・・・・・・・


by shugeibu45 | 2018-04-02 13:22 | アパートひとり暮らし | Comments(0)

痛みの症状(線維筋痛症・化学物質過敏症)があるけれど、ささやかな手芸活動Cherry Creek(手芸部☆ようこ)と大切な友達との繋がり、自然に触れる事で癒されている日常を書いています。(since2012.12)


by 手芸部ようこ
プロフィールを見る
画像一覧